インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  扇の国、日本

扇の国、日本

■ニッポン美術の代表選手
団扇は古代の中国やエジプトでも使われましたが、扇が日本生まれという事は、あまり知られていないかもしれません。誰でも携帯できるサイズの扇は、身近な美術品でもありました。扇をめぐる美の世界を紹介する展覧会が、サントリー美術館で開催中です。
モネが《ラ・ジャポネーズ》で描いたように、日本美術の象徴的な存在といえる扇。ただ、美術館で扇そのものをテーマにした展覧会が開かれるのは珍しく、サントリー美術館では開館翌年の1962年に「扇面と団扇」展が開催されて以来、56年ぶりとなります。

会場冒頭には、美しい3点の扇。明治11年(1878)のパリ万博に出品された、百本一組の扇面画コレクションの一部です。日本美術の水準を扇で示そうとした明治政府。選ばれた扇面画は、時代・絵師ともに、非常に幅が広い事も注目されます。

扇を大きく分類すると、薄い板を綴じ重ねた「檜扇」と、竹骨に紙や絹を張った「紙扇」になります。扇は儀礼で使われたほか、仏像の納入品にもなりました。願主が臨終した際に熱地獄を免れるため、と考えられています。

扇と相性が良いのが、水流です。美しい扇を川に流して興じる「扇流し」のほか、扇の背後に流水や波を描く「扇流し図」も数多く見られます。

鎌倉時代の仏教説話集《長谷寺験記》には「出家した夫の行方を探していた妻が、川に流れてきた扇から、その場所を知る」という、ロマンチックなエピソード。ここでの扇は、運命の小道具です。

扇は10世紀末から大陸に広まり、日明貿易では主要な輸出品になりました。国内でも贈答品として用いられたため、大量に生産される事に。室町時代の14世紀半ばには、店頭でも売られるようになりました。

会場では、扇を注文した際のレシートにあたる資料も展示されています。展覧会の趣旨は「扇面画」ではなく「扇」。文化史の中での扇の位置づけを考察します。



もちろん、扇には美術品としての意味合いもあります。長大な物語を扇面で表現する際は、名場面をダイジェスト的に描く事に。画面が小さいため、モチーフは厳選され、整理されたイメージが人々の間に広まっていきました。

江戸時代になると扇の需要はさらに広まり、「扇売り(地紙売り)」と呼ばれる行商人も登場します。幕府御用達の狩野派から新興の流派まで、あらゆる絵師が扇絵を手掛け、新しいモチーフや構図が次々に登場。扇の世界は、飛躍的に拡大していきました。

展覧会名「扇の国、日本」は、二ホンではなくニッポンと読ませます。あえてニッポンと読ませる理由は、会場最後で分かります。答えはサントリー美術館でご確認ください。

本展の担当は、サントリー美術館主任学芸員の上野友愛さん。オヤジギャグっぽさが溢れるキャッチコピー「せんすがいいね」は、うら若き上野さんによる命名との事。ちょっと意外でした。

東京展の後に、山口県立美術館に巡回します(2019年3月20日~5月6日)。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2018年11月27日 ]

※会期中に展示替えがあります

Discover Japan_CULTURE TOKYO美術館2018-2019Discover Japan_CULTURE TOKYO美術館2018-2019

ディスカバージャパン編集部 (編集)

エイ出版社
¥ 1,296

料金一般当日:1,300円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon

 
会場サントリー美術館
開催期間2018年11月28日(水)~2019年1月20日(日)
所在地 東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガレリア3F
TEL : 03-3479-8600
HP : http://suntory.jp/SMA/
展覧会詳細へ 扇の国、日本 詳細情報
取材レポート
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
ムンク展
国立西洋美術館「ルーベンス展 ─ バロックの誕生」
ルーベンス展
国立新美術館「オルセー美術館特別企画 ピエール・ボナール展」
ピエール・ボナール
サントリー美術館「扇の国、日本」
扇の国、日本
東京国立近代美術館「アジアにめざめたら:アートが変わる、世界が変わる 1960-1990年代」
アジアにめざめたら
千葉市美術館「生誕135年 石井林響展 ― 千葉に出づる風雲児 ―」
石井林響展
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
三菱一号館美術館「フィリップス・コレクション展」
フィリップス展
Bunkamura ザ・ミュージアム「吉村芳生 超絶技巧を超えて」
吉村芳生
Bunkamura ザ・ミュージアム「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」
ロマンティック
21_21 DESIGN SIGHT「民藝 MINGEI -Another Kind of Art展」
「民藝」展
Gallery AaMo「バッドアート美術館展」
バッドアート美術館
森美術館「カタストロフと美術のちから展」
カタストロフと美術
前橋文学館「企画展「この二人はあやしい」」
この二人はあやしい
国立国際美術館「ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代」
ニュー・ウェイブ
国立西洋美術館「ルーベンス展 ― バロックの誕生」
[エリアレポート]
ルーベンス展
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
大阪市立美術館「ルーヴル美術館展 肖像芸術 ――人は人をどう表現してきたか」
[エリアレポート]
ルーヴル美術館展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
[エリアレポート]
ムンク展
あべのハルカス美術館「生誕120年 イスラエル博物館所蔵 ミラクル エッシャー展」
[エリアレポート]
エッシャー展
東京ステーションギャラリー「吉村芳生 超絶技巧を超えて」
[エリアレポート]
「吉村芳生」展
東京都写真美術館「建築 × 写真 ここのみに在る光」
[エリアレポート]
建築 × 写真
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
[エリアレポート]
千の技術博
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ルーベンス展 ー バロックの誕生 没後50年 藤田嗣治展 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア フェルメール展
ムンク展―共鳴する魂の叫び 新・北斎展 HOKUSAI UPDATED ゴッホ展 「不思議な国のアリス展」神戸展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
いよいよスタートです
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」 でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2018 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社