インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  ラファエル前派の軌跡 展

ラファエル前派の軌跡 展

■今も響く、ラスキンのメッセージ
【会期終了】 美術学校の同級生だったロセッティ、ミレイ、ハントが中心になり、1948年に結成されたラファエル前派同盟。若い彼らを理論的に支えたのが、同時代の批評家ジョン・ラスキンでした。ラファエル前派を中心に、ヴィクトリア朝の英国美術を俯瞰する展覧会が、三菱一号館美術館で開催中です。
ジョン・ラスキン生誕200年を記念した本展。ラファエル前派だけでなく、周辺も含めて紹介していきます。

第1章は「ターナーとラスキン」。英国絵画史に燦然と輝く風景画家の、J.M.W.ターナー。ただ、1840年前後からの荒々しい表現は、強く非難されていました。

若き批評家ラスキンは、ターナーの先駆的な表現をいち早く評価しました。1843年に「現代画家論」(Modern Painters)第一巻を発表、一躍その名を世に知らしめました。

ラスキンは自身も絵画のレッスンを受けています。第1章には、ラスキンによる水彩や素描も並びます。

第2章は「ラファエル前派同盟」。ロイヤル・アカデミーの保守性を批判して結成された、ラファエル前派同盟。感傷的な描き方を否定し、中世美術のように分かりやすく、誠実な表現を目指しました。

若い彼らの行動を理解する人は多くありませんでしたが、ラスキンは力強く擁護。ミレイやロセッティらとの交流を深めていきます。

展覧会の中心といえるのが、この章です。メインビジュアルのロセッティ《ウェヌス・ウェルティコルディア(魔性のヴィーナス)》も含めて、大きな展示室は撮影可能です。



第3章は「ラファエル前派周縁」。綿密な自然観察、主題の誠実な描写など、ラファエル前派の思想は、1850年代初頭には広く受け入れられるようになりました。

年長のウィリアム・ダイスらも、同種の画家と見なされるようになりました。確かに、細やかな自然描写などはラファエル前派に通じます。

他方で、フレデリック・レイトンやジョージ・フレデリック・ワッツらは、古代ギリシア・ローマ美術を再評価した絵画を制作。その枠組みは広がっていきました。

第4章は「バーン=ジョーンズ」。やや年少のエドワード・バーン=ジョーンズは、ラファエル前派第二世代の画家です。

ラスキンの芸術論や建築論に心酔したバーン=ジョーンズは、ロセッティに弟子入り。世俗的な現実と乖離した作品で、19世紀末の英国で最も称賛された画家になりました。

第5章は「ウィリアム・モリスと装飾芸術」。バーン=ジョーンズの盟友、ウィリアム・モリスも、ラファエル前派第二世代です。

1861年に、あらゆる種類の装飾芸術を扱う「モリス・マーシャル・フォークナー商会」を設立(1875年に単独経営の「モリス商会」に改組)。「生活と芸術との一致」を目指しました。

モリスの行動は、後に「アーツ・アンド・クラフツ運動」に発展。その考えは、今日の「デザイン」にも繋がっています。

「全ての人が満ち足りた生活を送るべき」と説いたラスキン。150年前のメッセージですが、今の私たちにも強く響きます。

展覧会は、三菱一号館美術館からスタートした巡回展。東京展の後は、久留米市美術館(6/20-9/8)、あべのハルカス美術館(10/5-12/15)に巡回します。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2019年3月13日 ]

大人が観たい美術展 2019大人が観たい美術展 2019

時空旅人(編)

三栄書房
¥ 907

料金一般当日:1,700円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon

 
会場三菱一号館美術館
開催期間2019年3月14日(木)~6月9日(日)
所在地 東京都千代田区丸の内2-6-2
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://mimt.jp/ppr
展覧会詳細へ ラファエル前派の軌跡 展 詳細情報
取材レポート
国立科学博物館「特別展 「恐竜博 2019」
恐竜博 2019
国立新美術館「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」
ウィーン・モダン
東京国立博物館「特別企画 奈良大和四寺のみほとけ」
奈良大和四寺
小田原文学館「「坂口安吾」ができるまで」
「坂口安吾」展
渋谷区立松濤美術館「華めく洋食器 大倉陶園100年の歴史と文化」
大倉陶園100年
千葉市美術館「没後60年 北大路魯山人 古典復興 ― 現代陶芸をひらく ―」
北大路魯山人
サントリー美術館「遊びの流儀 遊楽図の系譜」
遊びの流儀
東京都江戸東京博物館「発掘された日本列島2019」'
発掘された日本列島
国立新美術館「クリスチャン・ボルタンスキー ― Lifetime」
ボルタンスキー展
ちひろ美術館・東京「ショーン・タンの世界展 どこでもないどこかへ」'
ショーン・タン展
日本科学未来館「企画展「マンモス展」 その「生命」は蘇るのか」'
マンモス展
ホキ美術館「スペインの現代写実絵画
スペインの現代写実
静嘉堂文庫美術館「書物にみる海外交流の歴史~本が開いた異国の扉~」
[エリアレポート]
書物にみる海外交流
細見美術館「世界を変える美しい本 インド・タラブックスの挑戦」
[エリアレポート]
タラブックスの挑戦
国立新美術館「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」
[エリアレポート]
ウィーン・モダン
三井記念美術館「日本の素朴絵 ― ゆるい、かわいい、たのしい美術 ―」
[エリアレポート]
日本の素朴絵
国立西洋美術館「国立西洋美術館開館60周年記念 松方コレクション展」
[エリアレポート]
松方コレクション展
入江泰吉記念奈良市写真美術館「石内都 布の来歴 ― ひろしまから」
[エリアレポート]
「石内都」展
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
特別展 「恐竜博 2019」 特別展「三国志」 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 国立西洋美術館開館60周年記念 松方コレクション展
唐三彩 ― シルクロードの至宝 ― 福島復興祈念展「興福寺と会津」 メスキータ展 マリアノ・フォルチュニ 織りなすデザイン 展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社