インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  没後40年 髙島野十郎展 ― 光と闇、魂の軌跡

没後40年 髙島野十郎展 ― 光と闇、魂の軌跡

■帝大首席から、独りぼっちの画道へ
【会期終了】 生前は、ほとんど無名だった髙島野十郎(1890-1975)。帝大を首席で卒業しながら絵の道に進み、独学で写実絵画を描き続けました。没後40年を記念した全国巡回展が、目黒区美術館で開催中です。
髙島野十郎(本名・彌壽 やじゅ)は、福岡県久留米市生まれ。生家は裕福な酒造業でした。

東京帝国大学農学部水産学科に進学し、卒業時は首席。帝大生にとって最高の名誉である、天皇からの「恩賜の銀時計」授与の候補になりますが、辞退して画道に入った変わり種です。

小さな絵画グループに参加していた事もありますが、画業の大半は独立独歩。後に欧州に渡りますが、現地でも日本人画家との交流を好まず、ひたすら古画の研究と写生に没頭しました。


第1章「初期作品 理想に燃えて」 第2章「渡欧期 心軽やかな異国体験」

帰国後は一時郷里に戻った後、再び上京して青山に居住。きっちり2年毎に個展を開催するなど、制作活動は旺盛でした。

会場で最も多く展示されているのが、風景画。ひとり身だった野十郎はしばしば旅に出かけ、各地で風景画を描きました。

《雨 法隆寺塔》は、いわくつきの作品。盗まれて4年もの間、湿度の高い床下に。戻った後に今度は火事に遭って損傷しますが、2度の修復を終えて展示されています。

カンバスの裏面にも塗料を塗り、堅牢性を高めていた野十郎。「自分の作品は1000年大丈夫」と豪語してい蛸とが、この作品で実証された事になります。


第3章「風景 旅する画家」 《雨 法隆寺塔》は動画最後の左側

静物画も野十郎が得意としていたジャンルです。リンゴやブドウなどの果実、菊・バラなどの花卉を、卓上静物画として何枚も描ました。

1974年の個展に出品された《からすうり》も、ここで展示されています。カラスウリは戦前から描いていた得意の画題ですが、その総決算ともいえる作品。時が止まったかのような描写は、シャルダンを思わせます。


第4章「静物 小さな宇宙」

野十郎の真骨頂といえるのが、最終章の「光と闇 太陽 月 蠟燭」。野十郎は仏教への関心が強く、作品と仏教の関連がしばしば指摘されますが、光を描いた作品には特にその傾向が現れます。

野十郎は晩年に千葉県柏市に移って以降、月の作品を多く手がけました。最初は風景も描いていましたが、次第に満月だけに。月の周辺の光を見事にとらえ、月と自分の間の空気を描ききっています。


第5章「光と闇 太陽 月 蠟燭」

蠟燭の作品は会場後半です。蠟燭の炎を用いた絵画ならジョルジュ・ラ・トゥールなど多数ありますが、野十郎の絵は蠟燭と炎のみです。

小さな蠟燭の絵に囲まれた展示室は、実に神秘的。蠟燭の作品は40点ほど確認されていますが、友人や知人に贈られたものばかりです。

さらに会場の最後には、1~5章の作品が数点ずつ展示されるダイジェスト的なコーナーがあります。レイアウトの都合もあると思いますが、展覧会全体を1室で復習できるのは効果的な試みです。


第5章「光と闇 太陽 月 蠟燭」

野十郎が注目され出したのは、1980年に福岡県文化会館(現福岡県立美術館)で開かれた「近代洋画と福岡県」展から。著名作家の作品とともに出品された、野十郎の《すいれんの池》に注目が集まり、6年後に同館で初の回顧展が開催。さらに2年後に東京(目黒区美術館)でも開催されて、その名はすっかり全国区となりました。

展覧会は福岡県立美術館からスタートし、目黒区美術館で2館目。次いで足利市立美術館、九州芸文館と巡回します。日程はこちらでご確認ください。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2016年4月12日 ]

髙島野十郎髙島野十郎

高島 野十郎 (著)

東京美術
¥ 2,500


■髙島野十郎展 に関するツイート


 
会場目黒区美術館
開催期間2016年4月9日(土)~6月5日(日)
所在地 東京都目黒区目黒2-4-36
TEL : 03-3714-1201
HP : http://mmat.jp/exhibition/archives/ex160409
展覧会詳細へ 没後40年 髙島野十郎展 ― 光と闇、魂の軌跡 詳細情報
取材レポート
東京国立博物館「出雲と大和」'
出雲と大和
東京都美術館「ハマスホイとデンマーク絵画」'
ハマスホイ
21_21
デザイナー達の原画
根津美術館「〈対〉で見る絵画」'
〈対〉で見る絵画
府中市美術館「青木野枝 霧と鉄と山と」'
青木野枝
弥生美術館「もうひとつの歌川派?! 国芳・芳年・年英・英朋・朋世」'
もうひとつの歌川派
東京都現代美術館「ミナ
皆川明
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
渋谷区立松濤美術館「パリ世紀末ベル・エポックに咲いた華 サラ・ベルナールの世界展」'
サラベルナール
出光美術館
やきもの入門
東京国立近代美術館「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」'
窓展
岡田美術館「DOKI土器!土偶に青銅器展
DOKI土器!
国立新美術館「ブダペスト
ブダペスト
三井記念美術館「国宝
明治天皇への献茶
エリアレポート 東京国立博物館「日本書紀成立1300年 特別展『出雲と大和』」
[エリアレポート]
出雲と大和
エリアレポート Bunkamura 「ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター」
[エリアレポート]
ソール・ライター
エリアレポート 半蔵門ミュージアム 「復元された古代の音」
[エリアレポート]
古代の音
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
エリアレポート 京都国立近代美術館「記憶と空間の造形 イタリア現代陶芸の巨匠 ニーノ・カルーソ」
[エリアレポート]
ニーノ・カルーソ
エリアレポート 名古屋市美術館「没後90年記念 岸田劉生展」
[エリアレポート]
岸田劉生
エリアレポート 愛知県美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」
[エリアレポート]
コートールド
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 中之島香雪美術館 「上方界隈、絵師済々 Ⅰ」
[エリアレポート]
上方界隈、絵師済々
エリアレポート パナソニック汐留美術館 「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」
[エリアレポート]
暮らしの夢
エリアレポート 岐阜県現代陶芸美術館「小村雪岱スタイル 江戸の粋から東京モダンヘ」
[エリアレポート]
小村雪岱
エリアレポート 三鷹市美術ギャラリー「壁に世界をみる ― 吉田穂高展」
[エリアレポート]
吉田穂高
エリアレポート 豊田市美術館「岡﨑乾二郎 ー 視覚のカイソウ」
[エリアレポート]
岡﨑乾二郎
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて 日本書紀成立1300年 特別展「出雲と大和」 天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展
奇蹟の芸術都市バルセロナ デザインあ展 in SHIGA 開館記念展「見えてくる光景 コレクションの現在地」 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社