ニュース
    “カラリスト”と呼ばれた髙林和作を紹介 ー さかい利晶の杜
    (掲載日時:2021年2月12日)

    さかい利晶の杜「生誕120周年 髙林和作 ー サバクに立つ画家の眼差し ー」会場
    さかい利晶の杜「生誕120周年 髙林和作 ー サバクに立つ画家の眼差し ー」会場


    堺市出身の洋画家・髙林和作の生誕120周年を記念した「生誕120周年 髙林和作ーサバクに立つ画家の眼差しー」展がはじまる。

    髙林和作(1900-1968)は、戦前から戦後を生きた堺市出身の画家。戦後の日本の洋画壇の状況を嘆き、「サバク」に例え、青を基調に色の対比を意識しながら線描を重ねる独自の作風を確立させた。

    これまで広く紹介される機会が多くなかった髙林の作品が一堂に会するのは約20年ぶりとなる。

    「生誕120周年 髙林和作ーサバクに立つ画家の眼差しー」は2021年2月13日(土)~3月21日(日)、さかい利晶の杜で開催。入館料は一般 300円など。

    このニュースに関連するミュージアム

    おすすめレポート
    学芸員募集
    泉美術館 学芸員(契約)募集 [公益財団法人 泉美術館]
    広島県
    令和4年度和歌山市職員(学芸員:日本考古学)募集 [文化振興課]
    和歌山県
    清水寺 展覧会運営スタッフ募集! [清水寺]
    京都府
    二条城 展覧会スタッフ募集中! [二条城]
    京都府
    さいたま市任期付き短時間勤務職員(一般行政事務・植物研究分野) [さいたま市教育委員会 文化財保護課]
    埼玉県
    展覧会ランキング
    1
    三菱一号館美術館 | 東京都
    イスラエル博物館所蔵 印象派・光の系譜ーモネ、ルノワール、ゴッホ、ゴーガン
    開催中[あと49日]
    2021年10月15日(金)〜2022年1月16日(日)
    2
    国立民族学博物館 | 大阪府
    ユニバーサル・ミュージアム ―― さわる!“触”の大博覧会
    もうすぐ終了[あと2日]
    2021年9月2日(木)〜11月30日(火)
    3
    国立科学博物館 | 東京都
    大英博物館ミイラ展 古代エジプト6つの物語
    開催中[あと45日]
    2021年10月14日(木)〜2022年1月12日(水)
    4
    東京都美術館 | 東京都
    ゴッホ展─響きあう魂 ヘレーネとフィンセント
    もうすぐ終了[あと14日]
    2021年9月18日(土)〜12月12日(日)
    5
    東京ステーションギャラリー | 東京都
    ハリー・ポッターと魔法の歴史
    開催まであと20日
    2021年12月18日(土)〜2022年3月27日(日)

    「⼤堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました


    ミュージアム 干支コレクション アワード

    ミュージアム キャラクター アワード