ニュース
    石井柏亭から森村泰昌、福田美蘭まで。マネに魅了された日本人美術家 ― 練馬区立美術館「日本の中のマネ」展
    (掲載日時:2022年9月3日)

    練馬区立美術館「日本の中のマネ ― 出会い、120年のイメージ ―」会場
    練馬区立美術館「日本の中のマネ ― 出会い、120年のイメージ ―」会場

    19世紀のフランスを代表する画家、エドゥアール・マネ(1832‐83)の日本において受容に焦点を当てた展覧会が、東京で始まる。

    画家で美術批評家の石井柏亭は、マネの《草上の昼食》(1863年、オルセー美術館、パリ)からインスピレーションを得て、《草上の小憩》(1904・明治37年、東京国立近代美術館)を制作。

    山脇信徳、安井曾太郎、山本鼎、村山槐多、小磯良平らもマネからの影響を受けている。

    展覧会では、日本に所在する17点のマネの油彩画(パステル画を含む)のうち7点のマネ作品を中心に、印象派や日本近代洋画、そして資料などを含めて約100点を展示。

    明治から昭和初期までに見られる作品や批評を通して、日本における「マネとの出会い」について振り返る。

    現代の日本におけるマネ・イメージを探るため、美術家の森村泰昌や福田美蘭の作品も展示。それぞれの独自の視点で展開するマネ解釈も紹介する。福田美蘭は新作が発表される。

    「日本の中のマネ ― 出会い、120年のイメージ ―」は練馬区立美術館で2022年9月4日(日)~11月3日(木・祝)に開催。入館料は一般 1,000円など。


    練馬区立美術館「日本の中のマネ ― 出会い、120年のイメージ ―」会場
    練馬区立美術館「日本の中のマネ ― 出会い、120年のイメージ ―」会場

    練馬区立美術館「日本の中のマネ ― 出会い、120年のイメージ ―」会場 森村泰昌の作品
    練馬区立美術館「日本の中のマネ ― 出会い、120年のイメージ ―」会場 森村泰昌の作品

    練馬区立美術館「日本の中のマネ ― 出会い、120年のイメージ ―」会場 福田美蘭の作品
    練馬区立美術館「日本の中のマネ ― 出会い、120年のイメージ ―」会場 福田美蘭の作品

    このニュースに関連する展覧会
    47
    練馬区立美術館 | 東京都
    2022年9月4日(日)〜11月3日(木)
    開催中[あと26日]
    このニュースに関連するミュージアム
    おすすめレポート
    学芸員募集
    複数職種!【杉並区内の次世代型科学館】新規事業立ち上げコアメンバー募集 [杉並区内の科学館]
    東京都
    資料整理アルバイト募集 [しょうけい館]
    東京都
    令和4年度11月採用の会計年度任用職員(博物館解説員)を募集します [栃木県立博物館]
    栃木県
    国立科学博物館 筑波地区 事務補佐員 [国立科学博物館(筑波地区)]
    茨城県
    国立科学博物館 附属自然教育園(白金台地区)事務補佐員募集のお知らせ [国立科学博物館附属自然教育園(白金台地区)]
    東京都
    展覧会ランキング
    1
    静嘉堂文庫美術館 | 東京都
    響きあう名宝 ― 曜変・琳派のかがやき ―
    開催中[あと71日]
    2022年10月1日(土)〜12月18日(日)
    2
    国立科学博物館 | 東京都
    特別展「化石ハンター展 ~ゴビ砂漠の恐竜とヒマラヤの超大型獣~」
    もうすぐ終了[あと2日]
    2022年7月16日(土)〜10月10日(月)
    3
    東京シティビュー | 東京都
    誕生50周年記念 ベルサイユのばら展 ー ベルばらは永遠に ー
    開催中[あと43日]
    2022年9月17日(土)〜11月20日(日)
    4
    渋谷区立松濤美術館 | 東京都
    装いの力 ― 異性装の日本史
    開催中[あと22日]
    2022年9月3日(土)〜10月30日(日)
    5
    京都国立近代美術館 | 京都府
    ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション
    開催まであと6日
    2022年10月14日(金)〜2023年1月22日(日)