ニュース
    金沢21世紀美術館で「ミヒャエル・ボレマンス マーク・マンダース|ダブル・サイレンス」展
    (掲載日時:2020年9月18日)


    マーク・マンダース《4つの黄色い縦のコンポジション》2017–2019 Photo: EPW STUDIO Courtesy: Zeno X Gallery, Antwerp & Tanya Bonakdar Gallery, New York

    ベルギー出身のミヒャエル・ボレマンス(1963-)と、オランダ出身のマーク・マンダース(1968-)という二人の美術家の作品を紹介する展覧会が、金沢21世紀美術館で始まる。

    ミヒャエル・ボレマンスはベラスケスやマネなど伝統的な西洋絵画の技法とテーマに強い関心を寄せ、想像的な世界の窓を開く普遍的な言語として絵画を制作。

    マーク・マンダースは「建物としてのセルフ・ポートレイト」をコンセプトに、身体の断片が印象的な彫刻作品を発表している。

    共に1960年代生まれで、ベルギー、オランダと生まれた地域が近く、同じベルギーを拠点に制作しているという共通点を持つ両者だけの作品で空間構成する展覧会は、国内外で初めて。

    両者は展覧会担当キュレーターを交えながら、お互いの作品選びや展示空間に合わせた展示構成などを構想。展覧会タイトル「ダブル・サイレンス」も、二人の対話を通じて決定した。

    二人の作品と妹島和世+西沢立衛 / SANAA が設計した金沢21世紀美術館の建築がどのように対話をするかも見所となる。

    「ミヒャエル・ボレマンス マーク・マンダース|ダブル・サイレンス」は金沢21世紀美術館で、2020年9月19日(土)~2021年2月28日(日)に開催。観覧券は一般 1,000円。日時指定のWEBチケットが必要。



    ミヒャエル・ボレマンス《オートマト(I)》2008 作家蔵 ©Photo: Peter Cox Courtesy: Zeno X Gallery, Antwerp


    金沢21世紀美術館「ミヒャエル・ボレマンス マーク・マンダース|ダブル・サイレンス」会場




    このニュースに関連する展覧会
    2020年9月19日(土)〜2021年2月28日(日)
    開催中[あと123日]
    このニュースに関連するミュージアム

    展覧会ランキング
    1
    大阪南港ATC Gallery | 大阪府
    バンクシー展 天才か反逆者か
    開催中[あと81日]
    2020年10月9日(金)〜2021年1月17日(日)
    2
    京都国立博物館 | 京都府
    御即位記念 特別展「皇室の名宝」
    開催中[あと26日]
    2020年10月10日(土)〜11月23日(月)
    3
    東京国立近代美術館 | 東京都
    あやしい絵展
    開催まであと146日
    2021年3月23日(火)〜5月16日(日)
    4
    六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー | 東京都
    FREESTYLE 2020 大野智 作品展
    もうすぐ終了[あと11日]
    2020年9月9日(水)〜11月8日(日)
    5
    横須賀美術館 | 神奈川県
    上田薫
    もうすぐ終了[あと6日]
    2020年9月12日(土)〜11月3日(火)
    おすすめレポート
    学芸員募集
    公益財団法人静嘉堂 静嘉堂文庫美術館 広報担当職員の募集 [静嘉堂文庫美術館]
    東京都
    童謡・唱歌専門員募集(正規) [わらべ館]
    鳥取県
    独立行政法人国立美術館 国立新美術館 特定研究員(特定有期雇用職員)公募 [国立新美術館]
    東京都
    国立民族学博物館事務補佐員(非常勤)を募集 [国立民族学博物館]
    大阪府
    【山梨県立科学館】 企画・解説スタッフ募集のご案内 [山梨県立科学館]
    山梨県

    ミュージアム キャラクター アワード