IM
    レポート
    ルネ・ラリック リミックスー時代のインスピレーションをもとめて
    東京都庭園美術館 | 東京都
    ジュエリー作家、ガラス作家として独自の道を切り拓いたルネ・ラリック
    様々なインスピレーションから生まれたジュエリーやガラス作品、香水瓶
    新館は、建築家・中山英之による邸宅をイメージした展示デザインに

    19世紀末から20世紀にかけて、ジュエリー作家、ガラス作家として独自の道を切り拓いたルネ・ラリック。様々な作品を手がけたラリックのインスピレーションに注目した展覧会が、東京都庭園美術館で開催中です。



    東京都庭園美術館 正面玄関ガラス・レリーフ扉


    1933年にアール・デコ様式に建てられた朝香宮邸(現・東京都庭園美術館本館)。邸内にはラリック作品が飾られていることもあり、ラリックを紹介する展覧会はこれまでも多く開催されてきました。

    今回の展覧会では、7つの章に分けてジュエリーやガラス、デザイン画などラリックの作品を紹介していきます。



    イヴァン=レオン・ブランショ《戯れる子供たち》 / ルネ・ラリックの花瓶《フォルモーズ》1924年 東京都庭園美術館蔵


    「ルネ・ラリックのジュエリー」を紹介するのは、小客室と大客室。それまで使われていなかった象牙やオパールなどの素材を用いるなど、革新的だったラリックのジュエリー。1890年頃には、ガラスを本格的に取り入れるようになります。

    さらに、植物や昆虫、女性をモチーフにし、誰も見たことのない新しい形のジュエリーをつくっていきました。



    (左から)ペンダント《オパールとスイートピーのペンダント》1900年頃、個人蔵、協力:アルビオンアート・ジュエリー・インスティテュート / ネックレス《葉飾り》1910年頃、個人蔵、協力:アルビオンアート・ジュエリー・インスティテュート



    ペンダント / ブローチ《サランボーあるいはサロメ》1904-1905年頃、個人蔵、協力:アルビオンアート・ジュエリー・インスティテュート


    実はラリックは一度も来日をしたことがなく、旧朝香宮邸の設計はフランスのチームと宮内省との間で、今でいう“リモート”で行っていました。

    しかし、その後も《ニッポン》《トウキョウ》という名前でテーブル・セットをデザインするなど、日本からの影響や、日本に対する思いを、感じることができます。



    テーブルウェア《ニッポン》1930年


    2階の4章「古典の再生」、5章「エキゾティシズムとモダニティ」では、異文化からインスピレーションを受けた作品が並んでいます。

    当時、大英博物館やルーヴル美術館をはじめとする美術館が各地に誕生。古代ギリシア・ローマやエジプト美術などの古代の至宝が集められ、ラリックの制作にも大きく影響を与えました。



    テーブルセンターピース《火の鳥》1920年 ギャルリーオルフェ



    (左から)花瓶《つむじ風》1926年、北澤美術館蔵 / 花瓶《ニムロード》1926年、個人蔵 / 花瓶《ラガマール》1926年、大村美術館(角館)蔵


    6章では、ラリックのキャリアにとって重要なインスピレーションとなった「女性たちのため」の作品を紹介。

    ラリックは、社会進出を果たしたモダンな女性たちのためにシガレット・ケースや香水瓶を制作。2番目の妻、アリス・リドルュは、ジュエリーや香水瓶のデザインとしてミューズにもなっています。



    (左から)香水ケース《コティ社の香水》コティ社 ルネ・ラリック製金属プレート付 1911年 / 香水瓶《レフルール》コティ社 1912年 / 香水瓶《シクラメン》コティ社 1909年、北澤美術館蔵


    新館・ギャラリー1は、7章「装飾の新しい視点をもとめて」。

    19世紀当時、ジュエリーや工芸品は「装飾美術」とされ、芸術の世界では下位に位置づけられていました。ラリックがどのように装飾美術の価値を見いだそうとしていたか、「ユニーク・ピースとしてのシール・ペルデュ」「プロダクトデザイナーとして」「アール・デコ博覧会|時代の象徴」「都市空間と装飾」の4つのキーワードで探ることができます。



    7章「装飾の新しい視点をもとめて」展示風景


    窓際に作品が飾られた邸宅をイメージした展示デザインは、建築家・中山英之によるもの。“窓”から日が差し込み、まるで自然光の中で作品を感じられる空間になっています。



    7章「装飾の新しい視点をもとめて」展示風景


    7章の展示デザインを行った中山英之は、ポーラ美術館で開催中「モネ-光のなかに」の会場構成も担当。どちらも“光”をポイントとした空間が特徴となり、作品だけでなく時空を超えた感覚を楽しむことができますます。


    [ 取材・撮影・文:坂入 美彩子 / 2021年6月25日 ]

    花瓶《ナディカ》1930年 北澤美術館蔵
    (左から)装飾パネル《競技者 C》1928-1930年 大村美術館(角館)蔵 / 花瓶《射手》1921年 ギャルリーオルフェ
    花瓶《ナンキン》1925年、北澤美術館蔵
    香水瓶《カシス》1920年、北澤美術館蔵
    新館 ギャラリー1会場
    グラス・セット《ロータス》1924年、ギャルリーオルフェ
    会場
    東京都庭園美術館
    会期
    2021年6月26日(土)〜9月5日(日)
    開催中[あと38日]
    開館時間
    10:00–18:00
    *入館は閉館の30分前まで
    休館日
    毎週月曜日 *ただし7月26日、8月2・9・30日は開館、8月10日(火)休館
    住所
    〒108-0071 東京都港区白金台5-21-9
    電話 050-5541-8600(ハローダイヤル)
    公式サイト https://www.teien-art-museum.ne.jp/
    料金
    日時指定制
    一般 1,400円 (1,120円)
    大学生(専修・各種専門学校含む) 1,120円 (890円)
    中学生・高校生 700円 (560円)
    65歳以上 700円 (560円)

    ※()内は20名以上の団体(要申請)
    展覧会詳細 ルネ・ラリック リミックスー時代のインスピレーションをもとめて 詳細情報

    展覧会ランキング
    1
    東京国立博物館 | 東京都
    イスラーム王朝とムスリムの世界 
    開催中[あと206日]
    2021年7月6日(火)〜2022年2月20日(日)
    2
    大手町三井ホール | 東京都
    『巨大映像で迫る五大絵師』− 北斎・広重・宗達・光琳・若冲の世界 −
    開催中[あと42日]
    2021年7月16日(金)〜9月9日(木)
    3
    PLAY! MUSEUM | 東京都
    「ぐりとぐら しあわせの本」展
    開催中[あと241日]
    2021年4月10日(土)〜2022年3月27日(日)
    4
    パナソニック汐留美術館 | 東京都
    サーリネンとフィンランドの美しい建築展
    開催中[あと53日]
    2021年7月3日(土)〜9月20日(月)
    5
    国立科学博物館 | 東京都
    大英博物館ミイラ展 古代エジプト6つの物語
    開催まであと77日
    2021年10月14日(木)〜2022年1月12日(水)
    おすすめレポート
    学芸員募集
    長崎歴史文化博物館 学芸員募集 [長崎歴史文化博物館]
    長崎県
    たばこと塩の博物館 学芸員募集 [たばこと塩の博物館]
    東京都
    パナソニック汐留美術館 学芸員(嘱託社員)募集 [パナソニック汐留美術館]
    東京都
    週3の扶養内!【大阪歴史博物館で受付案内】交通費有♪★接客経験を活かして★ [大阪歴史博物館]
    大阪府
    京都府文化財保護課 文化財保護技師(3分野)の採用試験を実施! [京都府教育庁指導部文化財保護課・京都府立山城郷土資料館・京都府立丹後郷土資料館]
    京都府

    「⼤堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました


    ミュージアム キャラクター アワード