IM
    レポート
    ドロヘドロ原画展FINAL ~林田球の世界~
    東京ドームシティ Gallery AaMo(ギャラリー アーモ) | 東京都
    独特の世界観で多くの熱狂的なファンを獲得したダーク・ファンタジー作品
    全国巡回展の最終回は過去最大の展示数で「カラー原画保管箱はカラッポ」
    「ドロヘドロ」の後にスタートした「大ダーク」に関連する展示品も登場!

    「月刊IKKI」(小学館)などで2000年から18年間にわたって連載されてきた人気漫画「ドロヘドロ」(林田球・作)。

    独特の世界観でファンを魅了した「ドロヘドロ」を、直筆の原画や原稿、413点を一挙に紹介する展覧会が、東京ドームシティ Gallery AaMo(ギャラリー アーモ)で開催中です。


    ギャラリー アーモ「ドロヘドロ原画展FINAL」 ギャラリー アーモ「ドロヘドロ原画展FINAL」


    2020年2月から全国5会場を巡回し、多くの来場者を集めてきた「ドロヘドロ原画展」は、本展でFINALです。

    冒頭では、FINAL用の新規描き下ろしキービジュアルイラストが展示されています。


    ギャラリー アーモ「ドロヘドロ原画展FINAL」会場より FINAL用の新規キービジュアル (右)FINAL用の新規キービジュアル


    さらに、キービジュアルの作画映像も。約7分間のダイジェスト版です。

    マンガ家の仕事でポスター用の絵を描くことは滅多にないので、どこかの場所の風景の一部になる事を想像して描いた、と説明されていました。


    ギャラリー アーモ「ドロヘドロ原画展FINAL」会場より 「新規キービジュアル制作風景動画」 「新規キービジュアル制作風景動画」


    「ドロヘドロ」は、魔法によって頭部をトカゲにされてしまった記憶喪失の男・カイマンが、本当の顔と記憶を取り戻すため、相棒のニカイドウと一緒に、自分に魔法をかけた魔法使いを探し続けるダーク・ファンタジー作品。

    多くの熱狂的なファンを獲得し、マンガ界に強烈なインパクトを与えました。


    ギャラリー アーモ「ドロヘドロ原画展FINAL」会場風景 ギャラリー アーモ「ドロヘドロ原画展FINAL」会場風景


    今回でFINALという事もあり、過去最大の展示数。「仕事場のカラー原画保管箱はカラッポ」との事です。


    ギャラリー アーモ「ドロヘドロ原画展FINAL」会場風景 ギャラリー アーモ「ドロヘドロ原画展FINAL」会場風景


    会場には、手書きのネームも。創作の過程が垣間見える、貴重な資料です。


    ギャラリー アーモ「ドロヘドロ原画展FINAL」会場より 「13巻・魔の78 破チアワセのバラッド」のネーム 「13巻・魔の78 破チアワセのバラッド」のネーム


    会場後半には、2019年から「ゲッサン」(小学館)で連載されている「大ダーク」も紹介。「1骨/血だるま漂流者」の丸々一話分の原稿が、全て展示されています。

    「大ダーク」は、ドロヘドロが終わってすぐにスタート。ドロヘドロ最終回時には、すでに掲載が決まっていたため、タイトルだけ決めてイメージ予告絵を描いたそうです。


    ギャラリー アーモ「ドロヘドロ原画展FINAL」会場より 「大ダーク」原稿展示 「大ダーク」原稿展示


    「ドロヘドロ原画展FINAL」を迎えるにあたり、「阪神ファンの私の原画展が巨人の本拠地東京ドームで!」と喜んでいる林田球さん。「各話扉絵は毎回時間をかけているので一枚一枚思い出があります」と、コメントしていました(※「ドロヘドロ原画展FINAL」の開催地は、東京ドームシティ Gallery AaMoになります)。

    会場内は写真撮影も可能です(フラッシュ撮影、自撮り棒・三脚等の使用、ビデオ撮影、録音は禁止)。

    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2022年9月16日 ]

    「2011年応募者全員プレゼントクリアファイル」の原画
    スリーゼロから発売されたフィギュア
    会場
    東京ドームシティ Gallery AaMo(ギャラリー アーモ)
    会期
    2022年9月17日(土)〜10月16日(日)
    もうすぐ終了[あと8日]
    開館時間
    展覧会ごとに異なります。
    休館日
    開催期間中無休
    住所
    東京都文京区後楽1-3-61
    電話 03-5800-9999(東京ドームシティ わくわくダイヤル) 受付時間:平日・土日・祝日ともに10:00~17:00
    公式サイト https://dorohedoro.gengaten.com/
    料金
    【前売・当日一律】
    一般 1,500円 / 高校・大学生 1,300円 / 中学生 1,000円
    ※小学生以下は無料(単独入場不可)
    展覧会詳細 ドロヘドロ原画展FINAL ~林田球の世界~ 詳細情報
    おすすめレポート
    学芸員募集
    複数職種!【杉並区内の次世代型科学館】新規事業立ち上げコアメンバー募集 [杉並区内の科学館]
    東京都
    資料整理アルバイト募集 [しょうけい館]
    東京都
    令和4年度11月採用の会計年度任用職員(博物館解説員)を募集します [栃木県立博物館]
    栃木県
    国立科学博物館 筑波地区 事務補佐員 [国立科学博物館(筑波地区)]
    茨城県
    国立科学博物館 附属自然教育園(白金台地区)事務補佐員募集のお知らせ [国立科学博物館附属自然教育園(白金台地区)]
    東京都
    展覧会ランキング
    1
    静嘉堂文庫美術館 | 東京都
    響きあう名宝 ― 曜変・琳派のかがやき ―
    開催中[あと71日]
    2022年10月1日(土)〜12月18日(日)
    2
    国立科学博物館 | 東京都
    特別展「化石ハンター展 ~ゴビ砂漠の恐竜とヒマラヤの超大型獣~」
    もうすぐ終了[あと2日]
    2022年7月16日(土)〜10月10日(月)
    3
    東京シティビュー | 東京都
    誕生50周年記念 ベルサイユのばら展 ー ベルばらは永遠に ー
    開催中[あと43日]
    2022年9月17日(土)〜11月20日(日)
    4
    渋谷区立松濤美術館 | 東京都
    装いの力 ― 異性装の日本史
    開催中[あと22日]
    2022年9月3日(土)〜10月30日(日)
    5
    京都国立近代美術館 | 京都府
    ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション
    開催まであと6日
    2022年10月14日(金)〜2023年1月22日(日)