ドロヘドロ原画展FINAL ~林田球の世界~

    東京ドームシティ Gallery AaMo(ギャラリー アーモ) | 東京都

    「月刊IKKI」(小学館)にて2000年より連載開始し、以降18年間にわたる長期連載で、愛され続けてきた衝撃作「ドロヘドロ」(全23巻)。林田球の描く唯一無二の世界観は人々に強烈なインパクトを与え、国内外で今なお、多くの熱狂的ファンを獲得し人気を誇っています。 「ドロヘドロ原画展」は、2020年2月から全国5会場を巡回し、これまでにたくさんのお客様にご来場いただきました。そしてこの度、FINALとして東京での凱旋開催が決定。追加展示や新たなオリジナルグッズなども加わり、スケールアップして帰ってまいります。 【展示内容】林田球先生直筆の原画や原稿、約390点を一挙展示。 ほかにも、キャラクター設定資料、林田先生の執筆道具(愛用品)、また現在「ゲッサン」(小学館)にて連載中の「大ダーク」からは、原稿で1話丸読みができるコーナーも登場します。 さらに、この度のFINALではこれまでの「ドロヘドロ原画展」の内容に加えて、追加展示も決定。 FINAL用の新規描き下ろしキービジュアルイラストとその執筆映像、「ドロヘドロ」、「大ダーク」の両作からカラー原画約60点、モノクロ原稿約80点に加えて、林田先生からの最新ご挨拶文も展示します。
    会期
    2022年9月17日(土)〜10月16日(日)
    もうすぐ終了[あと8日]
    開館時間
    展覧会ごとに異なります。
    料金
    【前売・当日一律】
    一般 1,500円 / 高校・大学生 1,300円 / 中学生 1,000円
    ※小学生以下は無料(単独入場不可)
    休館日 開催期間中無休
    チケットを買う https://eplus.jp/sf/word/0000154643
    公式サイト https://dorohedoro.gengaten.com/
    会場
    東京ドームシティ Gallery AaMo(ギャラリー アーモ)
    住所
    東京都文京区後楽1-3-61
    03-5800-9999(東京ドームシティ わくわくダイヤル) 受付時間:平日・土日・祝日ともに10:00~17:00
    評価
    ドロヘドロ原画展FINAL ~林田球の世界~のレポート
    0
    独特の世界観で多くの熱狂的なファンを獲得したダーク・ファンタジー作品
    全国巡回展の最終回は過去最大の展示数で「カラー原画保管箱はカラッポ」
    「ドロヘドロ」の後にスタートした「大ダーク」に関連する展示品も登場!
    おすすめレポート
    学芸員募集
    複数職種!【杉並区内の次世代型科学館】新規事業立ち上げコアメンバー募集 [杉並区内の科学館]
    東京都
    資料整理アルバイト募集 [しょうけい館]
    東京都
    令和4年度11月採用の会計年度任用職員(博物館解説員)を募集します [栃木県立博物館]
    栃木県
    国立科学博物館 筑波地区 事務補佐員 [国立科学博物館(筑波地区)]
    茨城県
    国立科学博物館 附属自然教育園(白金台地区)事務補佐員募集のお知らせ [国立科学博物館附属自然教育園(白金台地区)]
    東京都
    展覧会ランキング
    1
    静嘉堂文庫美術館 | 東京都
    響きあう名宝 ― 曜変・琳派のかがやき ―
    開催中[あと71日]
    2022年10月1日(土)〜12月18日(日)
    2
    国立科学博物館 | 東京都
    特別展「化石ハンター展 ~ゴビ砂漠の恐竜とヒマラヤの超大型獣~」
    もうすぐ終了[あと2日]
    2022年7月16日(土)〜10月10日(月)
    3
    東京シティビュー | 東京都
    誕生50周年記念 ベルサイユのばら展 ー ベルばらは永遠に ー
    開催中[あと43日]
    2022年9月17日(土)〜11月20日(日)
    4
    渋谷区立松濤美術館 | 東京都
    装いの力 ― 異性装の日本史
    開催中[あと22日]
    2022年9月3日(土)〜10月30日(日)
    5
    京都国立近代美術館 | 京都府
    ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション
    開催まであと6日
    2022年10月14日(金)〜2023年1月22日(日)