IM
    レポート
    ブルターニュの光と風 画家たちを魅了したフランス〈辺境の地〉
    SOMPO美術館 | 東京都
    豊かな自然と独自の文化で、多くの画家たちを魅了した「辺境の地」に着目
    ブルターニュに関連する絵画を多数所蔵するカンペール美術館の作品が中心
    ゴーギャンやポン=タヴァン派だけでなく、様々な様式で表現された約70点

    フランス北西部に位置するブルターニュ。現在ならパリから車で4時間ほどですが、19世紀には遠く離れた「辺境の地」。多くの画家がこの地の自然と独自の文化に魅せられ、さまざまな作品を描きました。

    ブルターニュに関連する絵画を多数所蔵しているカンペール美術館の作品を中心に、約70点でブルターニュの魅力を紹介する展覧会が、SOMPO美術館で開催中です。


    SOMPO美術館「ブルターニュの光と風」
    SOMPO美術館「ブルターニュの光と風」


    展覧会の第1章は「ブルターニュの風景 ― 豊饒な海と大地」。展覧会メインビジュアルの《さらば!》は、激しく荒れ狂うブルターニュの海をテーマに、アルフレッド・ギユが描いた作品です。

    猛烈な嵐に翻弄される、漁船に乗った父子。永遠の別れを前に、父親は我が子の額に最後の口づけをしています。作品は高く評価され、1892年のサロンで国家買い上げになりました。


    SOMPO美術館「ブルターニュの光と風」会場より (右)アルフレッド・ギユ《さらば!》1892年 カンペール美術館
    (右)アルフレッド・ギユ《さらば!》1892年 カンペール美術館


    ブルトン語を話す人々など、ブルターニュにはケルトの伝統が色濃く残っています。そのエキゾティシズムなイメージは、画家の創作意欲をかきたてました。

    リュシアン・レヴィ゠デュルメールによる聖母子像は、ビグダン地方の伝統衣装に身を包んでいます。背景はパンマールの岬を望むサン゠ゲノレの浜で、伝統的な画題に、ブルターニュの地域性を織り込んでいます。


    SOMPO美術館「ブルターニュの光と風」会場より リュシアン・レヴィ゠デュルメール《パンマールの聖母》1896年 カンペール美術館
    リュシアン・レヴィ゠デュルメール《パンマールの聖母》1896年 カンペール美術館


    第2章は「ブルターニュに集う画家たち ― 印象派からナビ派へ」。ポスト印象派のポール・ゴーギャンは、タヒチに渡る前段階としてブルターニュへ赴きました。ポン゠タヴァンに滞在していたポール・セリュジエらと出会い、太く明確な輪郭線と平坦な色面構成を特徴とする「クロワゾニスム」が生まれます。

    セリュジエはゴーギャンの教えをパリに持ち帰り、ピエール・ボナールやモーリス・ドニらが「ナビ派」を結成。「辺境の地」だったブルターニュは、美術の進展に大きな役割を果たしたのです。


    SOMPO美術館「ブルターニュの光と風」会場より (左から)ポール・ゴーギャン《いちじくと女》1889年 カンペール美術館 / ポール・ゴーギャン《ブルターニュの子供》1889年 福島県立美術館
    (左から)ポール・ゴーギャン《いちじくと女》1889年 カンペール美術館 / ポール・ゴーギャン《ブルターニュの子供》1889年 福島県立美術館


    第3章は「新たな眼差し ― 多様な表現の探求」。サロンは1880年代に民営化され、新たな表現が模索されました。シャルル・コッテやリュシアン・シモンなど「バンド・ノワール(黒い一団)」と呼ばれる一派は、ブルターニュを拠点とし、ギュスターヴ・クールベやオランダ絵画から影響を受けた風景画を描きます。

    リュシアン・シモンの《じゃがいもの収穫》は、パンマールの人々がじゃがいもを掘り、袋に詰める模様を描いた作品です。痩せた大地で働く人々の日常を、理想化せずに捉えました。


    SOMPO美術館「ブルターニュの光と風」会場より リュシアン・シモン《じゃがいもの収穫》1907年
    リュシアン・シモン《じゃがいもの収穫》1907年


    ちょうど国立西洋美術館でもブルターニュに焦点を当てた「憧憬の地 ブルターニュ ―モネ、ゴーガン、黒田清輝らが見た異郷」展が開催中です。両展をあわせて見ると、より理解が深まると思います。

    展覧会は一部の作品を除き、撮影も可能。東京展の後に福島、静岡、愛知と巡回します。会場と会期はこちらです

    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2023年3月24日 ]

    (左から)アルフレッド・ギユ《コンカルノーの鰯加工場で働く娘たち》1896年 頃 カンペール美術館 / オーギュスト・アナスタジ《ドゥアルヌネの渡し船の乗り場》1870年 カンペール美術館
    (左から)ポール・セリュジエ《⽔瓶を持つブルターニュの若い⼥性》1892年 カンペール美術館 / ポール・セリュジエ《ル・プールデュの⽼婦⼈》1889-93年 カンペール美術館
    アンリ・モレ《ポン=タヴァンの⾵景》1888-89年 カンペール美術館
    (左から)アンリ・ジャン・ギヨーム・マルタン《ブルターニュの海》1900年 カンペール美術館 / フェルディナン・ロワイアン・デュ・ピュイゴドー《藁ぶき屋根の家のある⾵景》1921年 カンペール美術館
    会場
    SOMPO美術館
    会期
    2023年3月25日(土)〜6月11日(日)
    会期終了
    開館時間
    10:00 - 18:00
    (入館は閉館30分前まで)
    休館日
    月曜日(祝・祭日の場合は開館)、展示替期間、年末年始
    住所
    〒160-8338 東京都新宿区西新宿1-26-1
    電話 050-5541-8600(ハローダイヤル)
    公式サイト https://www.sompo-museum.org/exhibitions/2022/bretagne2023/
    料金
    当日券
    一般 1,600円
    大学生 1,100円

    事前購入券
    一般 1,500円
    大学生 1,000円
    展覧会詳細 ブルターニュの光と風 画家たちを魅了したフランス〈辺境の地〉 詳細情報
    おすすめレポート
    学芸員募集
    読売新聞東京本社事業局 中途採用者募集! [読売新聞東京本社(大手町)]
    東京都
    大阪府立博物館 学芸員募集(考古・古代史) [大阪府立近つ飛鳥博物館 又は 大阪府立弥生文化博物館]
    大阪府
    【公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団】学芸員募集 [ポーラ伝統文化振興財団(品川区西五反田)141-0031 東京都品川区西五反田2-2-10 ポーラ五反田第二ビル]
    東京都
    丸沼芸術の森 運営スタッフ募集中! [丸沼芸術の森]
    埼玉県
    公益財団法人三鷹市スポーツと文化財団 文芸企画員(特別雇用職員)募集中 [三鷹市吉村昭書斎]
    東京都
    展覧会ランキング
    1
    東京オペラシティ アートギャラリー | 東京都
    宇野亞喜良展 AQUIRAX UNO
    開催中[あと61日]
    2024年4月11日(木)〜6月16日(日)
    2
    東京ドームシティ Gallery AaMo(ギャラリー アーモ) | 東京都
    逆境回顧録 大カイジ展
    開催中[あと26日]
    2024年3月16日(土)〜5月12日(日)
    3
    大阪中之島美術館 | 大阪府
    没後50年 福田平八郎展
    開催中[あと20日]
    2024年3月9日(土)〜5月6日(月)
    4
    SOMPO美術館 | 東京都
    北欧の神秘 ― ノルウェー・スウェーデン・フィンランドの絵画
    開催中[あと54日]
    2024年3月23日(土)〜6月9日(日)
    5
    東北歴史博物館 | 宮城県
    世界遺産 大シルクロード展
    開催中[あと54日]
    2024年4月9日(火)〜6月9日(日)