IM
    レポート
    マティス展
    東京都美術館 | 東京都
    20世紀を代表するフランスの巨匠アンリ・マティス。その全貌に迫る展覧会
    フォーヴィスム(野獣派)を生みだし、モダン・アート誕生に決定的な影響
    ポンピドゥー・センターが全面協力して実現。日本では約20年ぶりの回顧展

    20世紀を代表するフランスの巨匠、アンリ・マティス(1869–1954年)。生涯を鮮やかな色彩と光の探求に捧げ、モダン・アートの誕生に決定的な役割を果たしました。

    世界最大規模のマティス・コレクションを所蔵する、ポンピドゥー・センターが全面的に協力。日本では約20年ぶりとなる大規模な回顧展が、東京都美術館で開催中です。


    東京都美術館「マティス展」会場入口
    東京都美術館「マティス展」会場入口


    展覧会はほぼ時代順、8章構成です。

    当初は法律家を目指していたマティス。後に自分の天職は画家であると定め、パリ国立美術学校でギュスターヴ・モローに師事します。

    マティスは1904年夏にポール・シニャックの招きでサントロペを訪問しました。シニャックの筆触分割技法を試みた《豪奢、静寂、逸楽》は、日本初公開の作品です。


    東京都美術館「マティス展」会場より 《豪奢、静寂、逸楽》1904年 ポンピドゥー・センター/国立近代美術館
    《豪奢、静寂、逸楽》1904年 ポンピドゥー・センター/国立近代美術館


    《豪奢、静寂、逸楽》の3年後に描かれたのが《豪奢I》です。田園の情景は単純化され、平面的な空間構成が目を引きます。

    この作品はサロン・ドートンヌに出品され、抽象や未完成作品とみなされたり、装飾的であるとして称賛されたりと、議論を呼びました。


    東京都美術館「マティス展」会場より 《豪奢I》1907年 ポンピドゥー・センター/国立近代美術館
    《豪奢I》1907年 ポンピドゥー・センター/国立近代美術館


    第一次世界大戦中では、ふたりの息子が徴兵されたマティス。ひとり残された悲しみをぶつけるように、革新的な造形上の実験を推し進めました。

    この時期の作品には、繰り返し窓が描かれます。《金魚鉢のある室内》は、セーヌ川を臨むアトリエ空間を描いた作品。窓は外界に向けて開放され、2つの領域が混ざって「統一する全体」をつくっています。


    東京都美術館「マティス展」会場より (右手前)《金魚鉢のある室内》1914年 ポンピドゥー・センター/国立近代美術館
    (右手前)《金魚鉢のある室内》1914年 ポンピドゥー・センター/国立近代美術館


    1920年代、マティスはニースに居を構えます。以前より小さいカンヴァスで、肖像画や室内画、風景画を描くようになりました。

    この頃の重要なモチーフが、イスラムのスルタンに仕える女性オダリスクです。フランス人のモデルをイスラム女性に扮装させ、劇場のようにしつらえたアトリエで制作。空間に裸婦を配置し、造形的な実験を続けました。


    東京都美術館「マティス展」会場より 《赤いキュロットのオダリスク》1921年 ポンピドゥー・センター/国立近代美術館
    《赤いキュロットのオダリスク》1921年 ポンピドゥー・センター/国立近代美術館


    1930年代にアメリカやオセアニアを訪問したマティス。新しい環境に触れながら、造形上の探求をさらに進めていきます。

    《夢》のモデルになったのは、最晩年までマティスに付き添ったリディア・デレクトルスカヤです。組んだ両腕に頭をのせたうつ伏せのポーズは、以後、マティスが好んで取り上げるようになりました。


    東京都美術館「マティス展」会場より 《夢》1935年 ポンピドゥー・センター/国立近代美術館
    《夢》1935年 ポンピドゥー・センター/国立近代美術館


    第二次世界大戦がはじまり、ニースに空爆の危機が迫ると、マティスは近郊の丘の町であるヴァンスに転居。のちに「ジャズ」として出版される切り紙絵の連作も、この地で制作されました。

    《赤の大きな室内》は、マティスがヴァンスで描いたアトリエのシリーズを締めくくる大作です。絵画、テーブル、敷物などが、コントラストをあらわにしながら、それぞれ対で配置されています。


    東京都美術館「マティス展」会場より 《赤の大きな室内》1948年 ポンピドゥー・センター/国立近代美術館
    《赤の大きな室内》1948年 ポンピドゥー・センター/国立近代美術館


    マティスは1930年代から習作のための手段として切り紙絵を手掛けていましたが、40年代になると重要度が増していきました。

    1943年から46年にかけて、マティスは20点の切り紙絵を制作し、これをもとに画文集『ジャズ』を出版。タイトルは切り紙絵の即興性を強調したもので、明るく彩色された切り紙が、水の中や空を舞うように繰り広げられます。


    東京都美術館「マティス展」会場より 《ジャズ》1947年 ポンピドゥー・センター/国立近代美術館
    《ジャズ》1947年 ポンピドゥー・センター/国立近代美術館


    マティス最晩年の代表作が、ヴァンスのロザリオ礼拝堂です。建物の設計、装飾、什器から祭服、典礼用品まで、すべてマティスが手掛けました。

    会場では、マティスが愛した午前11時に差し込む冬の光、そして1日の礼拝堂内の光の移ろいを、巨大スクリーンで紹介しています。


    東京都美術館「マティス展」会場より 特別上映「アンリ・マティス ヴァンス・ロザリオ礼拝堂」 ©NHK
    特別上映「アンリ・マティス ヴァンス・ロザリオ礼拝堂」 ©NHK


    このような展覧会では、しばしば「マティス周辺の画家」の作品が大量に出展、という場合もありますが、本展は全ての作品がマティスによるもの。文字通り、マティスに包まれる空間で楽しむことができます。

    巡回はせずに、東京だけでの開催です。

    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2023年4月26日 ]

    Centre Pompidou, Paris, Musée national d’art moderne-Centre de création industrielle

    《自画像》1900年 ポンピドゥー・センター/国立近代美術館
    (左手前)《マドレーヌⅡ》1903年 ポンピドゥー・センター/国立近代美術館
    《アルジェリアの女性》1909年 ポンピドゥー・センター/国立近代美術館
    《黄色と青の室内》1946年 ポンピドゥー・センター/国立近代美術館
    会場
    東京都美術館
    会期
    2023年4月27日(木)〜8月20日(日)
    会期終了
    開館時間
    9:30~17:30、 金曜日は20:00まで ※入室は閉室の30分前まで
    休館日
    休室日 月曜日、7月18日(火) ※ただし、5月1日(月)、 7月17日(月・祝)、 8月14日(月)は開室
    住所
    〒110-0007 東京都台東区上野公園8-36
    電話 050-5541-8600(ハローダイヤル)
    公式サイト https://matisse2023.exhibit.jp/
    料金
    日時指定予約制

    一般 2,200円
    大学生・専門学校生 1,300円
    65歳以上 1,500円
    展覧会詳細 マティス展 詳細情報
    おすすめレポート
    学芸員募集
    丸沼芸術の森 運営スタッフ募集中! [丸沼芸術の森]
    埼玉県
    八尾市歴史民俗資料館 学芸員募集中! [八尾市歴史民俗資料館での学芸員職]
    大阪府
    米子市美術館 学芸補助員(嘱託職員)募集 [米子市美術館]
    鳥取県
    【パート】中野区立歴史民俗資料館 運営業務補助スタッフ 募集! [【中野区立歴史民俗資料館】中野区江古田四丁目3番4号]
    東京都
    東京国立博物館 広報室 有期雇用職員募集中 [東京国立博物館]
    東京都
    展覧会ランキング
    1
    紅ミュージアム | 東京都
    企画展「ミニチュア愛(らぶ)!」
    開催中[あと37日]
    2024年2月20日(火)〜4月7日(日)
    2
    東京都美術館 | 東京都
    印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵
    開催中[あと37日]
    2024年1月27日(土)〜4月7日(日)
    3
    東京国立博物館 | 東京都
    特別展「本阿弥光悦の大宇宙」
    もうすぐ終了[あと9日]
    2024年1月16日(火)〜3月10日(日)
    4
    名古屋市美術館 | 愛知県
    ガウディとサグラダ・ファミリア展
    もうすぐ終了[あと9日]
    2023年12月19日(火)〜2024年3月10日(日)
    5
    パナソニック汐留美術館 | 東京都
    フランク・ロイド・ライト 世界を結ぶ建築
    もうすぐ終了[あと9日]
    2024年1月11日(木)〜3月10日(日)