IM
    レポート
    生誕100年 山下清展ー百年目の大回想
    SOMPO美術館 | 東京都
    放浪の天才画家・山下清。生誕100年を記念し画業と人生を振り返る展覧会
    旅先で見た風景を正確に思い出し、紙片を緻密に貼り合わせる超人的な技法
    代表的な貼絵に加え後年の油彩、陶磁器、ペン画など約190点の作品を展示

    放浪の天才画家、山下清(1922-1971)。驚異的な記憶力と集中力で日本の原風景や名所を貼絵で制作し、多くの人々の心を捉えました。

    代表的な貼絵作品に加えて、子供時代の鉛筆画や後年の油彩、陶磁器、ペン画などを紹介し、その生涯と画業を振り返る展覧会が、SOMPO美術館で開催中です。


    SOMPO美術館「生誕100年 山下清展 ― 百年目の大回想」会場入口
    SOMPO美術館「生誕100年 山下清展 ― 百年目の大回想」会場入口


    展覧会の第1章は「山下清の誕生 ― 昆虫そして絵との出合い」。山下清は現在の東京都台東区生まれ。幼いころ患った消化不良の後遺症で吃音になり、父が他界した頃には発達障害も目につくようになりました。

    学校ではイジメにあい、成績も振るわなかった清ですが、図画だけは得意。好きな昆虫を捕まえて観察しては絵を描く少年でした。


    SOMPO美術館「生誕100年 山下清展 ― 百年目の大回想」会場より (左奥から)《蜂 2》制作年不詳 / 《蜂 1》制作年不詳
    (左奥から)《蜂 2》制作年不詳 / 《蜂 1》制作年不詳


    第2章は「学園生活と放浪への旅立ち」。1934年、清は千葉県の養護施設である八幡学園に編入。ここで、色の付いた紙をちぎって貼る「ちぎり絵」に出会い、一気に才能が開花していきます。

    当初は大きくちぎった紙を貼るだけでしたが、その技術はみるみる向上。一流の画家や美術関係者からも注目を集めるようになりました。


    SOMPO美術館「生誕100年 山下清展 ― 百年目の大回想」会場より (左から)《大工さん》1937年 / 《学校で活動写真を写している所》1938年
    (左から)《大工さん》1937年 / 《学校で活動写真を写している所》1938年


    1940年。清は突然学校を飛び出し、放浪の旅へ出ます。駅の待合室に泊まり、時には住み込みで働きながら放浪。旅先で見た出来事を克明に記憶できた清は、時おり自宅や学園に戻ると、旅先での風景を貼絵にしていきました。

    貼絵に「こより」を用いるのは、清の独自の技法です。代表作である《長岡の花火》も、迫力ある風景を「こより」を駆使して制作しています。


    SOMPO美術館「生誕100年 山下清展 ― 百年目の大回想」会場より (左)《長岡の花火》1950年
    (左)《長岡の花火》1950年


    第3章は「画家・山下清のはじまり ― 多彩な芸術への試み」。朝日新聞社の記事により1954年に鹿児島で発見された清。画家として活動することを決意し、各地で展覧会を開催し、人気タレントのようになっていきました。

    清は貼絵以外の創作も行っています。乾くのに時間がかかる油彩はあまり好みませんでしたが、マジックペンで描くペン画は得意。まるで機械で打ったかのように、正確にドットを描いています。


    SOMPO美術館「生誕100年 山下清展 ― 百年目の大回想」会場より (右)《夙川風景》1956年
    (右)《夙川風景》1956年


    この章で紹介されている水彩画の《日本、しっかり》は、東京展のみの出品作。1964年に開催された東京オリンピックの開会式を描いたものです。

    清は大会の前年から一年間にわたり、スポーツニッポン紙のオリンピック特集記事を担当し、挿絵と文章を寄稿していました。


    SOMPO美術館「生誕100年 山下清展 ― 百年目の大回想」会場より 《日本、しっかり》1964年頃 東京都蔵
    《日本、しっかり》1964年頃 東京都蔵


    第4章は「ヨーロッパにて ― 清がみた風景」。1961年、39歳の清は渡欧。約40日間で各地を巡り、日本に帰ってから本格的な制作に取り組みました。

    その様子を制作した貼絵は、指でちぎったとは思えない細かなチップと、「こより」を駆使して制作。清が作った貼絵では最高傑作と称されています。


    SOMPO美術館「生誕100年 山下清展 ― 百年目の大回想」会場より 《スイスの町》1963年
    《スイスの町》1963年

    SOMPO美術館「生誕100年 山下清展 ― 百年目の大回想」会場より 《スイスの町》(部分)1963年
    《スイスの町》(部分)1963年


    第5章は「円熟期の創作活動」。晩年の清は目の不調から貼絵は少なくなり、ペン画や陶磁器の絵付けが増えていきます。曲面に絵を描く陶磁器の絵付けは高い技術が必要ですが、清は短期間で習得し、専門家を驚かせています。

    1965年からは東海道五十三次の制作を始めるものの、脳溢血で倒れ、1971年に死去。まだ49歳の若さでした。


    SOMPO美術館「生誕100年 山下清展 ― 百年目の大回想」会場より (右)《かたつむり》1956年
    (右)《かたつむり》1956年


    テレビドラマの「裸の大将放浪記」のモデルとしても知られる山下清。高い知名度を誇りますが、あらためて作品に向き合うと、その超人的な技には驚嘆させられると思います。

    生誕100年を記念した本展。兵庫、長野、滋賀と巡回し、東京展が4会場目。この後も巡回します。会場と会期はこちらです

    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2023年6月23日 ]

    所蔵の表記が無いものはすべて山下清作品管理事務所蔵 © Kiyoshi Yamashita / STEPeast 2023

    SOMPO美術館「生誕100年 山下清展 ― 百年目の大回想」会場風景
    《放浪中に使用したリュックサック》
    (左から)《ラ・ムスメ(娘)—ゴッホによる》1940年 / 《自分の顔》1950年
    (左から)《スイス風景》1963年 / 《スイス風景》製昨年不詳
    《コペンハーゲンの人魚像》1961年
    (左から)《蝶々》1956年 / 《長岡の花火(有田焼)》1957年
    会場
    SOMPO美術館
    会期
    2023年6月24日(土)〜9月10日(日)
    会期終了
    開館時間
    10:00 - 18:00
    (入館は閉館30分前まで)
    休館日
    月曜日 ※ ただし7/17は開館
    住所
    〒160-8338 東京都新宿区西新宿1-26-1
    電話 050-5541-8600(ハローダイヤル)
    公式サイト https://www.sompo-museum.org/
    料金
    当日券
    一般 1,400円
    大学生 1,100円
    小中高校生 無料
    障がい者手帳をお持ちの方 無料
    展覧会詳細 生誕100年 山下清展ー百年目の大回想 詳細情報
    このレポートに関連する特集
    東京国立博物館「特別展 古代メキシコ」はメキシコを代表する3つの文明に着目。「光」をテーマにした作品が国立新美術館に来日する「テート美術館展」。東京国立近代美術館では「ガウディとサグラダ・ファミリア展」。
    おすすめレポート
    学芸員募集
    【公益財団法人札幌市芸術文化財団】 学芸員(正職員)募集中! [札幌芸術の森美術館 他]
    北海道
    【DIC川村記念美術館】学芸員・レジストラーを募集しています [DIC川村記念美術館]
    千葉県
    (公財)東京都人権啓発センター 契約職員(専門員)募集 [東京都人権啓発センター(東京都人権プラザ)]
    東京都
    【公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団】学芸員募集 [ポーラ伝統文化振興財団(品川区西五反田)141-0031 東京都品川区西五反田2-2-10 ポーラ五反田第二ビル]
    東京都
    熊本県 学芸員(考古学・3名程度)募集! [熊本県教育庁等]
    熊本県
    展覧会ランキング
    1
    国立西洋美術館 | 東京都
    モネ 睡蓮のとき
    開催まであと109日
    2024年10月5日(土)〜2025年2月11日(火)
    2
    東京国立博物館 | 東京都
    カルティエと日本 半世紀のあゆみ 『結 MUSUBI』展 ― 美と芸術をめぐる対話
    開催中[あと40日]
    2024年6月12日(水)〜7月28日(日)
    3
    国立西洋美術館 | 東京都
    内藤コレクション 写本 — いとも優雅なる中世の小宇宙
    開催中[あと68日]
    2024年6月11日(火)〜8月25日(日)
    4
    皇居三の丸尚蔵館 | 東京都
    第4期「三の丸尚蔵館の名品」
    もうすぐ終了[あと5日]
    2024年5月21日(火)〜6月23日(日)
    5
    SOMPO美術館 | 東京都
    ロートレック展 時をつかむ線
    開催まであと4日
    2024年6月22日(土)〜9月23日(月)