IM
    レポート
    あの世の探検 ― 地獄の十王勢ぞろい ―
    静嘉堂文庫美術館 | 東京都
    あの世とはどのような世界なのか。極楽浄土へ救済するための仏教美術を紹介
    「十王図・二使者図」「地蔵菩薩十王図」全13幅を24年ぶりに同一空間で展示
    子どもを守るために描かれた、中国の12の霊獣が登場する「十二霊獣図巻」も

    古くから現世から離れた冥界では、閻魔大王など10人の大王が罪業を裁くと考えられ、人々は亡者の極楽往生を願って十王図に祈りをささげて、十王を供養してきました。

    静嘉堂の創設者の岩﨑彌之助は、明治期の廃仏毀釈により東洋の優れた文化財が散逸することを憂いて、仏教絵画の蒐集につとめてきました。丸の内に移転後初めてとなる仏教美術を紹介する展覧会が、静嘉堂@丸の内で開催中です。


    静嘉堂文庫美術館「あの世の探検 ― 地獄の十王勢ぞろい ―」会場入口
    静嘉堂文庫美術館「あの世の探検 ― 地獄の十王勢ぞろい ―」会場入口


    第1章「極楽浄土への招待」では、中国や朝鮮半島、日本における釈迦如来、阿弥陀如来、観音菩薩が並びます。

    まず紹介するのは「法華経」に基づいて霊鷲山での釈迦による説法の場面や、さまざまな奇跡の場面を描いた南宋時代の作品。苦しみから解放され幸せに暮らす方法のひとつ仏教をといた如来の姿や、人により沿って願いにこたえる菩薩の姿が登場し、日本の説話画にも大きく影響を与えた作品です。


    《妙法蓮華経変相図》南宋時代 12~13世紀
    《妙法蓮華経変相図》南宋時代 12~13世紀


    日本に仏教美術がもたらされた時期は正確には分かっていませんが、鎌倉・室町時代の僧侶の交流や唐物貿易により、江戸時代までには寺院や大名家に帰属したものが多くあります。

    《釈迦十六善神図》では、説法印を結ぶ釈迦如来とその周りを囲む四天王や神将・鬼神など21の仏の姿が見られます。画面の右下に「久隅」「守景」が捺されていることから、狩野探幽の弟子にあたる久隅守景の作と知られるもので、2017年度の解体修理後初の公開となります。


    (左から)《如意輪観音像》南北朝時代14世紀 / 《千手観音二十八部衆像》南北朝時代 14世紀 / 《釈迦十六善神図》久隅守景筆 江戸時代 17世紀後半
    (左から)《如意輪観音像》南北朝時代14世紀 / 《千手観音二十八部衆像》南北朝時代 14世紀 / 《釈迦十六善神図》久隅守景筆 江戸時代 17世紀後半


    同じく修理後に初公開となったのは、奈良の當麻寺に伝わる根本曼荼羅に基づいて作られた浄土曼荼羅の総称「当麻曼荼羅」を描いた作品です。

    中央の内陣には、阿弥陀如来と観音・勢至菩薩などが集う極楽浄土を表し、下方の宝池には童子や水鳥が遊ぶ様子が見えます。最上部に群青や、その下に銀泥を施しつつ、截金と金泥を全体に用いた鎌倉時代のものです。


    《当麻曼荼羅》鎌倉時代 14世紀
    《当麻曼荼羅》鎌倉時代 14世紀


    展覧会で最も見どころとなるのが、第2章「地獄の十王ここにあり」。《十王図・二使者図》と《地蔵菩薩十王図》の全13幅が1999年の「仏教の美術」展で初公開されて以来、24年ぶりに一堂に展観され、1幅ずつ冥界の世界を堪能することができます。


    《十王図・二使者図》元~明時代 14世紀 / 《地蔵菩薩十王図》高麗時代 14世紀
    《十王図・二使者図》元~明時代 14世紀 / 《地蔵菩薩十王図》高麗時代 14世紀


    冥界で生前の罪を裁くといわれる10人の王・十王を描いた「十王図」は、中国では宋時代以降、日本でも鎌倉時代以降に浄土教信仰の盛行とともに描かれた題材です。

    裁きをする十王と、頭巾をかぶり手に大宝珠を掲げた地獄に出向いて亡者を救済する地蔵菩薩。十王の足元には細密でありながら鮮やかな色彩と威風堂々とした立体感で、地獄の獄卒らが描かれます。


    (中央)《地蔵菩薩十王図》高麗時代 14世紀
    (中央)《地蔵菩薩十王図》高麗時代 14世紀


    中国に由来する空想上の十二種類の獣が登場するのは《十二霊獣図巻》。悪鬼や悪獣を払う効果があるとされ、子供の部屋の屏風に貼られて使われたもので、キリンの類の角獣や魔よけの霊獣である白沢、三角獣や天馬などが色鮮やかに描かれています。


    《十二霊獣図巻》室町時代 16世紀
    《十二霊獣図巻》室町時代 16世紀


    第3章「昇天した遊女」では《普賢菩薩像》と円山応挙の作品が並んでいます。《普賢菩薩象》は、象に乗った普賢菩薩が法華経信仰者を守護するため東方から現れた姿が描かれた、宋代仏画に倣ったとされる鎌倉時代の作品です。

    一方の円山応挙による《江口君図》は、象の背に腰掛けた前帯の装いをした遊女・江口君の亡霊を普賢菩薩に見立てたものです。江口君を生身の美人として描かずに、髪の毛一本一本まで綿密に気品溢れる佇まいで表現したこの作品は、応挙の写生画の真骨頂と言え、四条派を中心に上方美人画に大きな影響を与えました。


    (左から)《普賢菩薩像》鎌倉時代 13世紀 / 《江口君図》円山応挙筆 江戸時代 寛政6年(1794)
    (左から)《普賢菩薩像》鎌倉時代 13世紀 / 《江口君図》円山応挙筆 江戸時代 寛政6年(1794)


    猛暑が続くこの季節。丸の内の静嘉堂文庫美術館へは、地下通路を使って来館することが可能です。《十王図・二使者図》、《地蔵菩薩十王図》に囲まれ涼しい“あの世探検”を終えた後は、ミュージアムショップへ。ホワイエに展示されている静嘉堂で最も古い仏様《金銅観世音菩薩像》が、ピンズになって登場しています。

    [ 取材・撮影・文:坂入 美彩子 2023年8月10日 ]

    《木造兜跋毘沙門天立像》平安時代 10世紀
    《百万塔および百万塔陀羅尼》奈良時代 神護景雲4年(770)
    《地獄極楽めぐり図》河鍋暁斎筆 明治2~5年(1869~72)
    《銅製経筒(嘉應経筒)》平安時代 嘉応2年(1170)
    ミュージアムショップ ぽち袋
    ミュージアムショップ 天下人の手中にあり続けた付藻茄子のハンカチ、絵はがき、マスキングテープ
    会場
    静嘉堂@丸の内
    会期
    2023年8月11日(金)〜9月24日(日)
    会期終了
    開館時間
    10:00 – 17:00 (入館は16:30まで)。
    金曜日は18:00 (入館は17:30)まで。
    休館日
    月曜日、9月19日(火) ※9月18日(月・祝)は開館
    住所
    〒100-0005 東京都千代田区丸の内2-1-1 明治生命館1F
    電話 050-5541-8600(ハローダイヤル)
    公式サイト https://www.seikado.or.jp/
    料金
    一般 1500円
    大高生 1000円
    障がい者手帳をお持ちの方(同伴者1名〈無料〉を含む) 700円
    中学生以下 無料
    展覧会詳細 あの世の探検 ― 地獄の十王勢ぞろい ― 詳細情報
    おすすめレポート
    学芸員募集
    (公財)東京都人権啓発センター 契約職員(専門員)募集 [東京都人権啓発センター(東京都人権プラザ)]
    東京都
    荻窪三庭園担当 契約社員募集! [荻窪三庭園]
    東京都
    【公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団】学芸員募集 [ポーラ伝統文化振興財団(品川区西五反田)141-0031 東京都品川区西五反田2-2-10 ポーラ五反田第二ビル]
    東京都
    丹青研究所 アルバイト募集(長期/短期 設計室) [株式会社 丹青研究所]
    東京都
    丹青研究所 アルバイト募集(企画コンテンツ室) [株式会社 丹青研究所]
    東京都
    展覧会ランキング
    1
    皇居三の丸尚蔵館 | 東京都
    第4期「三の丸尚蔵館の名品」
    開催中[あと27日]
    2024年5月21日(火)〜6月23日(日)
    2
    国立西洋美術館 | 東京都
    モネ 睡蓮のとき
    開催まであと131日
    2024年10月5日(土)〜2025年2月11日(火)
    3
    東京オペラシティ アートギャラリー | 東京都
    宇野亞喜良展 AQUIRAX UNO
    開催中[あと20日]
    2024年4月11日(木)〜6月16日(日)
    4
    森アーツセンターギャラリー | 東京都
    MUCA展 ICONS of Urban Art ~バンクシーからカウズまで~
    もうすぐ終了[あと6日]
    2024年3月15日(金)〜6月2日(日)
    5
    東京都美術館 | 東京都
    デ・キリコ展
    開催中[あと94日]
    2024年4月27日(土)〜8月29日(木)