IM
    レポート
    もじ イメージ Graphic 展
    21_21 DESIGN SIGHT | 東京都
    日本語の文字とデザインの歴史をもとに、グラフィックデザインを紐解く
    国内外54組のグラフィックデザイナーやアーティストによるプロジェクト
    文字とデザインの楽しさや豊かさを再発見できる、13からなるテーマ展示

    日常生活で目にするさまざまなビジュアル情報。1990年代以降のグラフィックデザインをテーマに、日本語と文字のデザインの歴史を前提に紐解いていく展覧会が、21_21 DESIGN SIGHTで開催中です。


    21_21 DESIGN SIGHT 会場入口
    21_21 DESIGN SIGHT 会場入口


    会場内のギャラリー2では、国内外54組のグラフィックデザイナーやアーティストによるクリエイションを、「造形性」「身体性」「メディア」などの13のテーマに分けて紹介しています。ここではいくつかのセクションを取り上げていきます。


    「もじ イメージ Graphic 展」会場風景
    「もじ イメージ Graphic 展」会場風景


    コンピューターの低価格化やデジタルツールやフォントの拡充によってグラフィックデザインの制作環境がデジタルに移行した2000年代。その一方で存在感を発揮したのが、絵を描くように文字や図形を自在に構成するグラフィック表現です。

    テーマ「造形と感性」では、50年代から活躍し、若い世代に再評価されている仲條正義や服部一成、菊池敦己の作品を紹介します。


    会場風景(ギャラリー2:テーマ「造形と感性」)
    会場風景(ギャラリー2:テーマ「造形と感性」)


    2010年代には、広告から出版、ファッションや都市空間まで、あらゆるメディアに人物イラストの使用が増えていきます。日本の携帯電話に由来する絵文字も世界的に用いられるようになったのもこの時期です。

    みふねたかしによるフリー素材やNoritakeの線画表現は、出版や広告、ファッションとイラストの関係を一新し、“時代の表現”となりました。


    会場風景(ギャラリー2:テーマ「言葉とイラストレーション」)
    会場風景(ギャラリー2:テーマ「言葉とイラストレーション」)


    2000年台以降には、漫画やアニメにおける領域においても、デザインの意識が高まります。

    漫画というメディアが日本において特殊な発展を遂げた背景には、漢字と仮名の複数文字を併用して“図として見ること”と、“音として読むこと”を同時に行う日本語の構造があるとも言われています。


    会場風景(ギャラリー2:テーマ「キャラクターと文字」)
    会場風景(ギャラリー2:テーマ「キャラクターと文字」)


    ここでは漫画装丁のパイオニア・祖父江慎をはじめ、現代アニメ・漫画のコンテンツの最前線で活動するクリエイターの事例を紹介しています。


    会場風景(ギャラリー2:テーマ「キャラクターと文字」)
    会場風景(ギャラリー2:テーマ「キャラクターと文字」)


    日本の文字の特質を活かしたデザインを開拓した田中一光などの先駆的なデザイナーが活躍する一方で、アルファベットによるスタイリッシュな演出も生み出されてきました。

    日本のクリエイターたちは、欧米の映画や音楽、ファッションに大きく影響を受けながら独自の成果を生み出してきました。


    会場風景(ギャラリー2:テーマ「ファッションとカルチャー」)
    会場風景(ギャラリー2:テーマ「ファッションとカルチャー」)


    今日では文化のトレンドは、動画や画像のプラットフォームが媒体となって、言語以上にビジュアルやサウンドによる感覚を通じてグローバルな規模で共有されています。グラフィックデザインにおいても、インターネットの普及以降、グローバルなトレンドが見られるようになっています。

    現在のグローバル社会における文化生産においては、異なる文化間の翻訳がカギとなると言われている中でデザイナーは、その内容をグラフィック的に翻訳、固定、発信することが重要な位置付けになってきています。


    「グローバル性と固有性」会場風景
    「グローバル性と固有性」会場風景


    グラフィックデザインの成り立ちや面白さ、豊かさを発見できる今回の展覧会。会場入口の展覧会ディレクターの室賀清徳、後藤哲也、加藤賢策によるメッセージパネルのタイポグラフィや絵文字からも、3者3様の表現を感じることができます。

    [ 取材・撮影・文:古川 幹夫、坂入 美彩子 2023年11月23日 ]

    もじ イメージ Graphic 展 会場風景
    会場風景(ギャラリー2)
    会場風景(ギャラリー2)
    会場風景(ギャラリー2)
    会場風景(ギャラリー2)
    会場風景(ギャラリー2)
    会場
    21_21 DESIGN SIGHT
    会期
    2023年11月23日(木)〜2024年3月10日(日)
    会期終了
    開館時間
    10:00 - 19:00(入場は18:30まで)
    休館日
    火曜日(12月26日は開館)、年末年始(12月27日 - 1月3日)
    住所
    〒107-0052 東京都港区赤坂9-7-6 東京ミッドタウン ミッドタウン・ガーデン
    電話 03-3475-2121
    公式サイト https://www.2121designsight.jp/
    料金
    一般1,400円、大学生800円、高校生500円、中学生以下無料
    展覧会詳細 もじ イメージ Graphic 展 詳細情報
    おすすめレポート
    学芸員募集
    大阪府立弥生文化博物館 学芸員(常勤・非常勤)募集中! [大阪府立弥生文化博物館]
    大阪府
    【2024年5月開館】「名古屋刀剣ワールド/名古屋刀剣博物館」正規学芸員を募集! [愛知県名古屋市中区栄3丁目35番43号(名古屋刀剣ワールド/名古屋刀剣博物館)]
    愛知県
    【DIC川村記念美術館】学芸員・レジストラーを募集しています [DIC川村記念美術館]
    千葉県
    令和6年度公益財団法人群馬県埋蔵文化財調査事業団 調査研究員(正規職員)募集 [公益財団法人群馬県埋蔵文化財調査事業団]
    群馬県
    しょうけい館(戦傷病者史料館) 学芸スタッフの募集 [しょうけい館(戦傷病者史料館)]
    東京都
    展覧会ランキング
    1
    国立西洋美術館 | 東京都
    モネ 睡蓮のとき
    開催まであと82日
    2024年10月5日(土)〜2025年2月11日(火)
    2
    SOMPO美術館 | 東京都
    ロートレック展 時をつかむ線
    開催中[あと70日]
    2024年6月22日(土)〜9月23日(月)
    3
    国立新美術館 | 東京都
    CLAMP展
    開催中[あと70日]
    2024年7月3日(水)〜9月23日(月)
    4
    日本科学未来館 | 東京都
    刀剣乱舞で学ぶ 日本刀と未来展 -刀剣男士のひみつ-
    開催中[あと91日]
    2024年7月10日(水)〜10月14日(月)
    5
    東京国立博物館 | 東京都
    カルティエと日本 半世紀のあゆみ 『結 MUSUBI』展 ― 美と芸術をめぐる対話
    もうすぐ終了[あと13日]
    2024年6月12日(水)〜7月28日(日)