IM
    レポート
    国宝 興福寺仏頭展
    東京藝術大学大学美術館 | 東京都
    大迫力の仏頭は、裏側からも観覧可能
    奈良の古刹、興福寺。1300年もの長きにわたって、数多くの仏教美術を守り伝えてきました。同寺の代表的な名宝である国宝《銅造仏頭》をはじめ、東金堂ゆかりの名品を展観する記念展が、東京藝術大学大学美術館で開催中です。
    国宝《銅造仏頭》白鳳時代、興福寺蔵
    興福寺から刊行された木版刷りの経典「春日版」の板木が並ぶ
    重要文化財《護法善神扉絵》 左から「阿難尊者像」「増長天王像」「帝釈天像」
    左から重要文化財《慈恩大師像》、重要文化財《淄州大師像》
    国宝《板彫十二神将像》 左から「毘羯羅大将像」「珊底羅大将像」「波夷羅大将像」
    会場
    国宝《木造十二神将立像》 左から「頞儞羅大将立像」「珊底羅大将立像」
    後ろから見た国宝《銅造仏頭》
    重要文化財《銅造釈迦如来倚像》
    国宝25点、重要文化財31点などやく70点が出展される豪華なラインナップで、開幕前から話題を呼んでいた興福寺仏頭展。巡回はせず、東京藝術大学大学美術館だけでの開催となります。


    会場入口から

    展覧会の見どころのひとつは、2組の国宝十二神将。国宝に指定されている十二神将は全国で4件ありますが、そのうちの2件が興福寺にあり、2組同時に寺外で展示されるのは初めてです。

    国宝《板彫十二神将像》は、地下2階で展示されています。平安時代に作られたもので、各々の厚さは3センチほどですが、構図を工夫して見事に立体感を表現しています。


    国宝《板彫十二神将像》平安時代、興福寺蔵

    もうひと組の国宝《木造十二神将立像》は3階で紹介。メインの国宝《銅造仏頭》を守るような会場構成は、なかなか壮観です。《木造十二神将立像》と《銅造仏頭》は、もともとはともに東金堂にありましたが、15世紀初頭の火災で本尊がかわったため、実に約600年ぶりの再会となりました。

    そして、最大の注目である国宝《銅造仏頭》。破損仏ながら国宝に指定されているという異例の存在です。頭部だけでも高さは98.3センチあり、かなりの存在感。しかも本展では後ろ側に回ってみることも可能です。

    文献なども見つかっていないため、火災で破損する前がどういう姿だったのか現時点では不明。近くまで寄って見て、想像力を働かせてみてください。


    国宝《銅造仏頭》は、後ろに回っての鑑賞も可能

    会場の最後には、特別陳列として同じ白鳳時代の仏像である東京・深大寺の重要文化財《銅造釈迦如来倚像》も展示されています。

    千葉・龍角寺の薬師如来坐像頭部と並ぶ、関東伝来の白鳳仏(龍角寺の白鳳仏はこちら)。凛々しい面相の洗練された作風は、中央でつくられて当地にもたらされたものと見られています。


    重要文化財《銅造釈迦如来倚像》

    本展では、仏像好きとして知られるイラストレーターのみうらじゅんさんと、作家・クリエーターのいとうせいこうさんの2人が「仏頭大使」に就任、オリジナルグッズを開発しています。トートバッグやTシャツなどの定番だけでなく、「仏頭ループタイ」や、蓮の模様の「ロータスクッション」などレアなグッズも。会期中のみの限定販売ですので、お見逃しなく。
    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2013年9月2日 ]

    見仏記6 ぶらり旅篇

    いとう せいこう (著), みうら じゅん (著)

    角川書店
    ¥ 580

    料金一般当日:1,500円
     → チケットのお求めはお出かけ前にicon

     
    会場
    会期
    2013年9月3日(火)~11月24日(日)
    会期終了
    開館時間
    10:00~17:00(入館は午後16:30まで)
    休館日
    月曜日休館 ただし 9月16日、9月23日、10月14日、11月4日は開館。9月17日、9月24日、10月15日、11月5日は休館。
    住所
    東京都台東区上野公園12-8
    電話 03-5777-8600(ハローダイヤル)
    公式サイト http://butto.exhn.jp/
    料金
    一般 1,500(1,300/1,200)円/高校・大学生 1,000(800/700)円
    ※中学生以下無料
    ※()内は前売料金/20名以上の団体料金
    ※前売券は6月1日(土)~9月2日(月)まで。主要プレイガイドで販売
    展覧会詳細 国宝 興福寺仏頭展 詳細情報

    展覧会ランキング
    1
    東京国立博物館 | 東京都
    特別展 国宝 鳥獣戯画のすべて 
    もうすぐ終了[あと8日]
    2021年4月13日(火)〜6月20日(日)
    2
    Bunkamura ザ・ミュージアム | 東京都
    ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展
    開催中[あと15日]
    2021年4月16日(金)〜6月27日(日)
    3
    渋谷区立松濤美術館 | 東京都
    【閉幕】フランシス・ベーコン
    もうすぐ終了[あと1日]
    2021年4月20日(火)〜6月13日(日)
    4
    平塚市美術館 | 神奈川県
    川瀬巴水展
    もうすぐ終了[あと1日]
    2021年4月24日(土)〜6月13日(日)
    5
    国立科学博物館 | 東京都
    大英博物館ミイラ展 古代エジプト6つの物語
    開催まであと124日
    2021年10月14日(木)〜2022年1月12日(水)
    おすすめレポート
    学芸員募集
    大阪大学総合学術博物館 技術補佐員募集 [大阪大学総合学術博物館]
    大阪府
    市川市一般任期付職員(学芸員)募集中! [市川市文学ミュージアム・市川市考古博物館]
    千葉県
    ソフィア・堺のプラネタリウム解説員募集 [ソフィア・堺(堺市教育文化センター)]
    大阪府
    高岡市立博物館 学芸補助(契約職員)募集 [高岡市立博物館]
    富山県
    国立民族学博物館事務補佐員(非常勤)を募集 [国立民族学博物館]
    大阪府

    「⼤堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました


    ミュージアム キャラクター アワード