第31回特別展「越中ふくおかの名刀 ~宇多派の真髄に迫る~」


高岡市福岡歴史民俗資料館

〒 939-0143
富山県 高岡市 福岡町下向田15

公式サイト

期間

2018年10月13日~2018年12月02日
 [終了まであと12日]

内容

越中福岡はかつて、南北朝期に大和の地から移り住んだといわれる刀匠一派「宇多派」が居住した地域であり、以後、江戸期まで名を継ぎながら多くの刀工が活躍しました。宇多派の刀剣は質実剛健の風合いが強く、近年では実用刀として高い評価を受けています。大名や武将など特定層にこだわらず、商人などの庶民へも身分を問わずに作刀したことから、その作域・作風は幅広いものがあります。また大和鍛冶の作刀技術をベースとしながらも多様な刃文を鑑賞できることが、宇多刀の大きな魅力の一つとなっています。

今回の特別展では、その宇多派のもつ多彩な作域を感じ取ることができる作品、県指定文化財二振りを含む名刀約20点余を展示します。古より郷里の人々が代々大切に保管してきた秘蔵の宇多刀を、その産地である福岡で鑑賞いただけることは主催者として至上の喜びです。遥か昔、宇多の刀匠たちがこの地で打ち込めた波動、その真髄を感じ取って頂ければ幸いです。

料金

一般・大学生 300(240)円 / 高校生以下 150(120)円

※( )内は20名以上の団体料金
※土・日・祝日は高校生以下無料

休館日

月曜日、11月6日、11月27日

アクセス

・あいの風とやま鉄道福岡駅から車で10分、能越自動車道福岡ICから車で10分
・新高岡駅、高岡駅から車で30分

マップ この地域のミュージアム

GoogleMapで経路をみる
ツイートをみる