企画展 「18世紀ソウルの日常-ユマンジュ日記の世界」


東京都江戸東京博物館

〒 130-0015
東京都 墨田区 横網1-4-1

公式サイト

期間

2019年10月22日~2019年12月01日 終了
この地域で開催中の展覧会

内容

現在のソウルが漢陽(ハニャン)と呼ばれていた1755年に生まれたユマンジュ(兪晩柱)は、21歳になった1775年1月1日から死没する直前の1787年12月14日までの間、 およそ13年間にわたって日記を書き続けました。 ユマンジュは自らの日記に「欽英(フムヨン)」と名前をつけ、 日々の出来事ばかりでなく、 心のなかの葛藤までも、 ありのまま克明に記録しました。

本展覧会では、 ユマンジュが遺した貴重な日記のうち、 1784年の1年間を取り上げ、 彼の暮らしぶりをとおして漢陽の風景やそこに暮らす人々の日常生活を紹介します。 地方に赴任した父にかわって家長をつとめながら、 少しでもよい住環境をもとめて新しい家に引っ越そうと奮闘したり、 あるいは科挙受験に失敗して打ちひしがれたりしながら、 この時代を誠実、 かつ懸命に生きたユマンジュの姿を当時の社会を彩る様々な資料とともに展示します。

料金

一般 600(480)円 / 大学・専門学校生 480(380)円 / 中学生(都外)・高校生・65歳以上 300(240)円

※()内は20名以上の団体料金
※中・高・大学・専門学校生の方は学生証を、65歳以上の方は年齢を証明するものをご提示ください。
※次の場合は常設展観覧料が無料です。身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方と、その付き添いの方(2名まで)。
※シルバーデー(11月20日)は、65歳以上の方は常設展観覧料が無料です。年齢を証明できるものをご提示ください。
※家族ふれあいの日(11月16・17日)は、都内にお住まいの方で、18歳未満のお子様をお連れの保護者の方2名までの料金が半額となります。保護者が都内在住者であることを証明できるものをお持ちください。

休館日

10月28日(月)、11月5日(火)・11日(月)・18日(月)・25日(月)

アクセス

・JR総武線「両国駅」西口徒歩3分
・都営大江戸線「両国駅」A4出口徒歩1分
都バス錦27・両28・門33・墨38系統、墨田区内循環バス
「すみだ百景すみまるくん・すみりんちゃん(南部ルート)」
「都営両国駅前」下車徒歩3分

マップ この地域のミュージアム

GoogleMapで経路をみる
ツイートをみる