【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]

 

流魄の俳人―松野自得展


群馬県立土屋文明記念文学館

〒 370-3533
群馬県 高崎市 保渡田町2000

公式サイト

期間

2020年01月11日~2020年03月15日 終了
この地域で開催中の展覧会

内容

松野自得は、明治23(1890)年、群編県邑楽郡館林町(現・館林市)に生まれ、後に移った群馬県勢多郡荒砥村(現・前橋市)の最善寺を拠点に全国を巡る旅を続けながら、僧侶、日本画家、書家、文筆家、そして俳人として活躍躍しました。高浜虚子に師事し、「古趣創生」の理念を掲げた俳句維誌「さいかち」の主宰でもあった自得の句は、明るく、童心や郷愁にあふれ、多くの人々に愛吟されています。

木展では、俳句のほかにも、酒脱な俳画から日本画、書、随筆と数々の作品を生み出し、昭和50(1975)年に85歳で亡くなるまでさまざまな創作活動を続けた自得の魅力を、その生涯を通して紹介します。

料金

一般410(320)円 / 大高生200(160)円

休館日

火曜休館(2月11日(火)は開館)、2月12日(水)

アクセス

●JR「高崎」駅からタクシーで約20分
●JR「前橋」駅からタクシーで約28分
●関越自動車道「前橋I.C.」から車で約15分

マップ この地域のミュージアム

GoogleMapで経路をみる
ツイートをみる