温故創生館について



    続いて、温故創生館について。ここでは鞠智城が築かれた時代やその役割、城の構造について、展示と映像で学ぶ事ができます。



    温故創生館 展示風景


    館内ではさまざまな出土品が紹介されていますが、目玉といえるのが《百済系銅造菩薩立像》(常設では展示されていません)。2008年に鞠智城の貯水池跡から出土した仏像です。高さ13センチ足らずの小さな仏像で、足の下にはホゾがある事から、小さな厨子などに入れられて携帯されたものと思われます。

    7世紀後半の百済仏の特徴がみられる事から、百済でつくられて日本に持ち込まれたと考えられます。このような仏像は、百済でもかなり身分が高い人しか持てないので、あるいは鞠智城へ築城を指導にきた百済の亡命貴族が持っていたものかも知れません。



    《百済系銅造菩薩立像》


    同じく貯水池の跡からは、コナラでつくられた鋤(スキ)などの木製品も発掘されています。防衛を任されていた兵士たちですが、その生活は自給自足だったこともうかがえます。

    建物の屋根に用いられた瓦として、平瓦、丸瓦、軒丸瓦も出土。軒先につける軒先瓦には蓮の花をかたどった意匠がみられますが、これも百済由来の様式です。



    鋤などの木製品


    興味深い史料としては、焼けて炭になった籾。米倉の周りから大量に見つかっており、地元では「この地に住んでいた米原長者が、天罰を受けて家屋敷を焼き尽くされた」という伝説がある事から、あるいは何らかのつながりがあるのかもしれません。

    ボランティアによるガイドツアーや、鞠智城の歴史を再発見できる「鞠智城講座」、そして、ころう君の巡回と、積極的な活動を続けている鞠智城。コロナ禍が落ち着いたら、ぜひ天気が良い日に遊びに来ていただければと思います。



    温故創生館の外観


    おすすめレポート
    学芸員募集
    HOSEIミュージアム 任期付専任所員募集! [HOSEIミュージアム]
    東京都
    【中途採用】アートキュレーター/ スペースコンテンツグループ [WHAT MUSEUM]
    東京都
    東広島市立美術館 学芸員募集中! [東広島市立美術館]
    広島県
    川口市立科学館 サイエンスコミュニケーター急募!【契約社員】 [川口市立科学館]
    埼玉県
    契約職員募集(公益財団法人静岡市文化振興財団) [財団事務局、静岡市民文化会館、静岡音楽館、静岡科学館、静岡市美術館、静岡市歴史博物館、静岡市生涯学習センター各施設等]
    静岡県
    展覧会ランキング
    1
    市立伊丹ミュージアム | 兵庫県
    ヨシタケシンスケ展かもしれない
    開催中[あと19日]
    2022年7月15日(金)〜8月28日(日)
    2
    三菱一号館美術館 | 東京都
    ガブリエル・シャネル展 Manifeste de mode
    開催中[あと47日]
    2022年6月18日(土)〜9月25日(日)
    3
    佐賀県立美術館 | 佐賀県
    どがんなっとっと展
    開催中[あと26日]
    2022年7月22日(金)〜9月4日(日)
    4
    駿府博物館 | 静岡県
    柴田ケイコ「パンどろぼう」展
    開催中[あと26日]
    2022年7月17日(日)〜9月4日(日)
    5
    国立西洋美術館 | 東京都
    自然と人のダイアローグ
    開催中[あと33日]
    2022年6月4日(土)〜9月11日(日)