学芸員が選ぶ おすすめミュージアム

    第5回 山塙菜未(ポーラ美術館 学芸員)

    山塙菜未(ポーラ美術館 学芸員)

    ポーラ美術館学芸員の山塙です。箱根の森の中にたたずむポーラ美術館は、ポーラ創業家2代目の鈴木常司(1930-2000)が戦後に収集したコレクションを中心として、様々な企画展を開催してきました。近年は展覧会やコレクションの幅を広げ、近代美術にとどまらず、現代美術の紹介にも積極的に取り組んでいます。

    私は日本近代美術が専門なので、明治~大正期に活躍した日本人画家の作品を取り上げる機会が多いのですが、彼らが影響を受けたゴッホやセザンヌの作品を活用したり、化粧道具のコレクションをごそごそ探って、「女性のよそおい」をテーマに女性像の作品と一緒に紹介したりと、展示内容を考えるうえで収蔵品の豊かさにはいつも助けられています。

    椎野さんが紹介してくれた「森の遊歩道」も当館のアピールポイントのひとつです。野外彫刻や音のインスタレーションを楽しみながら、鳥のさえずりや木々のざわめきにも耳を傾けて、非日常を味わってもらえると嬉しいです。食事中の鹿の親子に遭遇したこともあります。近くで見ると結構怖いです。

    来年はいよいよ開館20周年。4月9日からは記念展「モネからリヒターへ」(~9月6日)が開幕し、近年新たにコレクションに加わった作品もたくさんお披露目しますので、ぜひ遊びにいらしてください。



    Connections―海を越える憧れ、日本とフランスの150」展(2020-2021年) 会場風景 🄫Yurika Kono




    私のおすすめミュージアム

    丸亀市猪熊弦一郎現代美術館

    さて、「おすすめミュージアム」第5回ということで、思いきって首都圏を飛び出し、遠く四国まで足を延ばしてみたいと思います。

    ご紹介したいのは、香川県にある「丸亀市猪熊弦一郎現代美術館」。丸亀駅の目の前に位置する「超・駅近美術館」です。丸亀市ゆかりの画家・猪熊弦一郎(1902-1993)により寄贈された豊富な猪熊作品を鑑賞できるだけでなく、エッジの利いた現代美術の展覧会を堪能できる場所です。

    なんといっても、谷口吉生が設計した建物の美しさに惚れ惚れします。エントランスに至るまでのゆったりとしたファサードはまさに美術館の顔で、猪熊の遊び心あふれる屋外オブジェや巨大な壁画が出迎えてくれます。大竹伸朗展の際には、「宇和島駅」のノスタルジックなネオンサインがこのファサードの上に設置されるという粋な演出もありました。直線的な構造のシンプルな建築ですが、冷たい雰囲気はなく、柔らかな自然光が射し込む内部に足を踏み入れると、洗練された居心地の良い空間に心と体が妙に馴染むのです。

    回廊のようなスペースや7mの天井高を誇る空間など、それぞれの展示室の特性に合わせて作り込まれた美しいインスタレーションには毎回感動します。遠くてなかなか行けるチャンスがありませんが、四国に上陸した際にはまた必ず訪れたい美術館です。


    丸亀市猪熊弦一郎現代美術館 外観
    丸亀市猪熊弦一郎現代美術館 外観
    撮影:増田好郎

    丸亀市猪熊弦一郎現代美術館 展示室C
    丸亀市猪熊弦一郎現代美術館 展示室C
    撮影:増田好郎


    おすすめレポート
    学芸員募集
    泉美術館 学芸員(契約)募集 [公益財団法人 泉美術館]
    広島県
    令和4年度和歌山市職員(学芸員:日本考古学)募集 [文化振興課]
    和歌山県
    清水寺 展覧会運営スタッフ募集! [清水寺]
    京都府
    二条城 展覧会スタッフ募集中! [二条城]
    京都府
    さいたま市任期付き短時間勤務職員(一般行政事務・植物研究分野) [さいたま市教育委員会 文化財保護課]
    埼玉県
    展覧会ランキング
    1
    三菱一号館美術館 | 東京都
    イスラエル博物館所蔵 印象派・光の系譜ーモネ、ルノワール、ゴッホ、ゴーガン
    開催中[あと49日]
    2021年10月15日(金)〜2022年1月16日(日)
    2
    国立民族学博物館 | 大阪府
    ユニバーサル・ミュージアム ―― さわる!“触”の大博覧会
    もうすぐ終了[あと2日]
    2021年9月2日(木)〜11月30日(火)
    3
    国立科学博物館 | 東京都
    大英博物館ミイラ展 古代エジプト6つの物語
    開催中[あと45日]
    2021年10月14日(木)〜2022年1月12日(水)
    4
    東京都美術館 | 東京都
    ゴッホ展─響きあう魂 ヘレーネとフィンセント
    もうすぐ終了[あと14日]
    2021年9月18日(土)〜12月12日(日)
    5
    東京ステーションギャラリー | 東京都
    ハリー・ポッターと魔法の歴史
    開催まであと20日
    2021年12月18日(土)〜2022年3月27日(日)

    「⼤堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました


    ミュージアム 干支コレクション アワード

    ミュージアム キャラクター アワード