《猿》

このキャラの応援メッセージを見る

川合玉堂 1955-56年(昭和30-31)頃

山種美術館

玉堂は、自ら子猿を飼い、繰り返し写生をして制作に活かしていた。独りで寝かすのが可愛そうで毎夜抱いて眠ったエピソードも残されており、猿には非常に詳しくなったという。本作品では、大きな岩から生える蔓にぶら下がる3匹の猿を描いている。猿の手足や顔には、わずかに淡彩が施されているものの、墨の濃淡のみで、嶮しい断崖、しなやかな蔓、柔らかい猿の毛並を自在に描き分けている。玉堂の卓越した水墨の技術をうかがい知ることができる。

担当者からのコメント:この作品は、申年の2016年に際し、新春の特別展「ゆかいな若冲・めでたい大観―HAPPYな日本美術―」に出品予定です。本展では、新年にふさわしくさまざまな吉祥のモティーフや干支を画題として描かれた作品を選りすぐって展示いたします。また、本年開館50周年を迎える当館では、「奥村土牛展」、「速水御舟展」など当館コレクションを中心に名品の数々をご紹介する開館記念特別展を企画中です。皆様のご来館を心よりお待ちしております!(山種美術館館長 山﨑妙子)

このキャラの応援メッセージを見る
この作品に投票する
投票は締め切りました。たくさんの応援ありがとうございました。

展覧会ランキング
1
三菱一号館美術館 | 東京都
イスラエル博物館所蔵 印象派・光の系譜ーモネ、ルノワール、ゴッホ、ゴーガン
開催中[あと80日]
2021年10月15日(金)〜2022年1月16日(日)
2
国立科学博物館 | 東京都
大英博物館ミイラ展 古代エジプト6つの物語
開催中[あと76日]
2021年10月14日(木)〜2022年1月12日(水)
3
東京都美術館 | 東京都
ゴッホ展─響きあう魂 ヘレーネとフィンセント
開催中[あと45日]
2021年9月18日(土)〜12月12日(日)
4
PLAY! MUSEUM | 東京都
「ぐりとぐら しあわせの本」展
開催中[あと150日]
2021年4月10日(土)〜2022年3月27日(日)
5
東京国立博物館 | 東京都
イスラーム王朝とムスリムの世界 
開催中[あと115日]
2021年7月6日(火)〜2022年2月20日(日)
おすすめレポート
学芸員募集
静岡県職員(職務経験者)(学芸員:日本の近代美術(洋画等))募集 [静岡県立美術館]
静岡県
中野区 学芸員(正規職員)募集しています [中野区役所 本庁舎]
東京都
東京国立博物館 有期雇用職員(情報管理室)の公募について [東京国立博物館]
東京都
川崎市市民ミュージアム 「かわさき市美術展」短期アルバイト募集!! [川崎市市民ミュージアム※応募方法内の詳細確認]
神奈川県
仙台市博物館 学芸員(日本美術史)募集中! [仙台市博物館]
宮城県

「⼤堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました


ミュージアム キャラクター アワード

ミュージアム 干支コレクション アワード