《東萊里の朝・萬年台の夕》

このキャラの応援メッセージを見る


東萊里の朝・萬年台の夕 都路華香(1870-1931) 1920年(大正9年) 紙本着色 軸 対幅 各168.1 × 90.5 cm 京都市美術館蔵

京都市京セラ美術館


左幅には朝餉の支度に勤しむ女性、右幅には丘の上で草を食む牛たちと一日を見送る男性の姿が描かれる。青、緑、茶を中心とする色彩の中で、人々の衣服の白が目を射る。朝鮮を訪れその風俗に取材し、縦長画面に大胆な構図で異国の情景を表している。


作者:都路華香(1870-1931)Tsuji Kako

京都市に生まれる。本名辻宇之助。幸野楳嶺に師事し、その門下の四天王の一人に数えられる。博覧会等で好成績をおさめ、文展に第1回から出品、10、11回文展で連続して特選となる。帝展審査員、帝国芸術院会員。京都市立美術工芸学校、同絵画専門学校の校長をつとめ、門下からは富田溪仙らを輩出した。禅に傾倒し、建仁寺の黙雷禅師に参禅して、作品に精神性を盛り込む一方、西洋画の影響を感じさせる新技法を積極的に取り入れ、斬新な作風を拓いた。

このキャラの応援メッセージを見る
この作品に投票する
投票は締め切りました。たくさんの応援ありがとうございました。
おすすめレポート
学芸員募集
虎屋グループの会社が運営する文化施設で管理職募集! [御殿場市東山旧岸邸]
静岡県
東京オペラシティアートギャラリー、事務職員募集中! [東京オペラシティアートギャラリー]
東京都
はつかいち美術ギャラリー 学芸員募集中! [はつかいち美術ギャラリー]
広島県
山梨県立科学館 インフォメーションスタッフ募集 [山梨県立科学館]
山梨県
【令和5年度採用】鳥取市歴史博物館 学芸員(正職員/美術系)募集について [鳥取市歴史博物館(やまびこ館)]
鳥取県
展覧会ランキング
1
寺田倉庫 B&C HALL・E HALL | 東京都
BETTY CATROUX - YVES SAINT LAURENT 唯一無二の女性展
もうすぐ終了[あと3日]
2022年11月19日(土)〜12月11日(日)
2
静嘉堂文庫美術館 | 東京都
響きあう名宝 ― 曜変・琳派のかがやき ―
もうすぐ終了[あと10日]
2022年10月1日(土)〜12月18日(日)
3
アーティゾン美術館 | 東京都
パリ・オペラ座 ― 響き合う芸術の殿堂
開催中[あと59日]
2022年11月5日(土)〜2023年2月5日(日)
4
国立科学博物館 | 東京都
特別展「毒」
開催中[あと73日]
2022年11月1日(火)〜2023年2月19日(日)
5
国立西洋美術館 | 東京都
ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展
開催中[あと45日]
2022年10月8日(土)〜2023年1月22日(日)