《染付 吹墨白兎文 皿》

この作品の応援メッセージを見る

《染付 吹墨白兎文 皿》 伊万里 江戸時代(17世紀前期) 口径21.0㎝ 戸栗美術館所蔵

戸栗美術館


白兎があらわされた初期伊万里の皿。1610年代に日本初の国産磁器として誕生した伊万里焼の中でも比較的早い時期の作例は「初期伊万里」と呼ばれ、白地に青色で文様を表現した「染付(そめつけ)」作品が多く見られます。本作では、兎・雲・短冊の部分はそれぞれの形に切った型を置いて呉須(ごす)顔料を吹き掛けた後、輪郭線を書き足して白抜き文様を表現する吹墨(ふきずみ)の技法が用いられています。


担当者からのコメント

吹墨は中国の古染付に見られる技法であり、初期伊万里は技法面でも意匠面でも中国磁器の影響を受けていることがうかがえます。ただし、兎文様に関しては、古染付とは異なり初期伊万里作品では長い耳と丸くつぶらな瞳を持つ愛らしさを感じさせる容姿のものが多いようです。
新年には、『開館35周年記念特別展 初期伊万里・朝鮮陶磁』(2023年1月15日(日)~3月26日(日)開催予定)にて本作をはじめ、初期伊万里作品を多数出展いたします。是非、ご覧ください。


この作品の応援メッセージを見る
この作品に投票する
投票は締め切りました。たくさんの応援ありがとうございました。
おすすめレポート
学芸員募集
(公財)サントリー芸術財団 サントリー美術館 職員(運営担当)募集 [サントリー美術館]
東京都
読売新聞東京本社事業局 中途採用者募集! [読売新聞東京本社(大手町)]
東京都
【公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団】学芸員募集 [ポーラ伝統文化振興財団(品川区西五反田)141-0031 東京都品川区西五反田2-2-10 ポーラ五反田第二ビル]
東京都
丸沼芸術の森 運営スタッフ募集中! [丸沼芸術の森]
埼玉県
【東京国立博物館】教育普及室 有期雇用職員募集中! [東京国立博物館]
東京都
展覧会ランキング
1
大阪中之島美術館 | 大阪府
没後50年 福田平八郎展
もうすぐ終了[あと12日]
2024年3月9日(土)〜5月6日(月)
2
東京オペラシティ アートギャラリー | 東京都
宇野亞喜良展 AQUIRAX UNO
開催中[あと53日]
2024年4月11日(木)〜6月16日(日)
3
東京ドームシティ Gallery AaMo(ギャラリー アーモ) | 東京都
逆境回顧録 大カイジ展
開催中[あと18日]
2024年3月16日(土)〜5月12日(日)
4
佐川美術館 | 滋賀県
ポケモン×工芸展 ― 美とわざの大発見 ―
開催中[あと46日]
2024年3月30日(土)〜6月9日(日)
5
SOMPO美術館 | 東京都
北欧の神秘 ― ノルウェー・スウェーデン・フィンランドの絵画
開催中[あと46日]
2024年3月23日(土)〜6月9日(日)