《染付 吹墨白兎文 皿》

このキャラの応援メッセージを見る

《染付 吹墨白兎文 皿》 伊万里 江戸時代(17世紀前期) 口径21.0㎝ 戸栗美術館所蔵

戸栗美術館


白兎があらわされた初期伊万里の皿。1610年代に日本初の国産磁器として誕生した伊万里焼の中でも比較的早い時期の作例は「初期伊万里」と呼ばれ、白地に青色で文様を表現した「染付(そめつけ)」作品が多く見られます。本作では、兎・雲・短冊の部分はそれぞれの形に切った型を置いて呉須(ごす)顔料を吹き掛けた後、輪郭線を書き足して白抜き文様を表現する吹墨(ふきずみ)の技法が用いられています。


担当者からのコメント

吹墨は中国の古染付に見られる技法であり、初期伊万里は技法面でも意匠面でも中国磁器の影響を受けていることがうかがえます。ただし、兎文様に関しては、古染付とは異なり初期伊万里作品では長い耳と丸くつぶらな瞳を持つ愛らしさを感じさせる容姿のものが多いようです。
新年には、『開館35周年記念特別展 初期伊万里・朝鮮陶磁』(2023年1月15日(日)~3月26日(日)開催予定)にて本作をはじめ、初期伊万里作品を多数出展いたします。是非、ご覧ください。


このキャラの応援メッセージを見る
この作品に投票する
投票は締め切りました。たくさんの応援ありがとうございました。
おすすめレポート
学芸員募集
やなせたかし記念館 職員募集中! [香美市立やなせたかし記念館]
高知県
さいたま文学館 学芸員募集! [さいたま文学館(桶川市若宮1-5-9)]
埼玉県
会計年度職員(埋蔵文化財担当)の募集 [山形県鶴岡市上山添字文栄100 櫛引庁舎]
山形県
岐阜関ケ原古戦場記念館 学芸員募集! [岐阜関ケ原古戦場記念館]
岐阜県
【国立美術館本部】研究補佐員(ラーニング部門)公募 [国立アートリサーチセンター(仮称)]
東京都
展覧会ランキング
1
東京都現代美術館 | 東京都
クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ
開催中[あと120日]
2022年12月21日(水)〜2023年5月28日(日)
2
出光美術館 | 東京都
江戸絵画の華 〈第1部〉 若冲と江戸絵画
開催中[あと15日]
2023年1月7日(土)〜2月12日(日)
3
東京都美術館 | 東京都
レオポルド美術館 エゴン・シーレ展 ウィーンが生んだ若き天才」
開催中[あと71日]
2023年1月26日(木)〜4月9日(日)
4
アーティゾン美術館 | 東京都
パリ・オペラ座 ― 響き合う芸術の殿堂
もうすぐ終了[あと8日]
2022年11月5日(土)〜2023年2月5日(日)
5
国立科学博物館 | 東京都
特別展「毒」
開催中[あと22日]
2022年11月1日(火)〜2023年2月19日(日)