《兎》

この作品の応援メッセージを見る

《兎》 高村光太郎 1899年頃

東京国立近代美術館


高村光太郎の父は、仏師としても活躍した高村光雲。鷲の羽根を握りしめて空をにらむ《老猿》(1893年、東京国立博物館蔵)が最も有名です。光太郎は、1910年代に日本に紹介された彫刻家ロダンのスタイルを吸収しながら独自の表現を生み出していきますが、この《兎》はそれよりも前、彫刻という西洋由来の概念が浸透しつつあった時期の作品です。小品ながら、体を少しひねったポーズをとることでしなやかな動きを感じさせるとともに、耳からつま先に至るまで、毛並みも精緻に刻み込まれているところに、父・光雲から学んだ技術が光ります。



この作品の応援メッセージを見る
この作品に投票する
投票は締め切りました。たくさんの応援ありがとうございました。
おすすめレポート
学芸員募集
(公財)東京都人権啓発センター 契約職員(専門員)募集 [東京都人権啓発センター(東京都人権プラザ)]
東京都
荻窪三庭園担当 契約社員募集! [荻窪三庭園]
東京都
【公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団】学芸員募集 [ポーラ伝統文化振興財団(品川区西五反田)141-0031 東京都品川区西五反田2-2-10 ポーラ五反田第二ビル]
東京都
すみだ北斎美術館 経理・総務スタッフ 募集! [墨田区亀沢2-7-2(すみだ北斎美術館)]
東京都
国立歴史民俗博物館一般職員 募集中! [国立歴史民俗博物館]
千葉県
展覧会ランキング
1
国立西洋美術館 | 東京都
モネ 睡蓮のとき
開催まであと135日
2024年10月5日(土)〜2025年2月11日(火)
2
東京オペラシティ アートギャラリー | 東京都
宇野亞喜良展 AQUIRAX UNO
開催中[あと24日]
2024年4月11日(木)〜6月16日(日)
3
森アーツセンターギャラリー | 東京都
MUCA展 ICONS of Urban Art ~バンクシーからカウズまで~
もうすぐ終了[あと10日]
2024年3月15日(金)〜6月2日(日)
4
SOMPO美術館 | 東京都
北欧の神秘 ― ノルウェー・スウェーデン・フィンランドの絵画
開催中[あと17日]
2024年3月23日(土)〜6月9日(日)
5
静嘉堂@丸の内(静嘉堂文庫美術館) | 東京都
画鬼 河鍋暁斎×鬼才 松浦武四郎
開催中[あと17日]
2024年4月13日(土)〜6月9日(日)