《龍図彫刻塗菓子器》

この作品の応援メッセージを見る

《龍図彫刻塗菓子器》 

高岡市立博物館


本作品は高岡漆器(しっき)の代表的な技法の一つ「彫刻塗(ちょうこくぬり)」で作られた菓子器です。半球状の蓋の上部中央には龍が彫られ、昭和15年(1940)頃の作とみられます。
高岡漆器は慶長14年(1609)、加賀前田家2代当主・前田利長による高岡開町後まもなく始まったとされ、のちに中国の技が伝わり、名人たちによって多くの技が生み出されてきました。
彫刻塗は江戸中期の名工・辻丹甫(つじ・たんぽ)の技法に始まります。木地を彫刻して錆漆(さびうるし)を塗り、漆を何度も塗っては磨き、彩漆(いろうるし)で模様を描き、古味(ふるび)(灰墨(はいずみ))を溝に付けて、最後は手のひらで磨いて仕上げる技法で、富山県工芸学校(現・県立高岡工芸高等学校)教諭・村上九郎作(くろさく)が、明治30年(1897)に「鯛盆(たいぼん)」を開発したことで産業デザインとして確立します(デザインは校長の納富介次郎(のうとみ・かいじろう))。その後、鯛盆などの手ぐり盆や鯛菓子器などのヒットにより産業として発展し、海外にも輸出されました。


担当者からのコメント

“漆芸の街”として400年以上の伝統を誇る高岡。その高岡漆器の代表的技法・彫刻塗の技法や魅力を感じられる作品となっています。龍の周りに見えるのは雲なのか、それとも水面なのか? そこからひょっこりと顔を出す龍のツブラな瞳がとても可愛いらしいです! 皆さんの心温まる一票をどうぞよろしくお願いいたします。

この作品の応援メッセージを見る
この作品に投票する
投票は締め切りました。たくさんの応援ありがとうございました。
おすすめレポート
学芸員募集
八尾市歴史民俗資料館 学芸員募集中! [八尾市歴史民俗資料館での学芸員職]
大阪府
米子市美術館 学芸補助員(嘱託職員)募集 [米子市美術館]
鳥取県
【パート】中野区立歴史民俗資料館 運営業務補助スタッフ 募集! [【中野区立歴史民俗資料館】中野区江古田四丁目3番4号]
東京都
東京国立博物館 広報室 有期雇用職員募集中 [東京国立博物館]
東京都
【文化学園服飾博物館】学芸員アシスタント(アルバイト)募集 [文化学園服飾博物館]
東京都
展覧会ランキング
1
紅ミュージアム | 東京都
企画展「ミニチュア愛(らぶ)!」
開催中[あと37日]
2024年2月20日(火)〜4月7日(日)
2
東京都美術館 | 東京都
印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵
開催中[あと37日]
2024年1月27日(土)〜4月7日(日)
3
東京国立博物館 | 東京都
特別展「本阿弥光悦の大宇宙」
もうすぐ終了[あと9日]
2024年1月16日(火)〜3月10日(日)
4
名古屋市美術館 | 愛知県
ガウディとサグラダ・ファミリア展
もうすぐ終了[あと9日]
2023年12月19日(火)〜2024年3月10日(日)
5
パナソニック汐留美術館 | 東京都
フランク・ロイド・ライト 世界を結ぶ建築
もうすぐ終了[あと9日]
2024年1月11日(木)〜3月10日(日)