生誕100年 回顧展 石本 正

    島根県立美術館【改修工事のため休館中】 | 島根県

    石本正(1920-2015)は島根県浜田市三隅町に生まれ、京都で活躍した日本画家です。 戦後すぐに開催された文部省主催の日展に連続出品し、また後進の教育に携わるなど、画家として順調なスタートを切りました。 1950年には創造美術に出品、新制作協会となった後もここを舞台に受賞を重ね、会員に推挙されました。1959年、注目の新世代を集めた轟会に、加山又造、横山操、のちに平山郁夫とともに名を連ねています。 この展覧会は大作を発表する研究会的な性格が話題になりました。また、1960年には初の個展を開催するなど、意欲的に制作してゆきます。 1964年に初のイタリア取材旅行でフレスコ画に感銘を受けると、その後の制作に大きな変化がみられます。1971年51歳で芸術選奨文部大臣賞、そして日本芸術大賞を受賞します。まさに順風満帆の画家としての歩みにおいて一転、石本正は以降の賞を辞退し、描くための時間を大事にしてゆきます。それは同じモチーフを繰り返し描いてゆく、画家としての厳しい執拗さに見出すことができ、「舞妓の画家」として知られるようになるのです。 新制作協会には出品し続け、1974年に創画会を結成する際にも行動を共にしています。この第1回展に、脚光を浴びていた舞妓の裸婦ではなく、鶏頭の花を描くと、継続して花を描いてゆきます。美しさだけでなく、翳りや枯れてゆく運命を予見するようなまなざしには、舞妓の虚飾のうちにあるものに透徹するのと等しく、生けるもの全てへの存在を問いかけるかのようです。 これまで門外不出であった作品を含め、全画業を紹介するために約160点の本画に素描類ほか資料を加えた、初の大規模な回顧展です。 ※感染症対策のため、ご観覧の前に日時指定のご協力をお願いいたします。
    会期
    2021年4月2日(金)〜5月24日(月)
    会期終了
    開館時間
    10:00~日没後30分(展示室への入場は日没時刻まで)
    料金
    【当日券】
    一般 1,000円 / 大学生 600円 / 小中高生 300円
    休館日 火曜日
    公式サイト https://www.shimane-art-museum.jp/
    会場
    島根県立美術館【改修工事のため休館中】
    住所
    〒690-0049 島根県松江市袖師町1-5
    0852-55-4700

    展覧会ランキング
    1
    三菱一号館美術館 | 東京都
    イスラエル博物館所蔵 印象派・光の系譜ーモネ、ルノワール、ゴッホ、ゴーガン
    開催まであと18日
    2021年10月15日(金)〜2022年1月16日(日)
    2
    PLAY! MUSEUM | 東京都
    「ぐりとぐら しあわせの本」展
    開催中[あと181日]
    2021年4月10日(土)〜2022年3月27日(日)
    3
    国立科学博物館 | 東京都
    大英博物館ミイラ展 古代エジプト6つの物語
    開催まであと17日
    2021年10月14日(木)〜2022年1月12日(水)
    4
    東京都美術館 | 東京都
    ゴッホ展 ー 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント
    開催中[あと76日]
    2021年9月18日(土)〜12月12日(日)
    5
    東京国立博物館 | 東京都
    イスラーム王朝とムスリムの世界 
    開催中[あと146日]
    2021年7月6日(火)〜2022年2月20日(日)
    おすすめレポート
    学芸員募集
    国際芸術祭「あいち2022」臨時的任用職員の募集(2022年4月採用) [愛知芸術文化センター]
    愛知県
    国際芸術祭「あいち2022」臨時的任用職員の募集(2022年2月採用) [愛知芸術文化センター]
    愛知県
    国際芸術祭「あいち2022」臨時的任用職員の募集(2021年12月採用) [愛知芸術文化センター]
    愛知県
    狭山市立博物館 副館長募集 [狭山市立博物館]
    埼玉県
    島根県立八雲立つ風土記の丘(公益財団法人しまね文化振興財団)学芸員募集 [島根県立八雲立つ風土記の丘]
    島根県

    「⼤堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました


    ミュージアム キャラクター アワード

    ミュージアム 干支コレクション アワード