川瀬巴水 旅と郷愁の風景

    SOMPO美術館 | 東京都

    大正・昭和の版画家・川瀬巴水(1883-1957)の回顧展。 巴水は、微風に誘われ、太陽や雲、雨を友として旅に暮らし、日本の四季折々の風景を描き、それは原風景を求める旅でもありました。 その版画制作を支えたのが《新版画》運動の推進者、版元の渡邊庄三郎でした。二人の強固な制作欲は、海外にも通用する木版「美」をめざし、今や巴水風景版画は安らぎをもたらす木版画として愛されています。 本展は、まとめて見る機会の少ない連作など貴重な作品で構成し巴水の世界へ誘います。日本伝統木版技術を駆使した詩情豊かな版画群は都会のしばしのオアシスとなることでしょう。 【前期】10月2日(土)~11月14日(日) 【後期】11月17日(水)~12月26日(日)
    会期
    2021年10月2日(土)〜12月26日(日)
    会期終了
    開館時間
    10:00 - 18:00
    (入館は閉館30分前まで)
    料金
    オンラインチケット
    一般 1,300円(1,500円)
    大学生 1,000円(1,100円)
    小中高校生 無料
    障がい者手帳をお持ちの方 無料
    ()は、当日窓口チケット
    ※当日、定員に空きがある場合のみ、美術館受付で当日窓口チケットを販売します。
    休館日 月曜日(ただし、10月11日は開館) 11月16日(火):展示替えのため
    チケットを買う https://www.e-tix.jp/sompo-museum/
    公式サイト https://www.sompo-museum.org/
    会場
    SOMPO美術館
    住所
    〒160-8338 東京都新宿区西新宿1-26-1
    050-5541-8600(ハローダイヤル)
    評価
    川瀬巴水 旅と郷愁の風景のレポート
    3
    大正から昭和にかけて、新しい時代の版画《新版画》で活躍した川瀬巴水
    伝統的な浮世絵版画の技術で、庶民の生活が息づく四季折々の風景を表現
    まとめて見る機会の少ない連作を中心に構成、詩情豊かな作品世界を通覧
    おすすめレポート
    学芸員募集
    HOSEIミュージアム 任期付専任所員募集! [HOSEIミュージアム]
    東京都
    【中途採用】アートキュレーター/ スペースコンテンツグループ [WHAT MUSEUM]
    東京都
    科学館・館外イベント運営担当者募集!(大阪市西区の科学館) [大阪市西区の科学館]
    大阪府
    広島県教育委員会職員(学芸員)採用選考試験 [歴史民俗資料館,歴史博物館等]
    広島県
    国立工芸館任期付研究員(教育普及担当) 公募 [国立工芸館]
    石川県
    展覧会ランキング
    1
    三菱一号館美術館 | 東京都
    ガブリエル・シャネル展 Manifeste de mode
    開催中[あと42日]
    2022年6月18日(土)〜9月25日(日)
    2
    市立伊丹ミュージアム | 兵庫県
    ヨシタケシンスケ展かもしれない
    もうすぐ終了[あと14日]
    2022年7月15日(金)〜8月28日(日)
    3
    駿府博物館 | 静岡県
    柴田ケイコ「パンどろぼう」展
    開催中[あと21日]
    2022年7月17日(日)〜9月4日(日)
    4
    佐賀県立美術館 | 佐賀県
    どがんなっとっと展
    開催中[あと21日]
    2022年7月22日(金)〜9月4日(日)
    5
    国立西洋美術館 | 東京都
    自然と人のダイアローグ
    開催中[あと28日]
    2022年6月4日(土)〜9月11日(日)