山本大貴 ― Dignity of Realism ―

    千葉県立美術館 | 千葉県

    千葉市出身の山本大貴(1982〜)は、写実絵画の次代を担う画家です。 映画を撮るように脚本、モデル、衣装、小道具、照明を綿密に計算して演出し、気品あふれる女性像から、精巧なメカニックをまとった女性像まで、「現代の中に生きる写実絵画」を提示し続けています。 本展は、美術館での初の個展となります。
    会期
    2022年1月25日(火)〜3月21日(月)
    会期終了
    開館時間
    午前9時~午後4時30分
    料金
    一般300円、高校・大学生150円
    65歳以上、中学生以下、障害者手帳をお持ちの方及び介護者1名は無料
    休館日 毎週月曜日(ただし月曜日が祝日に当たるときは開館し、翌日休館) 3月1日(火)
    公式サイト http://www2.chiba-muse.or.jp/ART/
    会場
    千葉県立美術館
    住所
    〒260-0024 千葉県千葉市中央区中央港1-10-1
    043-242-8311
    山本大貴 ― Dignity of Realism ―のレポート
    0
    次代の写実絵画を担う画家として、注目を集めている山本大貴(1982-)さん。
    学生時代の作品から最新作まで代表作約40点を展示する大規模展が、千葉県立美術館で開催中です。
    山本大貴 ― Dignity of Realism ―に関連する特集
    大きな話題になりそうなのが「フェルメールと17世紀オランダ絵画展」。「宝石 地球がうみだすキセキ」は女子の目をくぎづけにしそう。“ポンペイ展の決定版”といえる展覧会も楽しみです。
    おすすめレポート
    学芸員募集
    【公益財団法人札幌市芸術文化財団】 学芸員(正職員)募集中! [札幌芸術の森美術館 他]
    北海道
    【DIC川村記念美術館】学芸員・レジストラーを募集しています [DIC川村記念美術館]
    千葉県
    (公財)東京都人権啓発センター 契約職員(専門員)募集 [東京都人権啓発センター(東京都人権プラザ)]
    東京都
    【公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団】学芸員募集 [ポーラ伝統文化振興財団(品川区西五反田)141-0031 東京都品川区西五反田2-2-10 ポーラ五反田第二ビル]
    東京都
    展覧会企画運営スタッフ(正社員)募集|株式会社アートインプレッション [株式会社アートインプレッション]
    東京都
    展覧会ランキング
    1
    国立西洋美術館 | 東京都
    モネ 睡蓮のとき
    開催まであと105日
    2024年10月5日(土)〜2025年2月11日(火)
    2
    東京国立博物館 | 東京都
    カルティエと日本 半世紀のあゆみ 『結 MUSUBI』展 ― 美と芸術をめぐる対話
    開催中[あと36日]
    2024年6月12日(水)〜7月28日(日)
    3
    国立西洋美術館 | 東京都
    内藤コレクション 写本 — いとも優雅なる中世の小宇宙
    開催中[あと64日]
    2024年6月11日(火)〜8月25日(日)
    4
    皇居三の丸尚蔵館 | 東京都
    第4期「三の丸尚蔵館の名品」
    もうすぐ終了[あと1日]
    2024年5月21日(火)〜6月23日(日)
    5
    SOMPO美術館 | 東京都
    ロートレック展 時をつかむ線
    開催中[あと93日]
    2024年6月22日(土)〜9月23日(月)