長坂真護展 Still A “BLACK” STAR Supported by なんぼや

    上野の森美術館 | 東京都

    先進国が廃棄した壊れたゲーム機、パソコンのキーボードなど電子機器の廃棄物でアート作品を制作する美術家・長坂真護の展覧会「長坂真護展 Still A “BLACK” STAR Supportedby なんぼや」を開催します。 長坂は、2017 年 6 月、単身で“世界の電子機器の墓場”と呼ばれるガーナのスラム街・アグボグブロシーを訪問し、そこで先進国が捨てた電子機器を燃やし日々の僅かな生計を立てている若者たちの姿を目の当たりにして愕然とします。衝撃を受けた長坂はアートの力で、この真実を先進国に伝えるべく、廃棄物をつかったアート作品の制作に取り組みます。現在この長坂の持続可能な社会を目指した創作活動は、各方面から注目をあびています。 本展は自身初となる美術館での個展開催となり、美術家・長坂真護がアートでサステナブルな世界を目指す足跡と共に、新作を含む、約 200 点の作品を展示。電子機器廃棄物を使用した作品のほか、シーグラスやプラスチック廃棄物、NFT 作品など、世界平和への願いを込めたさまざまな作品を展観します。
    会期
    2022年9月10日(土)〜11月6日(日)
    開催中[あと29日]
    開館時間
    10:00~17:00 ※入館は閉館の30分前まで
    料金
    一般1,400円、高・大・専門学校生1,000円 、中・小学生600円
    ※未就学児は入場無料。
    休館日 会期中無休
    チケットを買う https://www.mago-exhibit.jp/ticket.html
    公式サイト https://www.mago-exhibit.jp
    会場
    上野の森美術館
    住所
    〒110-0007 東京都台東区上野公園1-2
    ハローダイヤル050-5541-8600 (9:00~20:00)
    評価
    長坂真護展 Still A “BLACK” STAR Supported by なんぼやのレポート
    2
    電子器機の廃棄物からアート、売上でアフリカにガスマスクを届ける美術家
    ホスト、起業、倒産、路上の絵描きへ。波乱万丈の足跡を辿る大規模展覧会
    目標は資金を貯めて現地にリサイクル工場を建設すること。群を抜く実行力
    おすすめレポート
    学芸員募集
    複数職種!【杉並区内の次世代型科学館】新規事業立ち上げコアメンバー募集 [杉並区内の科学館]
    東京都
    資料整理アルバイト募集 [しょうけい館]
    東京都
    令和4年度11月採用の会計年度任用職員(博物館解説員)を募集します [栃木県立博物館]
    栃木県
    国立科学博物館 筑波地区 事務補佐員 [国立科学博物館(筑波地区)]
    茨城県
    国立科学博物館 附属自然教育園(白金台地区)事務補佐員募集のお知らせ [国立科学博物館附属自然教育園(白金台地区)]
    東京都
    展覧会ランキング
    1
    静嘉堂文庫美術館 | 東京都
    響きあう名宝 ― 曜変・琳派のかがやき ―
    開催中[あと71日]
    2022年10月1日(土)〜12月18日(日)
    2
    国立科学博物館 | 東京都
    特別展「化石ハンター展 ~ゴビ砂漠の恐竜とヒマラヤの超大型獣~」
    もうすぐ終了[あと2日]
    2022年7月16日(土)〜10月10日(月)
    3
    東京シティビュー | 東京都
    誕生50周年記念 ベルサイユのばら展 ー ベルばらは永遠に ー
    開催中[あと43日]
    2022年9月17日(土)〜11月20日(日)
    4
    渋谷区立松濤美術館 | 東京都
    装いの力 ― 異性装の日本史
    開催中[あと22日]
    2022年9月3日(土)〜10月30日(日)
    5
    京都国立近代美術館 | 京都府
    ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション
    開催まであと6日
    2022年10月14日(金)〜2023年1月22日(日)