特別展示『海の人類史-パイオニアたちの100万年』

    JPタワー学術文化総合ミュージアム「インターメディアテク」 | 東京都

    現代の私たちは、海から多くのものを得ていますが、そのような今は、旧石器時代にはじまった祖先たちによる海の開拓史の上に築かれたものです。最新の研究によれば、3万8000年前頃に現れた「最初の日本列島人」は、漂流民ではなく、困難な海を渡ってきた「航海者」でした。巨大マグロを捕えるなど、その後に続いた縄文人の海への挑戦も、見逃せません。そんな祖先たちが海で成し遂げてきた数々のことからは、「人間の力」の大きさを思い知らされます。 しかし現代の私たちも、海への挑戦をやめたわけではありません。現代人は海で何をしようとしているのか―本展では、海運業におけるその最前線の一端を紹介します。そこでは高機能の追求を超えた思想的な革新が起きており、人類と海との関係が新たなフェーズに入りつつあることがわかります。 企画では、東京駅前のインターメディアテクの特別展示スペースにて、人類の海に対する100万年の挑戦史を、学問とアートを融合させるインターメディアテク独自の手法で展示します。この展覧会が、私たちと海との関係を見つめなおす機会になることを願っています。
    会期
    2024年7月5日(金)〜10月6日(日)
    開催中[あと75日]
    開館時間
    11:00~18:00(金・土は20:00まで開館)
    *時聞は変更する場合があります
    料金
    無料
    休館日 月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日休館、      ただし8月13日(火)、19(月)は開館)、 9月2日(月)から9月9日(月)、その他館が定める日
    公式サイト https://www.intermediatheque.jp/ja/schedule/view/id/IMT0277
    会場
    JPタワー学術文化総合ミュージアム「インターメディアテク」
    住所
    〒100-7003 東京都千代田区丸の内2-7-2 KITTE2・3階
    050-5541-8600(ハローダイヤル)
    特別展示『海の人類史-パイオニアたちの100万年』のレポート
    2
    霊長類の中で唯一、海に挑戦してきた人類。海洋進出100万年の歴史を展観
    原人が海を越えていた!2003年にインドネシア東部の島で定説を覆す大発見
    マッチョ村だった愛知県田原市。漁労が生んだ日本史上最高のマッチョマン
    特別展示『海の人類史-パイオニアたちの100万年』に関連する特集
    展覧会に行くきっかけはチラシを見て、という方も多いのでは? ミュージアムの規模や地域を問わず、優れたデザインの展覧会チラシはとても印象に残ります。
    ここではアイエム編集部が選んだ、美しいデザインの展覧会チラシをご紹介します。
    おすすめレポート
    学芸員募集
    大阪府立弥生文化博物館 学芸員(常勤・非常勤)募集中! [大阪府立弥生文化博物館]
    大阪府
    【2024年5月開館】「名古屋刀剣ワールド/名古屋刀剣博物館」正規学芸員を募集! [愛知県名古屋市中区栄3丁目35番43号(名古屋刀剣ワールド/名古屋刀剣博物館)]
    愛知県
    【DIC川村記念美術館】学芸員・レジストラーを募集しています [DIC川村記念美術館]
    千葉県
    福岡市美術館 市職員(文化学芸職)募集 [福岡市美術館]
    福岡県
    【急募】ながのこども館ながノビ! オープニングスタッフ募集 [ながのこども館 ながノビ!]
    長野県
    展覧会ランキング
    1
    国立西洋美術館 | 東京都
    モネ 睡蓮のとき
    開催まであと74日
    2024年10月5日(土)〜2025年2月11日(火)
    2
    SOMPO美術館 | 東京都
    ロートレック展 時をつかむ線
    開催中[あと62日]
    2024年6月22日(土)〜9月23日(月)
    3
    国立新美術館 | 東京都
    CLAMP展
    開催中[あと62日]
    2024年7月3日(水)〜9月23日(月)
    4
    東京国立博物館 | 東京都
    カルティエと日本 半世紀のあゆみ 『結 MUSUBI』展 ― 美と芸術をめぐる対話
    もうすぐ終了[あと5日]
    2024年6月12日(水)〜7月28日(日)
    5
    東京都 | 東京都
    ポケモン×工芸展 ― 美とわざの大発見 ―
    開催まであと101日
    2024年11月1日(金)〜2025年2月2日(日)