インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  日本・スウェーデン外交関係樹立150周年 インゲヤード・ローマン展

日本・スウェーデン外交関係樹立150周年 インゲヤード・ローマン展

■いつもの工芸館と違います
【会期終了】 スウェーデンを代表する女性デザイナー・陶芸家のインゲヤード・ローマン(1943-)。暮らしの中に違和感なく溶け込むシンプルな器は、ものに対する真摯な姿勢から生まれています。ローマンの活動を本格的に紹介する日本初の展覧会が、東京国立近代美術館工芸館で開催中です。
スウェーデンのガラスメーカーSkruf(スクルフ)社やOrrefors(オレフォス)社のデザイナーとして活躍する一方、自宅の工房で作陶も行うインゲヤード・ローマン。便宜的に「デザイナー・陶芸家」と書きましたが、ローマンは自身を、デザイナーではなく「Form-giver(形を与える者)」、陶芸家ではなく「Potter(陶工)」と称しています。

作家として見られる事を好まないローマンの姿勢は、器を見れば顕著。匿名性が高くとてもシンプルですが、洗練された美しさが際立っています。

本展は、2016年にスウェーデン国立美術館で開催された「インゲヤード・ローマン」展をベースに、初期から最新作まで約180点を紹介するもの。世界的なデザイナーですが、ローマンを日本で本格的に紹介するのは本展が初めてです。

作品の半数以上を占めるのが、ガラス器。制作のコンセプトは、ローマンが「自然からのギフト」と呼ぶ「水」です。森と湖に恵まれた国、スウェーデン。水は生活に欠かせない存在であるとともに、母国の地域性も象徴しています。

展覧会では、日本での協働プロジェクトも紹介されます。2016年には、「2016/」プロジェクトに参加し、有田焼の老舗・香蘭社とのコラボで《ティー・サービス・セット》を発表。白と黒のマットな質感は、香蘭社のベテラン職人と何度もやりとりをした末に到達しました。

2017年には、木村硝子店とのコラボも実現。「自由にデザインしてほしい」とのアプローチで、極めて薄いガラスの器、計11種が生まれています。



工芸館の展覧会に何度か来た方なら、会場デザインにも驚くはず。いつもの展示ケースではなく、作品はテーブルの上で露出で展示されています。

会場を手がけたのは、気鋭の北欧建築家グループ、CKR(Claesson Koivisto Rune)。20のテーブルは天板の素材がそれぞれ異なり、窓のカーテンも開いているので、展示室には外光が入ります。「美術品としてではなく、日常の中での器を感じて欲しい」という思いから、この会場デザインとなりました。

テーブル上のモニターでは、ローマン自身によるインタビュー映像も。記者発表会でのローマンさんは、作品に対する熱い思いを披露する一方で「(自分の写真を撮るなら)ぜひチャーミングに撮って欲しい」と語るなど、気さくで親しみやすい方でした。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2018年9月13日 ]


 
会場東京国立近代美術館工芸館
開催期間2018年9月14日(金)~12月9日(日)
所在地 東京都千代田区北の丸公園1-1
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://www.momat.go.jp/
展覧会詳細へ 日本・スウェーデン外交関係樹立150周年 インゲヤード・ローマン展 詳細情報
取材レポート
森アーツセンターギャラリー「新・北斎展 HOKUSAI UPDATED」
新・北斎展
世田谷文学館「ヒグチユウコ展 CIRCUS(サーカス)」
ヒグチユウコ展
原美術館「「ソフィ カル ― 限局性激痛」原美術館コレクションより」
ソフィ カル
サントリー美術館「河鍋暁斎 その手に描けぬものなし」
河鍋暁斎
埼玉県立近代美術館「インポッシブル・アーキテクチャー」
インポッシブル
太田記念美術館「小原古邨」
小原古邨
静嘉堂文庫美術館「岩﨑家のお雛さまと御所人形」
岩﨑家のお雛さま
静岡市美術館「起点としての80年代」
起点としての80年代
国立新美術館「イケムラレイコ 土と星 Our Planet」
イケムラレイコ
アーツ前橋「闇に刻む光 アジアの木版画運動 1930s-2010s」
闇に刻む光
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
モダン美人誕生
弥生美術館「画業60年還暦祭 バロン吉元☆元年」
バロン吉元☆元年
21_21 DESIGN SIGHT「民藝 MINGEI -Another Kind of Art展」
「民藝」展
岡田美術館「開館5周年記念展 美のスターたち ―光琳・若冲・北斎・汝窯など名品勢ぞろい―」
美のスターたち
パナソニック 汐留ミュージアム「子どものための建築と空間展」
建築と空間展
サントリー美術館「河鍋暁斎 その手に描けぬものなし」
[エリアレポート]
河鍋暁斎
あべのハルカス美術館「驚異の超絶技巧!明治工芸から現代アートへ」
[エリアレポート]
驚異の超絶技巧!
すみだ北斎美術館「北斎アニマルズ」
[エリアレポート]
北斎アニマルズ
藤子・F・不二雄ミュージアム みんなのひろばリニューアル
[エリアレポート]
みんなのひろば
たばこと塩の博物館「江戸の園芸熱」
[エリアレポート]
江戸の園芸熱
横浜美術館「イサム・ノグチと長谷川三郎 ― 変わるものと変わらざるもの」
[エリアレポート]
イサム・ノグチ
京都国立近代美術館「世紀末ウィーンのグラフィック」
[エリアレポート]
世紀末ウィーン
パナソニック 汐留ミュージアム「子どものための建築と空間展」
[エリアレポート]
建築と空間展
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
新・北斎展 HOKUSAI UPDATED フェルメール展 顔真卿 王羲之を超えた名筆 アルヴァ・アアルト もうひとつの自然
奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド ゴッホ展 北斎アニマルズ イメージコレクター・杉浦非水展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社