インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  岩﨑家のお雛さまと御所人形

岩﨑家のお雛さまと御所人形

■超豪華な雛人形、奇跡の里帰り
【会期終了】 三菱第4代社長の岩﨑小彌太(1879-1945)が孝子夫人のために特別につくらせた「岩崎家雛人形」。京人形の名工が手掛けた豪華な雛人形は、戦後に散逸していましたが、このたび、15体がまとまって静嘉堂に寄贈されました。お披露目を兼ねた展覧会が、静嘉堂文庫美術館で開催中です。
岩﨑小彌太の邸宅で大切に飾られていた《岩崎家雛人形》。戦後の混乱期に岩崎家を離れ、三人官女は京都へ、五人囃子は中国地方へと、文字通り各地に散逸していました。

数奇な運命を経て、岩崎家ゆかりの静嘉堂に戻ってきたのは、ひとりのコレクターの情熱があったからこそ。内裏雛に出会った桐村喜世美氏がその美しさに心をうたれ、方々に声をかけて熱心に蒐集。ついに15体全てを揃え、このほど、静嘉堂に寄贈されました。

人形を作ったのは、京人形司の老舗 「丸平大木人形店」の五世大木平藏。小彌太から「他にはない雛人形を」と依頼され、約3年の歳月をかけて作り上げました。ちなみに代金は2万円。現在なら、1億~2億円ほどという衝撃プライスです。

では、あらためて《岩﨑家雛人形》をご紹介しましょう。内裏雛は、丸い顔で幼児のような愛らしい姿。男雛の装束から、皇太子と妃の御成婚を模した姿という事が分かります。内裏雛は足に関節がある「三つ折れ」で、立たせる事も可能です。

注意して見ていただきたいのが、五人囃子。左の二人は、演奏に力が入る「大革(大皮)」と「太鼓」なので、顔色が若干赤くなっています。

随身(左大臣・右大臣)は虎皮の敷物に座っていますが、なんと虎柄の模様は毛植え細工。衣装をめくらないと見えない敷物まで、全く隙がありません。

会場奥には雛道具も。ただ、以前の写真にある道具で見つかっていないものも、いくつかあります。今後の調査も待たれます。



展覧会もうひとつの注目が、おなじく五世大木平藏による《木彫彩色御所人形》。こちらは、小彌太の還暦祝いのために、孝子夫人が誂えさせました。

七福神を中心に、日本の童子や唐子たちが楽しげに行列。卯年生まれの小彌太にちなんで、宝船には兎、人形も兎形の冠を戴いています。細かな凸凹も全て木彫りしたうえで、彩色しています。。

会場では他にも、桐村氏の寄贈品と岩崎家旧蔵の人形から、個性的な品々を展示。勇壮な五月人形は、神武天皇をあらわしたもの。巨大な犬筥(いぬばこ)は魔除け・夫婦和合の象徴です。

学芸が充実して、新年度はパワーアップする静嘉堂文庫美術館。従来は年に4回の企画展でしたが、2019年度から年5回になります。年間の予定はこちらです。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2019年1月28日 ]

日経おとなのOFF 2019年 1月号日経おとなのOFF 2019年 1月号

日本経済新聞社(編)

日経BP社
¥ 820

 
会場静嘉堂文庫美術館
開催期間2019年1月29日(火)~3月24日(日)
所在地 東京都世田谷区岡本2-23-1
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://www.seikado.or.jp/
展覧会詳細へ 岩﨑家のお雛さまと御所人形 詳細情報
取材レポート
東京藝術大学大学美術館「円山応挙から近代京都画壇へ」'
応挙から京都画壇
太田記念美術館「生誕250年記念 歌川豊国
歌川豊国
根津美術館「美しきいのち
美しきいのち
国立西洋美術館「松方コレクション展」
松方コレクション展
東京国立近代美術館「高畑勲展 ― 日本のアニメーションに遺したもの」
高畑勲
森美術館「塩田千春展:魂がふるえる」
塩田千春
渋谷区立松濤美術館「美ら島からの染と織 ― 色と文様のマジック」
美ら島からの染と織
Bunkamura ザ・ミュージアム「みんなのミュシャ」
みんなのミュシャ
ハラ ミュージアムアーク「加藤泉 ― LIKE A ROLLING SNOWBALL」
加藤泉
サントリー美術館「黄瀬戸・瀬戸黒・志野・織部
も美濃の茶陶
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
東京国立博物館「日中文化交流協定締結40周年記念 特別展「三国志」」
特別展「三国志」
東京国立博物館「特別企画 奈良大和四寺のみほとけ」
奈良大和四寺
パナソニック汐留美術館「マイセン動物園展」
マイセン動物園展
三菱一号館美術館「マリアノ・フォルチュニ 織りなすデザイン
M.フォルチュニ
国立科学博物館「特別展 「恐竜博 2019」
恐竜博 2019
21_21 DESIGN SIGHT「虫展 ―デザインのお手本―」
虫 展
日本科学未来館「企画展「マンモス展」 その「生命」は蘇るのか」'
マンモス展
国立西洋美術館「国立西洋美術館開館60周年記念 松方コレクション展」
[エリアレポート]
松方コレクション展
エリアレポート 京都国立近代美術館「ドレス・コード?―― 着る人たちのゲーム」
[エリアレポート]
ドレス・コード?
エリアレポート 豊田市美術館「クリムト展 ウィーンと日本 1900」
[エリアレポート]
クリムト
エリアレポート 東京オペラシティアートギャラリー「ジュリアン・オピー展」
[エリアレポート]
ジュリアン・オピー
東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館 「みんなのレオ・レオーニ展」
[エリアレポート]
レオ・レオーニ展
大阪市立東洋陶磁美術館「フィンランド陶芸+マリメッコスピリッツ」
[エリアレポート]
フィンランド陶芸
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
特別展 「恐竜博 2019」 特別展「三国志」 百花繚乱 ニッポン×ビジュツ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史
ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 奥の細道330年 芭蕉 没後90年記念 岸田劉生展 カラヴァッジョ展
博物館・美術館検索
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社