インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  エジプト考古学博物館所蔵 ツタンカーメン展 ~黄金の秘宝と少年王の真実~

エジプト考古学博物館所蔵 ツタンカーメン展 ~黄金の秘宝と少年王の真実~

■世界中で話題の超大型展
【会期終了】 大阪展の入場者数は、なんと93万人以上! 関西での史上2位を記録した大人気展が、いよいよ東京にやってきました。黄金の秘宝が3300年前の古代エジプトのファラオの世界にいざないます。
2004年のスイス・バーゼルからはじまり、ボン、ニューヨーク、ロンドン、メルボルンと世界各都市を巡回しているツタンカーメン展。東京では上野の森美術館 での開催となりました。

展覧会はちょっと珍しい構成で、冒頭はミニシアターでの映像説明から。テーマパークのアトラクションのような演出は、いかにも話題の大型展といった雰囲気です。3分ほどの解説の後に扉が開くと、いよいよ本編のスタートです。


ミニシアターでの映像説明

展覧会は6章構成です。

 第1章 ツタンカーメンの世界:新王国時代とは
 第2章 古代エジプト人 スピリチュアル・ワールド
 第3章 ツタンカーメンのミステリー
 第4章 世紀の発見ツタンカーメン王墓
 第5章 ツタンカーメンの真実
 第6章 黄金のファラオたち

上野の森美術館の1階から2階へと進む動線。後半に行くにしたがって、煌びやかな世界が広がっていきます。


《アメンヘテプ2世の船の模型》

1階の目玉は《チュウヤの人型棺》。94cm×68.2cm×218.5cmという大型の棺で、ツタンカーメンの曾祖母、チュウヤのミイラが入っていました。

木製の棺ですが全面に金が張られており、眩いばかり。周囲には数々の神の姿が刻まれています。


《チュウヤの人型棺》

2階に上がると、さらに豪華な展示物が続々と登場します。

第4章では胸飾りや3体の神像と並んで、冠が違う2体のツタンカーメンの像が。冠は上エジプト(南部)と下エジプト(北部)の王冠で、当時の両地域は統一されていたものの、何世紀にもわたってそれぞれのシンボルは使われていました。


第4章の展示

本展の最大の目玉が、下の動画でご紹介する《ツタンカーメンの棺形カノポス容器(内臓が保管されていた器)》。

高さ39.5cmのこの容器には、防腐処理されたツタンカーメンの肝臓が納められていました。頭部のブルーと金の縞模様はお馴染みのイメージですが、黄金に輝く身体も極彩色の彩色が施されています。


《ツタンカーメンの棺形カノポス容器(内臓が保管されていた器)》

出口近くにはツタンカーメンのミイラが身につけていた飾りや短剣も紹介。ツタンカーメンのX線写真や、頭蓋骨のレプリカも展示されていました。


ツタンカーメンのミイラが身につけていた品々

なお、公式サイトでも説明されているように、本展には1965年に来日した「黄金のマスク」は展示されていません。ただ、ツタンカーメン=黄金のマスクという捉え方が、むしろ不健全。初来日の秘宝を含む全122点は、3300年前の古代エジプトのファラオの世界を充分に堪能することができます。

世界各都市で1000万人以上を動員している話題展。会期は長めですが、見逃すわけにはいきません。(取材:2012年8月3日)

黄金王ツタンカーメンの素顔―世界初のCTスキャン調査

ザヒ ハワス (著), 吉村 作治 (監修), 西坂 朗子 (翻訳)

アケト
 

料金一般当日:平日2,700円、土日祝3,000円
 → 前売券のお求めはこちら(当日券は会場他で販売)icon

 
会場上野の森美術館
開催期間2012年8月4日(土)~2013年1月20日(日)
所在地 東京都台東区上野公園1-2
TEL : 03-3833-4191(代表)
HP : http://kingtut.jp/
展覧会詳細へ エジプト考古学博物館所蔵 ツタンカーメン展 ~黄金の秘宝と少年王の真実~ 詳細情報
取材レポート
東京藝術大学大学美術館「円山応挙から近代京都画壇へ」'
応挙から京都画壇
太田記念美術館「生誕250年記念 歌川豊国
歌川豊国
根津美術館「美しきいのち
美しきいのち
国立西洋美術館「松方コレクション展」
松方コレクション展
東京国立近代美術館「高畑勲展 ― 日本のアニメーションに遺したもの」
高畑勲
森美術館「塩田千春展:魂がふるえる」
塩田千春
Bunkamura ザ・ミュージアム「みんなのミュシャ」
みんなのミュシャ
ハラ ミュージアムアーク「加藤泉 ― LIKE A ROLLING SNOWBALL」
加藤泉
三菱一号館美術館「マリアノ・フォルチュニ 織りなすデザイン
M.フォルチュニ
サントリー美術館「黄瀬戸・瀬戸黒・志野・織部
美濃の茶陶
パナソニック汐留美術館「マイセン動物園展」
マイセン動物園展
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
国立科学博物館「特別展 「恐竜博 2019」
恐竜博 2019
21_21 DESIGN SIGHT「虫展 ―デザインのお手本―」
虫 展
日本科学未来館「企画展「マンモス展」 その「生命」は蘇るのか」'
マンモス展
国立西洋美術館「国立西洋美術館開館60周年記念 松方コレクション展」
[エリアレポート]
松方コレクション展
エリアレポート 京都国立近代美術館「ドレス・コード?―― 着る人たちのゲーム」
[エリアレポート]
ドレス・コード?
エリアレポート 豊田市美術館「クリムト展 ウィーンと日本 1900」
[エリアレポート]
クリムト
エリアレポート 東京オペラシティアートギャラリー「ジュリアン・オピー展」
[エリアレポート]
ジュリアン・オピー
東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館 「みんなのレオ・レオーニ展」
[エリアレポート]
レオ・レオーニ展
大阪市立東洋陶磁美術館「フィンランド陶芸+マリメッコスピリッツ」
[エリアレポート]
フィンランド陶芸
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
特別展 「恐竜博 2019」 ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 カラヴァッジョ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史
百花繚乱 ニッポン×ビジュツ展 奥の細道330年 芭蕉 コートールド美術館展 魅惑の印象派 没後90年記念 岸田劉生展
博物館・美術館検索
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社