インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  東京オリンピック1964 デザインプロジェクト

東京オリンピック1964 デザインプロジェクト

■東京五輪を支えた和製デザイナー
【会期終了】 約半世紀前の1964年東京オリンピック。戦後日本を象徴するビッグイベントの裏には、多くのデザイナーが関わっていました。東京オリンピックとデザイナーの関係に着目した、ちょっと珍しい企画展です。
3章構成の本展。五輪の前、五輪の開催中、五輪の後と、時間を追って紹介していきます。

第1章は「東京オリンピックの準備 シンボルマークとポスター」。東京オリンピックの開催が決まったのは1959年、翌年には「デザイン懇談会」が組織され、デザインポリシーが決められました。ただ、懇親会は徐々に機能しなくなり、開催前年になって「デザイン室」が新設。プロジェクトチームに分かれて各種のデザインが進められました。

東京オリンピックのデザインワークとしてすぐ思い起こされるのは、亀倉雄策によるポスター。短距離のスタートを真横からとらえた1枚は、日本デザイン史に残る傑作と評されています。


第1章「東京オリンピックの準備 シンボルマークとポスター」

オリンピックのシンボルマークは、河野鷹思、亀倉雄策、杉浦康平、田中一光、永井一正、稲垣行一郎の6人による指名コンペで争われ、亀倉のデザインが選ばれました。シンプルながら強烈な印象のマークは、絶大な効果を生み出しました。

このコンペについては、亀倉は締切当日まで提出を忘れていて、組織委員会からの電話を受けて2時間で仕上げたというエピソードも残っています。会場には他のデザイナーの案も紹介されているので、比べて見てください。


亀倉雄策とシンボルマーク、そして他のデザイナー案

第2章は「東京オリンピックの開幕 視覚伝達システムの確立」。田中一光がデザインしたタッグ(荷札)、原弘によるIDカードなど、開催中に使われたグッズが並びます。

非西欧文明圏で初めて開催された東京オリンピック。93カ国から関係者を迎え入れるために、言葉以外で情報を伝達する方法として、ピクトグラム(当時は「アイソタイプ」「絵文字」などと呼ばれていました)が用いられました。

実は国際行事で全面的にピクトが使われたのは、東京オリンピックがはじめて。その後ピクトの使用が一般的になったことを考えると、その先進性は光ります。


第2章「東京オリンピックの開幕 視覚伝達システムの確立」

第3章は「東京オリンピックの記録/記憶 メディアイベントとして」。テレビをはじめとしたメディアにより、東京オリンピックは競技会場で直接試合を見ていない人にも、強い記憶として残されました。

制作が義務付けられている公式報告書は、原弘による装丁。市川崑が監督した芸術性の高い記録映画は担当大臣の河野一郎が「記録性に欠ける」と批判し、「芸術か記録か」という論争に発展したのも良く知られるところです。ちなみに映画は大ヒットし、約8億円の剰余金を生み出しました。


第3章「東京オリンピックの記録/記憶 メディアイベントとして」

大阪万博とクリエイターの関係(岡本太郎や丹下健三など)に言及した展示は時おり見られますが、東京五輪とデザイナーの関係に着目した展示は画期的です。

東京国立近代美術館の工芸課による企画展。会場はギャラリー4だけと小規模ですが、日本のデザイン界が総力戦で立ち向かっていった熱気が伝わってきます。(取材:2013年2月13日)

東京オリンピック [DVD]

ドキュメンタリー映画 市川崑 (脚本)

東宝
¥ 6,300

 
会場東京国立近代美術館
開催期間2013年2月13日(水)~5月26日(日)
所在地 東京都千代田区北の丸公園3-1
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://www.momat.go.jp/
展覧会詳細へ 東京オリンピック1964 デザインプロジェクト 詳細情報
取材レポート
森アーツセンターギャラリー「新・北斎展 HOKUSAI UPDATED」
新・北斎展
原美術館「「ソフィ カル ― 限局性激痛」原美術館コレクションより」
ソフィ カル
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
東京国立博物館「特別展「顔真卿 王羲之を超えた名筆」」
顔真卿
根津美術館「酒呑童子絵巻 ― 鬼退治のものがたり ―」
酒呑童子絵巻
三菱一号館美術館「フィリップス・コレクション展」
フィリップス展
Bunkamura ザ・ミュージアム「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」
ロマンティック
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
弥生美術館「画業60年還暦祭 バロン吉元☆元年」
バロン吉元☆元年
世田谷美術館「ブルーノ・ムナーリ ―― 役に立たない機械をつくった男」
ブルーノ・ムナーリ
ソニーミュージック六本木ミュージアム「乃木坂 46 Artworks だいたいぜんぶ展」
乃木坂 46 展
三鷹市美術ギャラリー「「タータン 伝統と革新のデザイン」展」
タータン
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
モダン美人誕生
三井記念美術館「国宝 雪松図と動物アート」
雪松図と動物アート
岡田美術館「開館5周年記念展 美のスターたち ―光琳・若冲・北斎・汝窯など名品勢ぞろい―」
美のスターたち
京都国立近代美術館「世紀末ウィーンのグラフィック」
[エリアレポート]
世紀末ウィーン
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
パナソニック 汐留ミュージアム「子どものための建築と空間展」
[エリアレポート]
建築と空間展
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
[エリアレポート]
千の技術博
渋谷区立松濤美術館「終わりのむこうへ : 廃墟の美術史」
[エリアレポート]
終わりのむこうへ
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
[エリアレポート]
モダン美人誕生
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
顔真卿 王羲之を超えた名筆 新・北斎展 HOKUSAI UPDATED ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史
フェルメール展 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア 山口晃 「昼ぬ修羅」 フィリップス・コレクション展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社