インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  岸田吟香・劉生・麗子 知られざる精神の系譜

岸田吟香・劉生・麗子 知られざる精神の系譜

■〈麗子像〉の岸田劉生、親子三代の物語
【会期終了】 愛娘をモデルとした〈麗子像〉の連作で広く知られている画家・岸田劉生と、その父・吟香(ぎんこう)、娘の麗子。親子三代の物語をたどる企画展が、世田谷美術館で開催中です。
娘の油彩を何十枚も描いた岸田劉生。〈麗子像〉を中心とした岸田劉生の展覧会は過去に何度も開催されていますが、本展は劉生を挟んだ三代に焦点を当てた、ちょっと珍しい企画です。

会場の最初は〈麗子像〉の連作からはじまります。麗子は、劉生が蓁(しげる)と結婚した翌年に生まれた長女。劉生は麗子の誕生を喜び、直後の日記に「俺達はきつと御前を生涯愛してやる。愛しずには居られようか。御前のように可愛い子を」と記したほどです。


会場入口から

劉生の父である吟香は、多方面で活躍した開明派の文化人でした。その活動を挙げると、日本初の本格的な和英辞書の編集、東京日日新聞(毎日新聞の前身)の主筆、定期船航路の運行、盲学校の設立と、数えきれないほどです。

事業家としては、日本初の液体目薬「精錡水(せいきすい)」の製造・販売で知られています。髭面で180cm、90kgの堂々たる巨漢だった吟香。特徴的なキャラクターを広告に登場させるなど大らかな性格で、美術家や政治家、知識人など様々な人脈がありました。

高橋由一も、吟香の友人でした。《甲冑図(武具配列図)》は、明治の世で「腐朽に属するは必然」となった武具を、保存に向く油彩で描いた一枚。その想いも含めて、吟香はこの作品を「博覧会の記」で激賞しています。


第一部 岸田吟香 ─ 明治の傑物にして劉生の父

劉生は吟香の四男です。「精錡水」を販売した薬局がある銀座で生まれ育ったため、若き日の風景画には銀座を描いた油彩もあります。

劉生は1912年に高村光太郎らとヒュウザン会を発起した頃から、本格的に画家として活躍。後期印象派風から北方ルネサンス風、そして後年には日本画も手掛けるなど、次々と独自の画境を切り拓いていきました。

1929年、満州への初の国外旅行からの帰路、立ち寄った山口で客死。享年38歳、愛娘の麗子はまだ15歳でした。


第二部 岸田劉生 ─ 大正洋画壇の異色の星

劉生による絵で、日本一有名な少女になった麗子。劉生の子ということもあり、幼い頃から絵に親しんでいました。劉生の日記には、児童画の展覧会で賞をもらって喜ぶ麗子の様子なども記されています。

劉生の没後は、父の旧友・武者小路実篤に私淑。画家として活躍すると同時に、演劇人として舞台にも出演。戯曲や小説や随筆なども手掛けました。

和歌山の自宅が戦災で全焼したため戦前の作品はほとんど残っていませんが、会場には油彩や日本画、スケッチのほか、幼い頃に描いた絵なども展示されています。


第三部 岸田麗子 ─ 劉生の愛娘・昭和を翔る

会場は一部~三部で吟香・劉生・麗子を一人ずつ取り上げ、さらにそれぞれの中に章を設けた構成。三人とも活動が多彩だったということもあって、かなり盛りだくさんの内容です。個を貫いた三代の歩みを、じっくりと時間を取ってお楽しみください。

本展は、4月18日(金)~5月25日(日)、岡山県立美術館に巡回します。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2014年2月7日 ]

岸田劉生 ― 独りゆく画家

酒井 忠康 (著)

平凡社
¥ 2,520

料金一般当日:1,200円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon

 
会場世田谷美術館
開催期間2014年2月8日(土)~4月6日(日)
所在地 東京都世田谷区砧公園1-2
TEL : 03-3415-6011
HP : http://www.setagayaartmuseum.or.jp/
展覧会詳細へ 岸田吟香・劉生・麗子 知られざる精神の系譜 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京ステーションギャラリー「神田日勝
神田日勝
東京都江戸東京博物館「奇才
奇才
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 大阪市立美術館「フランス絵画の精華」
[エリアレポート]
フランス絵画の精華
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 渋谷区立松濤美術館「真珠 ― 海からの贈りもの」
[エリアレポート]
真珠
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 市原湖畔美術館「雲巻雲舒 ― 現代中国美術展・紙」
[エリアレポート]
雲巻雲舒
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
21_21
デザイナー達の原画
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 ハマスホイとデンマーク絵画 特別展「奇才―江戸絵画の冒険者たち―」 フランス絵画の精華
写真展「138億光年 宇宙の旅」 【特別展】竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイス 真珠 ― 海からの贈りもの 特集展示 大津絵と江戸の出版
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社