インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  特別展「栄西と建仁寺」

特別展「栄西と建仁寺」

■琳派のルーツ、5年ぶりにお目見え
【会期終了】 日本に禅宗をもたらした僧、明庵栄西(みんなんようさい 1141~1215)。その800遠忌にあわせ、栄西が開創した建仁寺ゆかりの宝物を一堂に集めた展覧会が、東京国立博物館で始まりました。
日本に臨済宗を伝え、京都最古の禅寺である建仁寺を開いた栄西禅師。茶種を宋から持ち帰って栽培した日本の茶祖としても尊崇されています。ちなみに「えいさい」とも「ようさい」とも呼ばれますが、本展では建仁寺での呼称に従って「ようさい」としています。

会場入口は《明庵栄西坐像》(神奈川・寿福寺)から。現存する栄西の像の中で最も古いこの像を含め、栄西の肖像は頭部が異様に長く角張っていますが、これは記憶力を高める厳しい修行の結果、頭が12cm伸びたという伝承に由来します。


会場入口から。奥に進むと栄西が日本にもたらした茶道を象徴する「四頭茶会」の空間が再現されています。

本展の準備を進める中で、驚きの発見がありました。南宋出身の渡来僧で、建仁寺の第十一世住持(住職)になった蘭渓道隆(らんけいどうりゅう)を彫った江戸時代の像内から、古い蘭渓道隆像の頭部の一部が見つかったのです。

建仁寺は何度も火災にあっているため、鎌倉時代から同寺にあった彫刻は全て失われたと考えられていましたが、残っていた像は、その形状から鎌倉時代のものと推定。一部とはいえ、最古の彫像の遺品が見つかった事となります。

ぜひ目の前で見たいものですが、残念ながら開口部より大きいため、取り出すことは不可能。会場では写真パネルで解説されています。


康乗作《蘭渓道隆坐像》(京都・西来院)の内部から、驚きの発見が

建仁寺は戦国時代の戦乱で伽藍のほとんどが焼失、今の方丈は慶長四年に安国寺恵瓊が再建したものです。

再建時に障壁画を描いたのが、桃山画壇を代表する絵師のひとり、海北友松(かいほうゆうしょう 1533~1615)。会場には豪快な重文「雲龍図」をはじめ重文「竹林七賢図」、重文「琴棋書画図」、重文「山水図」、重文「花鳥図」と、方丈を彩る海北友松の障壁画が多数出展されています。


重要文化財 海北友松筆《雲龍図》建仁寺

展覧会最大の目玉が、俵屋宗達による国宝《風神雷神図 屛風》。会場の一番最後に登場します。

建仁寺のみならず、日本絵画全体の中でも至宝とされ、教科書などでもよく知られる作品。金地による空間の広がり、“たらし込み”で描かれた雲、擬人化されたユーモラスな表情の二神…。余計な解説は不要と思います。お時間が許す限り、じっくりとお楽しみください。


国宝 俵屋宗達筆《風神雷神図屏風》建仁寺

なお、東京国立博物館 本館7室では、2014年4月8日(火)から5月18日(日)まで、尾形光琳による重要文化財「風神雷神図屛風」を展示。この期間は宗達と光琳の「風神雷神」が6年ぶりに同時公開される事になります。なかなか味わえない両作を比べて観られる大チャンスです!
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2014年3月24日 ]

※会期中に作品の展示替えがあります

栄西と禅の世界

 

宝島社
¥ 1,260

料金一般当日:1,600円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon

 
会場東京国立博物館
開催期間2014年3月25日(火)~5月18日(日)
所在地 東京都台東区上野公園13-9
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://yosai2014.jp/
展覧会詳細へ 特別展「栄西と建仁寺」 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 静岡県立美術館「開校100年 きたれ、バウハウス」
[エリアレポート]
きたれ、バウハウス
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ハマスホイとデンマーク絵画 写真展「138億光年 宇宙の旅」 みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ ー 線の魔術 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
NHK大河ドラマ特別展「麒麟(きりん)がくる」 ランス絵画の精華 特別展『ねないこだれだ』誕生50周年記念 「せなけいこ展」 特別展 ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社