インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  カラフル 中国・明清工芸の精華

カラフル 中国・明清工芸の精華

■高度な技術が生ん出だ、色鮮やかな工芸品
【会期終了】 どっしりとした展覧会が多い根津美術館ですが、今回はいつになく軽やかな雰囲気。「カラフル」をキーワードに、中国工芸を先入観抜きでお楽しみください。
多彩なコレクションを誇る根津美術館。明清時代の中国工芸も約700点を所蔵しており、本展ではうち80点を紹介します。

会場は大きく3つのゾーンで構成されています。まず「モノクロームからポリクロームへ-漆工芸の明清時代-」と題し、漆工芸品のご紹介からです。

明時代の初期には、官営工房で堆朱(ついしゅ)が数多く作られました。堆朱は漆の厚い層を作り、文様を彫刻する技法。展覧会のフライヤーで目立つ真っ赤なお盆《堆朱牡丹文盆》も堆朱の作品です。当時の中国では赤がナショナルカラー(国の色)ということもあり、赤い器物は珍重されました。

明後期になると、赤一色から多色展開=ポリクロームに。朱・黒・黄・緑の色漆を重ね、彫る深さでそれぞれの色の面が現れる「彫彩漆」など、高度な技術によってさまざまな作品が生み出されていきました。


「モノクロームからポリクロームへ-漆工芸の明清時代-」

続いて「染付から五彩へ-明時代の陶磁器-」です。

明時代以降の中国陶磁の歴史は、江西省の景徳鎮窯が中心です。初期には、ここに宮廷のための磁器をつくる「官窯」がおかれました。

白地に青い文様を表した青花(せいか)磁器が隆盛を極めた後、15世紀後半には赤、黒、緑、黄などの釉薬を用いた、まさに「カラフル」なうつわも誕生します。

中国にとって陶磁器は、重要な輸出品でもありました。日本にも茶道具など多くの陶磁器が輸出されており、会場には愛らしい型物香合も並びます。


「染付から五彩へ-明時代の陶磁器-」

そして最後が「粉彩と単色釉-清時代の陶磁器-」。17世紀から18世紀以降、陶磁器の技術は極めて高度なレベルに到達します。

七宝の技術を応用した粉彩(ふんさい)により、柔らかな中間色や濃淡も表現できるようになり、絵画のような絵付けも可能になりました。

一方で、色釉の開発も進み、鮮やかな発色の陶磁器も誕生。発色の妙を競いました。


「粉彩と単色釉-清時代の陶磁器-」

本展では、展示室2と5で「明清の絵画」も開催。同じ時代の絵画作品も楽しめます。

展示室2では大画面の掛幅、展示室5では画巻と画冊が紹介されています。


同時開催の「明清の絵画」

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2014年5月30日 ]

マークシートで学ぶ美術の歴史[中級編] 美術検定2級練習問題

美術検定実行委員会 (編集)

美術出版社
¥ 2,160

 
会場根津美術館
開催期間2014年5月31日(土)~7月13日(日)
所在地 東京都港区南青山6-5-1
TEL : 03-3400-2536
HP : http://www.nezu-muse.or.jp/
展覧会詳細へ カラフル 中国・明清工芸の精華 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
21_21
デザイナー達の原画
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 静岡県立美術館「開校100年 きたれ、バウハウス」
[エリアレポート]
きたれ、バウハウス
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ハマスホイとデンマーク絵画 写真展「138億光年 宇宙の旅」 みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ ー 線の魔術 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
NHK大河ドラマ特別展「麒麟(きりん)がくる」 ランス絵画の精華 特別展『ねないこだれだ』誕生50周年記念 「せなけいこ展」 特別展 ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社