インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  藤井達吉の全貌 野に咲く工芸 宙を見る絵画

藤井達吉の全貌 野に咲く工芸 宙を見る絵画

■ようやく見えてきた活動の全貌
【会期終了】 近代工芸の先駆者、藤井達吉(1881~1964)。技術だけを追い求めた職人的な工芸から脱却し、絵画と工芸の枠を超えた総合芸術を追及しました。
明治期に外貨獲得の手段として機能した日本の工芸。繊細な細工は欧米で高く評価されましたが、高度な技術の競い合いは職人の腕比べに陥りつつありました。

専門家による分業ではなく、発想から製作まで自分で手掛ける「自由な工芸」を目指した藤井達吉。その活動範囲は極めて広く、七宝、刺繍、染色、金工、木工、陶芸、手漉き和紙など工芸全般はもとより、日本画、墨画、油彩画、木版画、装丁まで手掛けています。

「工芸家が同時にそれ自身が画家でもあり、建築家、彫刻家でもある」ことは、藤井の理想でした。


会場

藤井の作品は、絵画や工芸という分類が困難です。例えば《草木図屏風》は、板に彫刻したあとに螺鈿、七宝、鉛象嵌をほどこして、着彩したもの。ナビ派のような《大島風物図屏風》は、絣の生地をそのまま貼ったり、輪郭に紐を縫い付けたりして伊豆大島の風景を描いたものです。

ジャンル分けについて、自ら「元来が分類すべからざるもの」と述べていた藤井。過去にとらわれない「総合芸術としての工芸」を目指しました。


順に《草木図屏風》、《大島風物図屏風》

藤井は大正後半から昭和にかけて日本画も多く手掛けており、再興院展にも出品しています。正規の美術教育を受けていないにも関わらず院友に推挙されており、画家としても確かな力量を持っていました。

ただ、その技量をストレートには主張せず、人をくったような作品が多いのも特徴的。最たる例が晩年に描いた《土星》で、真正面から土星を描いた掛軸など、ほとんど見た事がありません。土星や星には金箔を用いており、イラストなどではなく、きちっとした純粋美術として描かれたものです。


《土星》

同じような志をもって同時代に活躍した富本憲吉、津田青楓、バーナード・リーチ、高村豊周らと比べても、藤井達吉の知名度は高いとはいえません。

理由のひとつが、作品がまとまっていなかった事。特に藤井の活動において重要な期間である大正末期から昭和初期の作品があまり知られていませんでしたが、2008年に碧南市藤井達吉現代美術館(愛知県)が開館。近年になってまとまったコレクションが次々に明らかになり、ようやく活動の‘全貌’が分かってきました。

10年前では間違いなく実現できなかった展覧会と言えます。


会場

さまざまな草花を描いた茶室の天井画も、近年になって展示できるようになったもの。藤井の後援者が自宅に茶室を建てる際に依頼されて描かれたものです。描かれた草花は園芸種の植物ではなく、庭や道端など生活空間で目にすることができる植物。粉本主義を糾弾し、自然の観察から学ぶ事を強く訴えていた藤井らしさが伝わります。

藤井の作品は保存状態が良くないものが少なくありません。赤い樹木が描かれた《郵便箱》も所蔵者がつい最近まで使っていたもので、周りの汚れも生々しく見えます。ただ、藤井は「生活の芸術化」という意識を強く持っていたので、「手垢にまみれた器」は、藤井の望みどおりともいえます。


順に《草花図(茶室天井画)》、《郵便箱》

藤井は婦人向け雑誌の仕事にも積極的に関わり、「主婦之友」誌に寄稿するなど家庭手芸品製作の伝道者としても活躍しました。その活動について同時代の工芸家・高村豊周は「(藤井の連載がもしなかったら)日本の家庭手芸はどの位発達が遅れたであろうか、想像するに難くない」と、高く評価しています

宇都宮美術館岡崎市美術博物館と巡回し、渋谷区立松濤美術館が最後の会場。その工芸は‘超絶’ではありませんが、強い意思が宿っています。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2014年6月9日 ]

TOKYO美術館 2014-2015

 

エイ出版社
¥ 1,026

 
会場渋谷区立松濤美術館
開催期間2014年6月10日(火)~~7月27日(日)
所在地 東京都渋谷区松濤2-14-14
TEL : 03-3465-9421
HP : http://shoto-museum.jp/
展覧会詳細へ 藤井達吉の全貌 野に咲く工芸 宙を見る絵画 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 静岡県立美術館「開校100年 きたれ、バウハウス」
[エリアレポート]
きたれ、バウハウス
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ハマスホイとデンマーク絵画 写真展「138億光年 宇宙の旅」 みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ ー 線の魔術 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
NHK大河ドラマ特別展「麒麟(きりん)がくる」 ランス絵画の精華 特別展『ねないこだれだ』誕生50周年記念 「せなけいこ展」 特別展 ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社