インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  モダン都市 銀座の記憶 ─ 写真家・師岡宏次の写した50年 ─

モダン都市 銀座の記憶 ─ 写真家・師岡宏次の写した50年 ─

■銀座の歩み、半世紀
【会期終了】 銀座の移り変わりを1930年(昭和5)から50年余りにわたって撮り続けた写真家、師岡宏次(もろおかこうじ:1914-1991)。東京を代表する繁華街・銀座の半世紀の歩みを、師岡のレンズを通して紹介します。
戦前から戦後にかけて、東京の姿を数多く撮影した師岡宏次。本展は師岡の生誕100周年を記念した企画で、師岡の銀座に関する作品の集大成となる「銀座五十年」シリーズを一挙に紹介しています。


第2企画展示室の会場入口から。動画の最後は、

会場は時代順の3章構成。第1章は「モダン銀座の日々 1930-1940」です。

師岡が銀座を撮影しはじめたのは、1930(昭和5)年の「帝都復興祭」から。7年前の関東大震災で大きな被害を受けた銀座は徐々に復興し、この年、昭和天皇が銀座通りを視察しました。写真に写る溢れんばかりの群衆は、なんと100万人いたといわれています。

この時期は、銀座がモダン都市としてピークを迎えた頃。百貨店が新しい人の流れを作り、夜はカフェーのネオンが輝く華やかな街なみ。行き交う人々は和装・洋装とさまざまですが、どの人も明るい表情をしています。


第1章「モダン銀座の日々 1930-1940」

第2章は「戦災の記憶 1940-1947」。時局が悪化すると電力統制でネオンは消え、流行の服装に身を包んでいた女性も婦人標準服(モンペ)姿に。銀座はすっかりさま変わりしてしまいました。

ひときわ目にとまるのが、大きなパノラマ写真。昭和20年の銀座四丁目です。服部ビルだけは焼失を免れましたが、他はほぼ焼け野原。三越にも大きな焼け跡が残ります。

なお、この時期の東京を撮影するのは制約が多かったのですが、師岡は対外宣伝用写真雑誌を作る会社にいたため、ある程度自由に撮影する事が可能でした。


第2章「戦災の記憶 1940-1947」

第3章は「変化を続ける銀座 1950-1982」。戦後の復興を果たした銀座は、再び流行の中心地として輝きはじめました。

昭和40年代には都電が廃止され、道路は現在の姿に。銀座通りには歩行者天国も導入されました。

会場最後には、同じ地点を撮影した年代の違う写真も紹介。昭和10年代と昭和50年代、もちろん町の雰囲気は全く違いますが、銀座ならではの活気はどちらの写真からも感じられるように思います。


第3章「変化を続ける銀座 1950-1982」

会場には、戦前の流行を紹介するマネキンや建築模型などの資料も。当時の銀座の空気も、あわせてお楽しみください。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2014年10月22日 ]


 
会場江戸東京博物館
開催期間2014年10月7日(火)~11月30日(日)
所在地 東京都墨田区横網1-4-1
TEL : 03-3626-9974(代表)
HP : http://www.edo-tokyo-museum.or.jp/
展覧会詳細へ モダン都市 銀座の記憶 ─ 写真家・師岡宏次の写した50年 ─ 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京ステーションギャラリー「神田日勝
神田日勝
東京都江戸東京博物館「奇才
奇才
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 大阪市立美術館「フランス絵画の精華」
[エリアレポート]
フランス絵画の精華
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 渋谷区立松濤美術館「真珠 ― 海からの贈りもの」
[エリアレポート]
真珠
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 市原湖畔美術館「雲巻雲舒 ― 現代中国美術展・紙」
[エリアレポート]
雲巻雲舒
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
21_21
デザイナー達の原画
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 ハマスホイとデンマーク絵画 特別展「奇才―江戸絵画の冒険者たち―」 フランス絵画の精華
写真展「138億光年 宇宙の旅」 【特別展】竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイス 真珠 ― 海からの贈りもの 特集展示 大津絵と江戸の出版
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社