インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  赤瀬川原平の芸術原論 1960年代から現在まで

赤瀬川原平の芸術原論 1960年代から現在まで

■突然の"回顧展"、首都圏で初開催
【会期終了】 図らずも"回顧展"になってしまった赤瀬川原平さんの作品展。美術家、芥川賞作家、イラストレーター、マンガ家、脚本家、研究者…肩書きに収まりきらない幅広い活動を、554点の作品・資料で振り返ります。
展覧会開幕の前々日に飛び込んできた訃報。2014年10月26日(日)、近年体調を崩していた赤瀬川原平さんが、敗血症のため77歳で死去しました。

赤瀬川さんの大規模展は、1995年に名古屋市美術館で開催された展覧会以来19年ぶりで、東京圏に限れば初開催。全くの偶然ながら、突然の"回顧展"になってしまいました。

千葉市美術館での展覧会は、全室を使った大型企画。全11章で本名の赤瀬川克彦時代の作品から晩年の活動まで、半世紀余の歩みを網羅します。


会場入口から第1章「赤瀬川克彦の頃」、第2章「ネオ・ダダと読売アンデパンダン」

赤瀬川さんは1937年生まれ。1960年に吉村益信らと「ネオ・ダダイズム・オルガナイザーズ」の結成に参加、1963年には中西夏之、高松次郎と「ハイレッド・センター」を結成し、前衛芸術家として活躍しました。

結果として、赤瀬川さんの名が一躍知られるようになった事件が「千円札裁判」。千円札をモチーフにした作品を作っていた赤瀬川さんが、当時、世間をにぎわせていた偽札事件との関わりがあるように報じられ、後に起訴されたものです。「表現の自由」を巡る芸術裁判は最高裁まで争われましたが、1970年に敗訴しました。


第4章「千円札裁判の展開」

60年代後半からはイラストなど平面分野の活動が増えていきます。朝日ジャーナルに「櫻画報」を連載。沖縄問題や三島事件など、社会的な事件をパロディにして発表しました。「アカイアカイアサヒアサヒ」は、掲載された朝日ジャーナルが回収される事件にもなりました。

イラストを描き始める前から関心を持っていたのが、つげ義春や水木しげるなどの漫画。自身も漫画を描いており、展覧会では赤瀬川さんの初の劇画作品「お座敷」も紹介されています。

実は、赤瀬川さんは1960年~62年頃に丹青社で働いていました。その時に身につけたレタリングの技術を活かし、ロゴや文字デザインなどの仕事も手掛けています。


第6章「『櫻画報』とパロディ・ジャーナリズム」

70年代以降の赤瀬川さんの代表的な活動のひとつが「超芸術トマソン」です。

上がって下りるだけで建物に入る事ができない階段など、機能を失いながらも美しく保存されている物体。要するに「無用の長物」を、鳴り物入りで読売ジャイアンツに入団しながら三振の山を築いたゲーリー・トマソンから命名しました。

「芸術」の枠組みにしばられない自由な視線は、赤瀬川さんの一貫したスタイルです。


第9章「トマソンから路上観察へ」

展覧会の最後は、縄文建築団以後の活動です。自宅兼アトリエの「ニラハウス」では、建築作業にも従事。美術史家の山下裕二さんとの対談から「日本美術応援団」を結成。1998年には「老人力」を発表し、当時の筑摩書房はじまって以来の大ベストセラーとなりました。

展覧会の最後は、ニラハウスのリビングルームに置かれていた油彩画。赤瀬川さんが所有する引伸機(写真フィルムを印画紙に焼く機械)をモノトーンで描いた、未完の作品です。


第10章「ライカ同盟と中古カメラ」~第11章「縄文建築団以後の活動」

前衛芸術から路上観察まで。その歩みを通してみると、興味の対象に鋭く切り込みながらも、どこかで一歩離れて全体を俯瞰しているような冷静さも感じます。「赤瀬川さんは、いろいろやったよように見えて実はひとつの事をやっていた人なのではないか」という図録の南伸坊さんのコメントには膝を打ちました。

千葉展の後には大分市美術館(2015年1月7日~2月22日)、広島市現代美術館(2015年3月21日~5月31日)に巡回します。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2014年10月29日 ]

超芸術トマソン

赤瀬川 原平 (著)

筑摩書房
¥ 1,188

 
会場千葉市美術館
開催期間2014年10月28日(火)~12月23日(火・祝)
所在地 千葉県千葉市中央区中央3-10-8
TEL : 043-221-2311
HP : http://www.ccma-net.jp/
展覧会詳細へ 赤瀬川原平の芸術原論 1960年代から現在まで 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京ステーションギャラリー「神田日勝
神田日勝
東京都江戸東京博物館「奇才
奇才
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 大阪市立美術館「フランス絵画の精華」
[エリアレポート]
フランス絵画の精華
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 渋谷区立松濤美術館「真珠 ― 海からの贈りもの」
[エリアレポート]
真珠
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 市原湖畔美術館「雲巻雲舒 ― 現代中国美術展・紙」
[エリアレポート]
雲巻雲舒
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
21_21
デザイナー達の原画
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 ハマスホイとデンマーク絵画 特別展「奇才―江戸絵画の冒険者たち―」 フランス絵画の精華
写真展「138億光年 宇宙の旅」 【特別展】竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイス 真珠 ― 海からの贈りもの 特集展示 大津絵と江戸の出版
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社