インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  キャプテン・クック探検航海と『バンクス花譜集』展

キャプテン・クック探検航海と『バンクス花譜集』展

■200年後に出版された超精密画集
【会期終了】 1768年、太平洋に出帆した英国海軍のジェームズ・クック(1728-79)。約3年に渡る探検航海では珍しい植物が多数採集されました。全743点の「バンクス花譜集(かふしゅう)」から120点を厳選して紹介する企画展が、Bunkamura ザ・ミュージアムで開催中です。
キャプテン・クックとして知られるジェームズ・クック。1768年8月26日~1771年7月12日に行われた第一回太平洋探検航海に同行したのが、「プラントハンター」のジョゼフ・バンクス(1743-1820)です。

大航海時代において、それまで知られていなかった植物を採集するのがプラントハンター。バンクスは植物学者や画家らによる科学班を率いて探検航海に同行し、帰国後に豪華な植物図鑑を出版する事となります。

展覧会ではBunkamura ザ・ミュージアムが所蔵する「バンクス花譜集」から、オーストラリアや太平洋の島々の植物を描いた銅版画を中心に紹介していきます。


会場入口から

会場構成は以下です

 プロローグ「科学的発見を目指した太平洋への航海」
 第1章「ソサエティ・アイランズ―金星観測の成功」
 第2章「ニュージーランド―勇ましき戦士たちの島」
 第3章「オーストラリア―花咲ける太平洋」
 第4章「ジャワ―パーキンソン最期の地」
 エピローグ「凱旋帰国、そして『バンクス花譜集』の出版へ」

バンクスは1771年に帰国した後、植物図譜の出版作業を進めましたが、自身の多忙や資金の欠如などで思うように進まないまま1820年に死去。残念ながら、存命中の出版はかないませんでした。オリジナルの銅版を用いて多色刷りの「バンクス花譜集」が出版されたのは、実に航海から200年以上も経った1980年代の事です。


第3章「オーストラリア―花咲ける太平洋」

「バンクス花譜集」は銅版画で、バンクスが持ち帰った植物標本と、探検航海に同行した画家のシドニー・パーキンソンによる写生をもとにしています(ちなみにパーキンソンは航海中に客死しました)。精密な描写は当然ながら、何よりも絵そのものの美しさが目にとまります。

楽しんでいただきたいのが、絵に添えられた植物の説明。「やぶの中でトイレットペーパーとして使われる」「毒性のある果実は魚捕りに使う」「紙のような樹皮は遺体を包むために使われた」などなど、ユニークです。


バンクス自身の名前を冠する事になった「バンクシア」の数々

会場には太平洋地域の民族資料やクックの関連資料も展示されています。

クックが指揮したのは、長さ33.3メートルのエンデヴァー号。4つの甲板を持つ帆船で、オーストラリア国立海事博物館にはエンデヴァー号を再現した現役の船もあるそうです。


民族資料などの展示も

公式サイトではさまざまなコラボグッズも紹介されています。注目は本展とBunkamuraル・シネマの映画「ナショナルギャラリー 英国の至宝」(1/17よりロードショー)がセットになった「Bunkamuraプレシャスチケットセット」、セットで2,500円(税込)です。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2014年12月22日 ]

キャプテン・クック―世紀の大航海者キャプテン・クック―世紀の大航海者

フランク マクリン (著), Frank Mclynn (原著), 日暮 雅通 (翻訳)

東洋書林
¥ 4,860

料金一般当日:1,300円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon

 
会場Bunkamura ザ・ミュージアム
開催期間2014年12月23日(火)~2015年3月1日(日)
所在地 東京都渋谷区道玄坂2-24-1 Bunkamura B1F
TEL : 03-5777-8600 (ハローダイヤル)
HP : http://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/14_banks/index.html
展覧会詳細へ キャプテン・クック探検航海と『バンクス花譜集』展 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京ステーションギャラリー「神田日勝
神田日勝
東京都江戸東京博物館「奇才
奇才
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 大阪市立美術館「フランス絵画の精華」
[エリアレポート]
フランス絵画の精華
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 渋谷区立松濤美術館「真珠 ― 海からの贈りもの」
[エリアレポート]
真珠
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 市原湖畔美術館「雲巻雲舒 ― 現代中国美術展・紙」
[エリアレポート]
雲巻雲舒
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
21_21
デザイナー達の原画
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 ハマスホイとデンマーク絵画 特別展「奇才―江戸絵画の冒険者たち―」 フランス絵画の精華
写真展「138億光年 宇宙の旅」 【特別展】竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイス 真珠 ― 海からの贈りもの 特集展示 大津絵と江戸の出版
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社