インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  キャプテン・クック探検航海と『バンクス花譜集』展

キャプテン・クック探検航海と『バンクス花譜集』展

■200年後に出版された超精密画集
【会期終了】 1768年、太平洋に出帆した英国海軍のジェームズ・クック(1728-79)。約3年に渡る探検航海では珍しい植物が多数採集されました。全743点の「バンクス花譜集(かふしゅう)」から120点を厳選して紹介する企画展が、Bunkamura ザ・ミュージアムで開催中です。
キャプテン・クックとして知られるジェームズ・クック。1768年8月26日~1771年7月12日に行われた第一回太平洋探検航海に同行したのが、「プラントハンター」のジョゼフ・バンクス(1743-1820)です。

大航海時代において、それまで知られていなかった植物を採集するのがプラントハンター。バンクスは植物学者や画家らによる科学班を率いて探検航海に同行し、帰国後に豪華な植物図鑑を出版する事となります。

展覧会ではBunkamura ザ・ミュージアムが所蔵する「バンクス花譜集」から、オーストラリアや太平洋の島々の植物を描いた銅版画を中心に紹介していきます。


会場入口から

会場構成は以下です

 プロローグ「科学的発見を目指した太平洋への航海」
 第1章「ソサエティ・アイランズ―金星観測の成功」
 第2章「ニュージーランド―勇ましき戦士たちの島」
 第3章「オーストラリア―花咲ける太平洋」
 第4章「ジャワ―パーキンソン最期の地」
 エピローグ「凱旋帰国、そして『バンクス花譜集』の出版へ」

バンクスは1771年に帰国した後、植物図譜の出版作業を進めましたが、自身の多忙や資金の欠如などで思うように進まないまま1820年に死去。残念ながら、存命中の出版はかないませんでした。オリジナルの銅版を用いて多色刷りの「バンクス花譜集」が出版されたのは、実に航海から200年以上も経った1980年代の事です。


第3章「オーストラリア―花咲ける太平洋」

「バンクス花譜集」は銅版画で、バンクスが持ち帰った植物標本と、探検航海に同行した画家のシドニー・パーキンソンによる写生をもとにしています(ちなみにパーキンソンは航海中に客死しました)。精密な描写は当然ながら、何よりも絵そのものの美しさが目にとまります。

楽しんでいただきたいのが、絵に添えられた植物の説明。「やぶの中でトイレットペーパーとして使われる」「毒性のある果実は魚捕りに使う」「紙のような樹皮は遺体を包むために使われた」などなど、ユニークです。


バンクス自身の名前を冠する事になった「バンクシア」の数々

会場には太平洋地域の民族資料やクックの関連資料も展示されています。

クックが指揮したのは、長さ33.3メートルのエンデヴァー号。4つの甲板を持つ帆船で、オーストラリア国立海事博物館にはエンデヴァー号を再現した現役の船もあるそうです。


民族資料などの展示も

公式サイトではさまざまなコラボグッズも紹介されています。注目は本展とBunkamuraル・シネマの映画「ナショナルギャラリー 英国の至宝」(1/17よりロードショー)がセットになった「Bunkamuraプレシャスチケットセット」、セットで2,500円(税込)です。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2014年12月22日 ]

キャプテン・クック―世紀の大航海者キャプテン・クック―世紀の大航海者

フランク マクリン (著), Frank Mclynn (原著), 日暮 雅通 (翻訳)

東洋書林
¥ 4,860

料金一般当日:1,300円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon

 
会場Bunkamura ザ・ミュージアム
開催期間2014年12月23日(火)~2015年3月1日(日)
所在地 東京都渋谷区道玄坂2-24-1 Bunkamura B1F
TEL : 03-5777-8600 (ハローダイヤル)
HP : http://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/14_banks/index.html
展覧会詳細へ キャプテン・クック探検航海と『バンクス花譜集』展 詳細情報
取材レポート
町田市立国際版画美術館「美人画の時代―春信から歌麿、そして清方へ―」
美人画の時代
国立科学博物館「特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて」
特別展 ミイラ
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
渋谷区立松濤美術館「日本・東洋 美のたからばこ」
美のたからばこ
横浜美術館「オランジュリー美術館コレクション
オランジュリー
国立西洋美術館「ハプスブルク展
ハプスブルク展
太田記念美術館「ラスト・ウキヨエ 浮世絵を継ぐ者たち ―悳俊彦コレクション」'
ラスト・ウキヨエ
東京国立近代美術館工芸館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション
竹工芸名品
東京国立博物館「正倉院の世界
正倉院の世界
五島美術館「特別展 美意識のトランジション ─ 十六から十七世紀にかけての東アジアの書画工芸 ─」
美のトランジション
東京都美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」'
コートールド美術館
国立歴史民俗博物館「ハワイ:日本人移民の150年と憧れの島のなりたち」
ハワイ:日本人移民
上野の森美術館「ゴッホ展」'
ゴッホ展
神奈川県立近代美術館
ふたたびの「近代」
Bunkamura
リヒテンシュタイン
国立新美術館「カルティエ、時の結晶」
カルティエ
福田美術館「開館記念 福美コレクション展」
福田美術館 開館
パナソニック汐留美術館「ラウル・デュフィ展 絵画とテキスタイル・デザイン」'
デュフィ
三井記念美術館「茶の湯名椀『高麗茶碗』」'
高麗茶碗
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
ハラ ミュージアムアーク「加藤泉 ― LIKE A ROLLING SNOWBALL」
加藤泉
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
エリアレポート MIHO MUSEUM「The 備前 ―土と炎から生まれる造形美―」
[エリアレポート]
The 備前
エリアレポート 名古屋市美術館「カラヴァッジョ展」
[エリアレポート]
カラヴァッジョ
エリアレポート 岐阜県美術館「リニューアルオープン特別企画」
[エリアレポート]
岐阜美リニューアル
エリアレポート 京都国立近代美術館「円山応挙から近代京都画壇へ」
[エリアレポート]
円山応挙
エリアレポート 秋田県立美術館 「特別展 キスリング展 エコール・ド・パリの巨匠」
[エリアレポート]
キスリング
エリアレポート 岡山芸術交流2019 「IF THE SNAKEもし蛇が」
[エリアレポート]
岡山芸術交流
エリアレポート 国立科学博物館「風景の科学展 芸術と科学の融合」
[エリアレポート]
風景の科学展
エリアレポート 横尾忠則現代美術館「横尾忠則 自我自損展」
[エリアレポート]
横尾忠則 自我自損
エリアレポート 中之島香雪美術館 「交流の軌跡―初期洋風画から輸出漆器まで」
[エリアレポート]
交流の軌跡
エリアレポート 県立神奈川近代文学館 特別展「中島敦展 ― 魅せられた旅人の短い生涯」
[エリアレポート]
中島敦
エリアレポート 東京オペラシティ アートギャラリー「カミーユ・アンロ 蛇を踏む」
[エリアレポート]
カミーユ・アンロ
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて 御即位記念特別展「正倉院の世界 ― 皇室がまもり伝えた美 ―」
ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 カラヴァッジョ展 ラウル・デュフィ展 ― 絵画とテキスタイル・デザイン ― 特別展 「大浮世絵展 ー 歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演 ー」
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
エントリー受付中です
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社