インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  グエルチーノ展 よみがえるバロックの画家

グエルチーノ展 よみがえるバロックの画家

■ヨーロッパ中に届いた名声
【会期終了】 イタリア・バロック美術を代表する画家、グエルチーノ(本名ジョヴァンニ・フランチェスコ・バルビエーリ)。見ごたえがある巨大な宗教画が並ぶ、日本初のグエルチーノ展です。
かつては、イタリア美術史における最も著名な画家に数えられていたグエルチーノ。19世紀半ば以降には、次第に忘れられた存在になって行きましたが、近年は再評価が進み、イタリアでは大きな展覧会が何度も開催されるようになっています。

本展は、日本で初めてのグエルチーノ展。グエルチーノの傑作《ゴリアテの首を持つダヴィデ》を所蔵している国立西洋美術館が会場です。


1章「名声を求めて」

作品は全44点(うちグエルチーノ作品は39点)と「西洋美術の展覧会にしてはやや少なめ?」と早合点しそうですが、会場に入ると思い込みは一変。作品は3点のフレスコを除いて全て油彩、しかもかなり大型の作品が多く、圧倒されるほどの迫力です。

構成は5章で、ほぼ年代順に進みます。

 1章 名声を求めて
 2章 才能の開花
 3章 芸術の都ローマとの出会い
 4章 後期① 聖と俗のはざまの女性像 ─ グエルチーノとグイド・レーニ
 5章 後期➁ 宗教画と理想の追求


2章「才能の開花」

ほぼ独学で絵の技術を身につけたグエルチーノ(ちなみに「グエルチーノ」は「斜視の小男」という意味のあだ名です)。生まれ故郷のチェントで制作を始めた後、ボローニャでも成功。さらに芸術の都・ローマでも活躍し、イタリアを代表する画家にのぼり詰めます。

展覧会メインビジュアルの《聖母被昇天》は、ローマ滞在中に完成し、チェントに持ち帰られたと思われる作品。極端な見上げの構図で、聖母マリアの昇天をドラマチックに表現しています。


3章「芸術の都ローマとの出会い」

本展は作品の多くがグエルチーノの出身地であるチェント市立絵画館から出品されていますが、チェントは2012年5月に大地震に見舞われ、市立絵画館も被災しました。

絵画は守られたものの運び出され、絵画館は現在も閉館したまま。復旧のめども立っていません。本展は震災復興事業でもあり、収益の一部は絵画館の復興に充てられます


4章「後期① 聖と俗のはざまの女性像 ─ グエルチーノとグイド・レーニ」、5章「後期➁ 宗教画と理想の追求」

報道では「知られざる画家」という紹介も散見されますが、存命中はイギリス国王やフランス国王からも宮廷に招聘されるなど(いずれも辞退しています)、その名声はヨーロッパ中に響いていたグエルチーノ。ほの暗い展示室で見ると、後ずさりしてしまうほどのインパクトです。

国立西洋美術館だけでの単独開催です。お見逃しなく。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2015年3月2日 ]

TOKYO美術館2015-2016TOKYO美術館2015-2016

コロナ・ブックス編集部 (編集)

エイ出版社
¥ 999

料金一般当日:1,500円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon

 
会場国立西洋美術館
開催期間2015年3月3日(火)~5月31日(日)
所在地 東京都台東区上野公園7-7
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://www.tbs.co.jp/guercino2015/
展覧会詳細へ グエルチーノ展 よみがえるバロックの画家 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京ステーションギャラリー「神田日勝
神田日勝
東京都江戸東京博物館「奇才
奇才
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 大阪市立美術館「フランス絵画の精華」
[エリアレポート]
フランス絵画の精華
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 渋谷区立松濤美術館「真珠 ― 海からの贈りもの」
[エリアレポート]
真珠
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 市原湖畔美術館「雲巻雲舒 ― 現代中国美術展・紙」
[エリアレポート]
雲巻雲舒
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
21_21
デザイナー達の原画
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 ハマスホイとデンマーク絵画 特別展「奇才―江戸絵画の冒険者たち―」 フランス絵画の精華
写真展「138億光年 宇宙の旅」 【特別展】竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイス 真珠 ― 海からの贈りもの 特集展示 大津絵と江戸の出版
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社