インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  救いとやすらぎのほとけ ─ 菩薩

救いとやすらぎのほとけ ─ 菩薩

■観音、普賢、文殊、地蔵…庶民を救うほとけの姿
【会期終了】 菩提薩埵(ぼだいさった)の略称である菩薩(ぼさつ)。人間の苦楽に向き合い、救済の手を差しのべる菩薩は、古来さまざまな姿で表現されてきました。飛鳥時代から江戸時代までの菩薩の諸相を、根津美術館の館蔵品を中心に紹介する企画展です。
サンスクリットのbodhisattva(ボーディ・サットヴァ)の音写「菩提薩埵」に由来する菩薩。もとは「悟り+生けるもの」の意味です。他者にも悟りを導く存在としての菩薩は1世紀頃から広く信仰されるようになり、仏教の飛躍的な拡大につながりました。

本展は飛鳥時代から江戸時代まで、菩薩を表した彫刻や絵画を紹介する企画。如来や明王だけの作品はNGと厳しい縛りですが、充実した仏教美術コレクションを誇る根津美術館ならではといえます。


会場入口から第1展示室と、第2展示室

さまざまな種類がある菩薩。文殊菩薩と普賢菩薩は釈迦如来の両脇に控えるポピュラーな菩薩です。普賢は白象に、文殊は獅子に乗った姿でよく表されます。

地獄に堕ちた者まで救ってくれるのが、地蔵菩薩。平安時代の後期以降、身近なほとけとして信仰を集めてきました。

地蔵は物語絵にも登場します。紹介されている《矢田地蔵縁起絵巻》では、恐ろしい地獄絵とともに「毎月決まった日に矢田寺に参詣すると、地獄の責め苦から逃れられる」と説いています。


菩薩の諸相 普賢菩薩、文殊菩薩、地蔵菩薩

展示室1の奥には、見ごたえがある大きな木彫の仏像が4軀。右から飛鳥時代、平安時代、鎌倉時代が2軀と、時代順の並びです。

その表現は、時代ごとに特徴が見られます。飛鳥時代は痩身の童子の姿、平安時代は浅い衣文(えもん)で穏やかな顔立ち、鎌倉時代は表情が引き締まり、衣の表現もダイナミックになってきます。


飛鳥時代、平安時代、鎌倉時代の菩薩像が並びます

本展の開幕にあわせ、テーマ展である展示室3が久しぶりに展示替えされました。一人の尼僧が750年以上前に書いた全600巻の大般若経で、根津美術館はうち541巻を所有しています。

14年の歳月を費やして600巻を書写したのは、尼僧の浄阿(じょうあ)。各巻には書写日が記され、巻末には回向者の名前も列記。経巻を収めた厨子の屋根板にも、転読の費用として寄進された庄田の詳細も記されています。

2年に及ぶ厨子の修繕が終わり、ようやく公開。美術的な価値はもちろん、民俗学や女性史研究においても貴重な資料として注目を集めそうです。


展示室3の《春日若宮大般若経》と《春日厨子》

取材前日には、来日したばかりのドイツ・メルケル首相も本展を訪問しました。メルケル首相を安倍首相が自ら案内。あいにくの天気でしたが庭園にも足を運び、日本が誇る伝統文化を楽しまれたそうです。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2015年3月10日 ]

TOKYO美術館2015-2016TOKYO美術館2015-2016

 

エイ出版社
¥ 999


■根津美術館 菩薩 に関するツイート


 
会場根津美術館
開催期間2015年3月7日(土)~4月6日(月)
所在地 東京都港区南青山6-5-1
TEL : 03-3400-2536
HP : http://www.nezu-muse.or.jp/
展覧会詳細へ 救いとやすらぎのほとけ ─ 菩薩 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京ステーションギャラリー「神田日勝
神田日勝
東京都江戸東京博物館「奇才
奇才
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 大阪市立美術館「フランス絵画の精華」
[エリアレポート]
フランス絵画の精華
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 渋谷区立松濤美術館「真珠 ― 海からの贈りもの」
[エリアレポート]
真珠
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 市原湖畔美術館「雲巻雲舒 ― 現代中国美術展・紙」
[エリアレポート]
雲巻雲舒
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
21_21
デザイナー達の原画
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 ハマスホイとデンマーク絵画 特別展「奇才―江戸絵画の冒険者たち―」 フランス絵画の精華
写真展「138億光年 宇宙の旅」 【特別展】竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイス 真珠 ― 海からの贈りもの 特集展示 大津絵と江戸の出版
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社