インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  画鬼・暁斎 ─ KYOSAI

画鬼・暁斎 ─ KYOSAI

■「狂画の暁斎」のみに非ず
【会期終了】 幕末明治期に絶大な人気を博した河鍋暁斎(1831-1889)。戯画だけでなく仏画、風俗画、動物画とあらゆるジャンルをこなした暁斎の全容に迫る展覧会が、暁斎の弟子でもあったジョサイア・コンドルが設計した三菱一号館美術館で開催中。8月4日(火)からは後期展がスタートしました。
三菱一号館などを設計したジョサイア・コンドルは、1877(明治10)年に「お雇い外国人」として来日。「日本近代建築の父」と称される活躍の一方で、コンドルは日本文化にも親しみを持っており、生け花から落語、日本舞踊まで、幅広く関心を寄せていました。

コンドルが暁斎に入門したのは1881(明治14)年、2年後には「暁英」という号を授けられるまで腕をあげました。

本展の前半は、コンドルと暁斎の交流や、コンドルの画業や日本研究について。暁斎は21歳年下のこの英国人を可愛がり、友人関係のような付き合いを続けました。


会場前半 コンドルによる《Kiyosai Sensei. at Nikko. Augst 5th》は後期からの展示です

3階最奥の大きな展示室は、第4章「暁斎とコンドルの交流」。暁斎作品の本格的な紹介はこの章からです。

生前から戯画で人気が高かった暁斎。歌川国芳の門下生なのでいかにも、といった感もありますが、実は国芳門下で学んだのは、数えで7歳からわずか2年ほど。その後狩野派に学びましたが、狩野派のスポンサーである幕府や大名は凋落していたため、戯画の制作が主流になった、というのが実像です。

会場を進むと、その力量が「狂画(戯画)の暁斎」に留まらないのは一目瞭然。どんなジャンルでもそつなくこなす、異例の天才絵師でした。


Ⅳ「暁斎とコンドルの交流」

狩野派ゆかりの正統的画風としては、道釈人物画や山水画に優品が出品されていますが、ここでは「いかにも暁斎」という作品《月に狼図》をご紹介したいと思います。

上部には墨のボカシで妖しく光る月。荒々しい筆致で描かれた狼が咥えるのは、唇が取れ、歯茎と歯が剥き出しになった人の生首です。

数えで9歳の時、梅雨で増水した神田川で生首を拾って写生をし、周囲の大人を吃驚させたという伝説を持つ暁斎。冷静な観察眼と驚くべき想像力によって、あまりにもインパクトが強い作品に仕立てています。


Ⅴ-5「動物画」

最後の展示室で紹介されているのが、美人画。暁斎の美人画は人気があり、地獄太夫を描いた作品などはいくつかのバージョンが存在します。

中でも目をひくのが、最奥に並ぶ《横たわる美人に猫図》と《美人観蛙戯図》。ともに動物を眺める美人ですが、憂いを帯びた女性の表情はかなり個性的です。パワフルな作品はもちろんですが、一見穏やかなこの手の画題からも、暁斎の高い力量が見てとれます。


Ⅴ-9「美人画」

弟子であるコンドルとの関係をベースにした展覧会のため、コンドルが設計した三菱一号館美術館のみでの開催。会期はすでに後期に入っています。金曜日は20時まで観覧できますので(他の曜日は18時まで、いずれも入館は30分前まで)、お見逃しなく。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2015年8月4日 ]

芸術新潮 2015年 07 月号芸術新潮 2015年 07 月号

 

新潮社
¥ 1,440

料金一般当日:1,500円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon


■画鬼・暁斎 に関するツイート


 
会場三菱一号館美術館
開催期間2015年6月27日(土)~9月6日(日)
所在地 東京都千代田区丸の内2-6-2
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://mimt.jp/kyosai/
展覧会詳細へ 画鬼・暁斎 ─ KYOSAI 詳細情報
取材レポート
上野の森美術館「ゴッホ展」'
ゴッホ展
東京国立博物館「正倉院の世界
正倉院の世界
パナソニック汐留美術館「ラウル・デュフィ展 絵画とテキスタイル・デザイン」'
デュフィ
三井記念美術館「茶の湯名椀『高麗茶碗』」'
高麗茶碗
鳥取県立博物館「殿様の愛した禅 黄檗文化とその名宝」
黄檗文化とその名宝
森アーツセンターギャラリー「バスキア展
バスキア
国立新美術館「カルティエ、時の結晶」
カルティエ
渋谷区立松濤美術館「日本・東洋 美のたからばこ」
美のたからばこ
福田美術館「開館記念 福美コレクション展」
福田美術館 開館
太田記念美術館「歌川国芳 ─ 父の画業と娘たち」
歌川国芳
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
横浜美術館「オランジュリー美術館コレクション
オランジュリー
東京国立近代美術館工芸館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション
竹工芸名品
根津美術館「美しきいのち
美しきいのち
サントリー美術館「黄瀬戸・瀬戸黒・志野・織部
美濃の茶陶
21_21 DESIGN SIGHT「虫展 ―デザインのお手本―」
虫 展
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
ハラ ミュージアムアーク「加藤泉 ― LIKE A ROLLING SNOWBALL」
加藤泉
森美術館「塩田千春展:魂がふるえる」
塩田千春
日本科学未来館「企画展「マンモス展」 その「生命」は蘇るのか」'
マンモス展
江戸東京博物館「士
士 サムライ
エリアレポート 世田谷美術館 「チェコ・デザイン 100年の旅」
[エリアレポート]
チェコ・デザイン
エリアレポート MIHO MUSEUM「The 備前 ―土と炎から生まれる造形美―」
[エリアレポート]
The 備前
エリアレポート 秋田県立近代美術館 「若冲と京の美術」
[エリアレポート]
若冲と京の美術
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 ラウル・デュフィ展 ― 絵画とテキスタイル・デザイン ― 大観・春草・玉堂・龍子 ― 日本画のパイオニア ―
ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 秋季特別展「名場面」 ヨーロッパの宝石箱 リヒテンシュタイン 侯爵家の至宝展 秋季企画展「技と造形の縄文世界」
博物館・美術館検索
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社