インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  エリック・サティとその時代展

エリック・サティとその時代展

■芸術家を虜にした、異端の作曲家
【会期終了】 20世紀への転換期に活躍したフランスの作曲家、エリック・サティ(1866-1925)。ピカソ、コクトー、マン・レイ、ピカビアなど、生涯を通じて芸術家と交流したサティに焦点を当てた企画展が、Bunkamura ザ・ミュージアムではじまりました。
異端の作曲家といわれたエリック・サティ。名前は知らなくとも「ジムノペディ」「ジュ・トゥ・ヴー」などはCMやゲーム、環境音楽、さらにケータイの着メロなどでも用いられているため、耳にした事がある方も多いと思います。

サティはノルマンディ地方の港町生まれ。パリ音楽院に入学しますが「たいへん居心地が悪く」て退学、1887年にパリ・モンマルトルに移ります。

当時のモンマルトルでは、自由な発想の作家や芸術家たちがキャバレーのシャ・ノワールに集っていました。サティも常連客になり、キャバレーで伴奏者をしていた事もあります。

展覧会の第1章では、ロートレックのポスターなどで世紀末モンマルトルのキャバレー文化を紹介。本展で初めて公開される貴重な楽譜なども並びます。


第1章「モンマルトルでの第一歩」

詩人が通う本屋で、サティは常連客だった秘教主義の思想家、ジョゼファン・ペラダンに出会います。ペラダンは主宰する「薔薇十字会」の聖歌隊長にサティを任命。サティも共に活動しますが、サティが会の規則を破った事で両者は袂を分かちます。

サティが破った規則は"純潔"。相手は画家のシュザンヌ・ヴァラドン(ロートレックやルノワールなどのモデルも務めた、ユトリロの母)でした。五線譜に肖像を描くなど、サティはヴァラドンにぞっこんでしたが、半年ほどで破局を迎えています。


第2章「秘教的なサティ」

1898年、サティはパリ郊外のアルクイユ=カシャンに移りますが、モンマルトルへ通う生活は変わりませんでした。

地域の人のために音楽教室を開くなど、徐々に活動の幅を広げていったサティ。1911年に作曲家のモーリス・ラヴェルが公の場所でサティの音楽を紹介した事も大きな転機となり、高級モード雑誌の「ガゼット・デュ・ボン・トン」からシャルル・マルタンによる挿絵入りの楽譜集を出版する話が舞い込みます。

壁面に並ぶのが、その楽譜集『スポーツと気晴らし』。ピアノのための21の短い曲からなり、楽譜にはサティによる皮肉を含んだ言葉も散りばめられています。


第3章「アルクイユにて」

会場はこの後に、第4章「モンパルナスのモダニズムのなかで」、第5章「サティの受容」と続き、いよいよフランシス・ピカビア、パブロ・ピカソ、マン・レイらの作品が登場しますが、残念ながら本稿でご紹介できるのはここまで。後はサティの音楽が流れる会場でお楽しみください。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2015年7月7日 ]

サティ:ピアノ作品集1サティ:ピアノ作品集1

高橋悠治 (アーティスト, 演奏)

 
¥ 979

料金一般当日:1,400円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon


■エリック・サティとその時代展 に関するツイート


 
会場Bunkamura ザ・ミュージアム
開催期間2015年7月8日(水)~8月30日(日)
所在地 東京都渋谷区道玄坂2-24-1 Bunkamura B1F
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://www.bunkamura.co.jp/museum/
展覧会詳細へ エリック・サティとその時代展 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京ステーションギャラリー「神田日勝
神田日勝
東京都江戸東京博物館「奇才
奇才
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 大阪市立美術館「フランス絵画の精華」
[エリアレポート]
フランス絵画の精華
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 渋谷区立松濤美術館「真珠 ― 海からの贈りもの」
[エリアレポート]
真珠
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 市原湖畔美術館「雲巻雲舒 ― 現代中国美術展・紙」
[エリアレポート]
雲巻雲舒
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
21_21
デザイナー達の原画
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 ハマスホイとデンマーク絵画 特別展「奇才―江戸絵画の冒険者たち―」 フランス絵画の精華
写真展「138億光年 宇宙の旅」 【特別展】竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイス 真珠 ― 海からの贈りもの 特集展示 大津絵と江戸の出版
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社