インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  蔡國強展:帰去来

蔡國強展:帰去来

■世界的な現代美術家、"故郷"の日本へ
【会期終了】 火薬を爆発させてカンヴァスや和紙に画像を定着させる「火薬ドローイング」で、世界を舞台に活躍する現代美術家の蔡國強(ツァイ・グオチャン/さいこっきょう、1957-)。日本では7年ぶりとなる大規模個展が、横浜美術館で開催中です。
横浜美術館で開催されている蔡國強展。まず美術館1階のグランドギャラリー(エントランス)に、本展のため横浜で制作された新作《夜桜》が展示されています(制作の模様はこちらです)。

かがり火を挟んで巨大な桜が咲き、上方には睨みを利かせるミミズク。一気に開花して儚く散っていく桜は、火薬との共通点が見受けられます。

サイズは縦8m×横24mで、蔡の火薬ドローイング作品としては最大級。高知で漉かれた大型の和紙は、近くで見るとかなり分厚い事も分かります。この作品のみ撮影可能です(自撮り棒は使用できません)


《夜桜》

二階に進むと、最初の展示室には《人生四季:春、夏、秋、冬》。浮世絵師・月岡雪鼎の肉筆春画《四季画巻》から着想した作品で、性的な表現が含まれます(それほど強烈ではありません)。

絡み合う二人は、中性的な面持ち。身体には花札の絵柄、背景にも季節感を表す花鳥が描かれています。季節が繰り返されるように、命も巡っていくさまを表しています。

この作品は、カンヴァスが支持体。鮮やかな色彩を用いた火薬絵画は、蔡にとって新たな試みとなります。


《人生四季:春、夏、秋、冬》

中国・泉州市に生まれた蔡。泉州市の徳化窯は中国有数の白磁の産地で、この地で生まれた磁器は古くから欧米でも珍重されていました。

白磁の職人との協業で生まれた作品が《春夏秋冬》です。4枚のパネルはそれぞれ60枚の白磁板で構成され、薄い磁土を重ねる伝統的な技法で、四季の花と情景が作られています。

その白磁のレリーフに、蔡は火薬を撒いて爆発。戦災後にも思える痛々しい様相ですが、暴力に立ち向かうように自然の姿が残っています。


《春夏秋冬》

同じ展示室の《朝顔》は、横浜美術大学の学生との協働制作です。

学生がテラコッタで花と葉を制作。その上に火薬を撒いて爆発させ、複雑な陰影が付けられています。花と葉は、天井から吊るされた自然の藤蔓に取り付けられ、まるで天から植物が下りてきたかのように見えます。


《朝顔》

展覧会のメインビジュアルになっている話題作が《壁撞き》。2006年にドイツで行われた個展で発表され、日本での公開は初めてとなります。

等身大の99匹の狼が群れを成し、ガラス壁に突進。はね返されても群の最後に戻り、何度も挑戦しようとしているように見えます。

ドイツは統一される過程で、ベルリンの壁はあっけなく消滅したものの、東西ドイツの間にはさまざまな障壁がありました。作品のガラス壁は、ベルリンの壁とほぼ同じ高さ。「見えない壁」を壊す事の困難さを表すとともに、挑戦を続ける意義も示しています。


《壁撞き》

展覧会名の「帰去来」は、中国の詩人・陶淵明の代表作からの引用で、官職を辞して田園に生きる決意を表したこの詩に、久しぶりに日本という原点に戻る(蔡は1986年から95年に日本に滞在し、筑波大学で学んでいました)蔡の想いが込められています。哲学的な作品を平易な言葉で解説してくれる映像作品も、展示室で上映されています(蔡は日本語が話せます)。ぜひ時間をとってご覧ください

年齢を感じさせない引き締まった身体で世界中を飛びまわる、超売れっ子アーティスト。横浜での制作期間中も、ホテルのジムでのトレーニングを欠かさなかったそうです。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2015年7月15日 ]

蔡國強 帰去来蔡國強 帰去来

蔡國強 (著), 横浜美術館 (監修), モ・クシュラ株式会社 (編集)

モ*クシュラ株式会社
¥ 2,799


■横浜美術館による関連動画
 → アーティスト・トーク
 → オフィシャル・ムービー

■蔡國強展 に関するツイート


 
会場横浜美術館
開催期間2015年7月11日(土)~10月18日(日)
所在地 神奈川県横浜市西区みなとみらい3-4-1
TEL : 045-221-0300
HP : http://yokohama.art.museum/special/2015/caiguoqiang/
展覧会詳細へ 蔡國強展:帰去来 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京ステーションギャラリー「神田日勝
神田日勝
東京都江戸東京博物館「奇才
奇才
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 大阪市立美術館「フランス絵画の精華」
[エリアレポート]
フランス絵画の精華
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 渋谷区立松濤美術館「真珠 ― 海からの贈りもの」
[エリアレポート]
真珠
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 市原湖畔美術館「雲巻雲舒 ― 現代中国美術展・紙」
[エリアレポート]
雲巻雲舒
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
21_21
デザイナー達の原画
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 ハマスホイとデンマーク絵画 特別展「奇才―江戸絵画の冒険者たち―」 フランス絵画の精華
写真展「138億光年 宇宙の旅」 【特別展】竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイス 真珠 ― 海からの贈りもの 特集展示 大津絵と江戸の出版
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社