インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  あこがれ アルフォンス・ミュシャに魅せられた人々

あこがれ アルフォンス・ミュシャに魅せられた人々

■「ミュシャ展」から里帰り
【会期終了】 アール・ヌーヴォーを代表する芸術家、アルフォンス・ミュシャ(1860-1939)。優美な作品は世界中の美術ファンに愛されていますが、大規模なコレクションが大阪・堺市にある事はあまり知られていないかもしれません。ミュシャに魅了された人々の視点をたどる展覧会が開催中の、堺 アルフォンス・ミュシャ館をご紹介します。
独創的な作品で、同時代の作家からも支持を集めたミュシャ。本展は「時代のミューズ」「ミュシャとその時代」「ミュシャと日本人」の3章で、ミュシャと周辺作家の作品を紹介し、改めてミュシャの作家像を見つめなおす企画です。

まずは第1展示室から。大女優のサラ・ベルナールとの出会いから一躍スターダムに躍り出たミュシャ。アール・ヌーヴォーの指針となった「ミュシャ・スタイル」は、19世紀末のパリを席巻しました。

会場には出世作の《ジスモンダ》をはじめ、代表作がずらり。大型の歴史画《クオ・ヴァディス》、暖炉を飾るために描かれた《ウミロフ・ミラー》と、油彩の大作も至近距離で堪能できます。


4階・展示室1

続いて第2展示室へ。ここで展示されている大作《ハーモニー》は、堺 アルフォンス・ミュシャ館の目玉のひとつ。約60年も所在が分からなくなっていた作品で、習作とともに紹介されています。

鑑賞中に気がついたのが、光沢があるポスター。ミュシャのポスターには描かれているモチーフに光る加工がしばしば見られます。角度を変えて見る事で、光を受けたその輝きの効果が良くわかります。

最後に紹介されているのが土居君雄氏。「カメラのドイ」で知られる株式会社ドイの創業者である土居君雄氏はミュシャの作品を愛し、積極的に作品を収集。ミュシャの息子・イジー氏の協力も得て世界有数のミュシャ・コレクションとなり、その後堺市に寄贈されて、堺 アルフォンス・ミュシャ館として結実しました。ミュシャに魅せられた土居氏がいたからこそ、堺でミュシャ作品を楽しむ事ができるのです。


4階・展示室2

3階の展示室もご紹介しましょう。堺 アルフォンス・ミュシャ館は4階と3階に展示室があり、企画展が開催されている4階に対し、3階では複製画などを展示。アール・ヌーヴォー調の家具も用意されており、ミュシャ関連書籍を自由に閲覧する事ができます。

体験型のデジタルコンテンツもあり、作品の検索や、細部を鑑賞できる「見どころ虫眼鏡」のほか、ミュシャ作品のパーツを拡大・縮小して自由にレイアウトできるメニューで、小さな子どもでも楽しめそうです。


3階の展示室

今春、国立新美術館で開催されたミュシャ展は大変な話題となりましたが、展覧会の後半で展示されていた作品は、その多くが堺市の所蔵。

堺 アルフォンス・ミュシャ館は今年2月~6月末まで施設改修のため休館しており(再オープンを飾るのが本展です)、休館中に東京のミュシャ展に出展されていた、という事です。

多くのファンでにぎわった東京ではゆっくり見られなかった方は、ぜひ堺まで。JR「堺市」駅から2Fデッキで直結、容易にアクセスできます。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2017年7月21日 ]

ミュシャのすべてミュシャのすべて

 

KADOKAWA
¥ 972


■アルフォンス・ミュシャ館 に関するツイート


 
会場堺 アルフォンス・ミュシャ館
開催期間2017年7月1日(土)~11月5日(日)
所在地 大阪府堺市堺区田出井町1-2-200ベルマージュ堺弐番館
TEL : 072-222-5533
HP : http://mucha.sakai-bunshin.com/
展覧会詳細へ あこがれ アルフォンス・ミュシャに魅せられた人々 詳細情報
取材レポート
森アーツセンターギャラリー「新・北斎展 HOKUSAI UPDATED」
新・北斎展
原美術館「「ソフィ カル ― 限局性激痛」原美術館コレクションより」
ソフィ カル
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
東京国立博物館「特別展「顔真卿 王羲之を超えた名筆」」
顔真卿
根津美術館「酒呑童子絵巻 ― 鬼退治のものがたり ―」
酒呑童子絵巻
三菱一号館美術館「フィリップス・コレクション展」
フィリップス展
Bunkamura ザ・ミュージアム「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」
ロマンティック
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
弥生美術館「画業60年還暦祭 バロン吉元☆元年」
バロン吉元☆元年
世田谷美術館「ブルーノ・ムナーリ ―― 役に立たない機械をつくった男」
ブルーノ・ムナーリ
ソニーミュージック六本木ミュージアム「乃木坂 46 Artworks だいたいぜんぶ展」
乃木坂 46 展
三鷹市美術ギャラリー「「タータン 伝統と革新のデザイン」展」
タータン
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
モダン美人誕生
三井記念美術館「国宝 雪松図と動物アート」
雪松図と動物アート
岡田美術館「開館5周年記念展 美のスターたち ―光琳・若冲・北斎・汝窯など名品勢ぞろい―」
美のスターたち
京都国立近代美術館「世紀末ウィーンのグラフィック」
[エリアレポート]
世紀末ウィーン
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
パナソニック 汐留ミュージアム「子どものための建築と空間展」
[エリアレポート]
建築と空間展
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
[エリアレポート]
千の技術博
渋谷区立松濤美術館「終わりのむこうへ : 廃墟の美術史」
[エリアレポート]
終わりのむこうへ
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
[エリアレポート]
モダン美人誕生
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
顔真卿 王羲之を超えた名筆 新・北斎展 HOKUSAI UPDATED ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史
フェルメール展 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア 山口晃 「昼ぬ修羅」 フィリップス・コレクション展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社