インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  文豪・泉鏡花×球体関節人形~迷宮、神隠し、魔界の女~

文豪・泉鏡花×球体関節人形~迷宮、神隠し、魔界の女~

■人形で甦る鏡花文学の女人たち
【会期終了】 魔・神・人…鏡花文学に登場する怪しくも儚い女人たちを、まるで生きているかのように思えるほど存在感がある「球体関節人形」で表現した展覧会が、弥生美術館で開催中です。
泉鏡花は1873(明治6)年、石川県金沢市生まれ。尾崎紅葉の作品を読んで作家を目指し、18歳で紅葉門下生になります。

生涯300編余りの作品の中で、鏡花が繰り返し描いたテーマは〈母〉と〈異界〉、そして〈水〉でした。特に〈母〉は9歳で亡くした追慕の念が、彼の創作活動の基礎となっています。

展覧会では、こうしたテーマに沿った女人たちの球体関節人形を展示、紹介しています。

いつものように会場の扉をくぐると、どことなくひんやりとした雰囲気は、まさに異界そのもの。弥生美術館で人形を中心にした展覧会が行われるのは、今回が初めてです。

順路の案内どおりに左手を見ると、鏡花の首が。日本における球体関節人形の草分け的存在、吉田良による作品です。鏡花の視線を感じながら、展覧会はスタートします。

日本橋芸者をめぐる人間関係が入り乱れる愛と死のメロドラマ『日本橋』。発表の翌年に真山青果の脚色で上演されて以来、新劇派の定番として人気を博した作品です。

水澄美恵子による《お考とお千世》は、強気な女性と、そんな彼女に憧れる少女という姉妹のような関係が表されています。


弥生美術館 文豪・泉鏡花×球体関節人形 1階

ホシノリコの作品は、大正3(1914)年に『淑女画報』(博文館)から発表された『革鞄の怪』の世界を表したもの。偶然出会った花嫁に妻子を亡くした男が心を乱し、その袖とともに思い出などすべて大きな革鞄に封じ込め、進んで制裁を甘受しようとする男の行動を再現しています。

あどけない花嫁の袖の先には執念を感じる白い手が伸び、その袖をつかんで離さない様子がなんとも不気味です。

その隣の『茸の舞姫』もホシノリコの作品ですが、こちらは『革鞄の怪』とは雰囲気がガラリと変わります。

泉鏡花の作品の違いにより、同じ人形作家から全く異なった世界が生まれる事もお楽しみいただけます。


弥生美術館 文豪・泉鏡花×球体関節人形 2階

2階の展示室に入ると、また左側から視線を感じます。

1階の鏡花の眼差しとは違う、恨みの籠った視線は、愛実による『琵琶伝』のお通です。夫の咽喉を食い破って殺害を果たすお通の狂人っぷりが、見事に再現されています。

薄く開いた唇からは「ツウチャン、ツウチャン、ツウチャン」と聞こえてきそうなほど、精巧に作られています。

照度が落とされた会場に展示されている人形たちは、すべて生きているかのような存在感があります。近づいてみると、呼吸をしているのはと思うほどです。その様子をぜひ体感いただけたらと思います。

また展覧会と一緒にオススメしたいのが、図録です。本展の人形と解説が掲載された豪華な図録は、読むだけでも鏡花文学の世界観に入り込んだようになります。遠方なのでとても行けない・・・でも見たい。そういう方はぜひ。

[ 取材・撮影・文:静居絵里菜 / 2018年6月30日 ]

鏡花人形: 文豪泉鏡花+球体関節人形鏡花人形: 文豪泉鏡花+球体関節人形

吉田良 (著), 野口哲也 (著)

河出書房新社
¥ 2,808


 
会場弥生美術館
開催期間2018年7月1日(日)~9月24日(月・祝)
所在地 東京都文京区弥生2-4-3
TEL : 03-3812-0012
HP : http://www.yayoi-yumeji-museum.jp/
展覧会詳細へ 文豪・泉鏡花×球体関節人形~迷宮、神隠し、魔界の女~ 詳細情報
取材レポート
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
ムンク展
国立西洋美術館「ルーベンス展 ─ バロックの誕生」
ルーベンス展
根津美術館「酒呑童子絵巻 ― 鬼退治のものがたり ―」
酒呑童子絵巻
原美術館「「ソフィ カル ― 限局性激痛」原美術館コレクションより」
ソフィ カル
サントリー美術館「扇の国、日本」
扇の国、日本
弥生美術館「画業60年還暦祭 バロン吉元☆元年」
バロン吉元☆元年
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
三菱一号館美術館「フィリップス・コレクション展」
フィリップス展
東京国立博物館「特別展「顔真卿 王羲之を超えた名筆」」
顔真卿
世田谷美術館「ブルーノ・ムナーリ ―― 役に立たない機械をつくった男」
ブルーノ・ムナーリ
ソニーミュージック六本木ミュージアム「乃木坂 46 Artworks だいたいぜんぶ展」
乃木坂 46 展
三鷹市美術ギャラリー「「タータン 伝統と革新のデザイン」展」
タータン
Bunkamura ザ・ミュージアム「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」
ロマンティック
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
モダン美人誕生
森美術館「カタストロフと美術のちから展」
カタストロフと美術
三井記念美術館「国宝 雪松図と動物アート」
雪松図と動物アート
国立国際美術館「ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代」
ニュー・ウェイブ
日本橋高島屋S.C. 本館 8階ホール「浮世絵最強列伝 ― 江戸の名品勢ぞろい ―」
[エリアレポート]
浮世絵最強列伝
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
[エリアレポート]
ムンク展
パナソニック 汐留ミュージアム「子どものための建築と空間展」
[エリアレポート]
子どものための
渋谷区立松濤美術館「終わりのむこうへ : 廃墟の美術史」
[エリアレポート]
終わりのむこうへ
山種美術館「【特別展】皇室ゆかりの美術 ― 宮殿を彩った日本画家 ―」」
[エリアレポート]
皇室ゆかりの美術
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ルーベンス展 ー バロックの誕生 新・北斎展 HOKUSAI UPDATED 顔真卿 王羲之を超えた名筆
ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア フェルメール展 ムンク展―共鳴する魂の叫び
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社