インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  特別展「仏像の姿」~ 微笑む・飾る・踊る~

特別展「仏像の姿」~ 微笑む・飾る・踊る~

■仏像鑑賞、三つのポイント
しばしば開催される、仏像を主軸にした美術展。その多くは地域や時代、宗派などが切り口になりますが、三井記念美術館で開催中の本展は「仏像の形態」そのものがテーマです。「顔」「装飾」「動きとポーズ」に着目し、仏師の感性と技術に迫ります。
信仰の対象として、大切に守られてきた仏像。近年は美術館で仏像を鑑賞する機会も増え、その造形性への注目は増すばかりです。

仏像を鑑賞するポイントとして、本展では三つの視点をピックアップ。最も重要な部位である「顔」、彩色や装身具などの演出が見られる「装飾」、微妙な所作も含めた「動きとポーズ」で、より深く仏像に親しんでいただこうという試みです。

会場は章ごとの分類ではなく、いにしえの仏像と、模刻・修復作品、あわせて58件が出陳。ひとつひとつの仏像に「見どころ」がワンポイントで解説されている、仏像初心者にも優しい構成です。

《観音・勢至菩薩立像》(神奈川・称名寺、神奈川県立金沢文庫保管)は、ともに少し膝を曲げた前屈み。両像で上体の傾きがやや異なるなど、仏師のこだわりが見て取れます。

展示室2には、展覧会メインビジュアルの《不動明王立像》(個人蔵)が。左側を睨みつけ、派手に見栄を切っています。美しい彩色が残っており、鎌倉時代に造立された姿を今に伝えます。

大きな展示室4では、重要文化財《阿弥陀如来及び両脇侍像》(大阪・四天王寺)に注目。両脇侍像は対照的に膝を曲げた、片足立ちのスタイル。“けんけん”をしているようです。

展示室5の《伽藍神立像》(奈良国立博物館)も、珍しいポーズ。かつては「走り大黒天」と呼ばれていた像で、翻った衣も躍動感を強調しています。右手と右足が前に出る「ナンバ走り」になっているのも気になります。



会場後半は、仏像の模刻作品や修復作品。東京藝術大学保存修復彫刻研究室(籔内佐斗司教授)とのコラボで、制作者側(仏師)の目線も紹介されています。

十二神将立像(奈良・東大寺)の「子神立像」の模刻制作において三次元計測を行ったところ、「丑神立像」と酷似している事が判明。共通の図面が用いられた可能性も指摘されています。

仏画や仏具の展示はなく、文字通り仏像だけを特集した展覧会。ちょっと恥ずかしいですが、仏像の所作を真似しながら鑑賞するのもおススメです。巡回はなく、三井記念美術館だけでの単独開催となります。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2018年9月14日 ]

仏像[完全版]―心とかたち仏像[完全版]―心とかたち

望月 信成(著),佐和 隆研(著),梅原 猛(著)

NHK出版
¥ 1,944

 
会場三井記念美術館
開催期間2018年9月15日(土)~11月25日(日)
所在地 東京都中央区日本橋室町二丁目1番1号 三井本館7階
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://www.mitsui-museum.jp/
展覧会詳細へ 特別展「仏像の姿」~ 微笑む・飾る・踊る~ 詳細情報
取材レポート
サントリー美術館「京都・醍醐寺-真言密教の宇宙-」
京都・醍醐寺
京都国立博物館「特別展「京のかたな 匠のわざと雅のこころ」」
京のかたな
東京国立博物館「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」
京都 大報恩寺
三井記念美術館「特別展「仏像の姿」~ 微笑む・飾る・踊る~」
「仏像の姿」
東洋文庫ミュージアム「企画展「大♡地図展」」
大♡地図展
岡田美術館「開館5周年記念展 美のスターたち ―光琳・若冲・北斎・汝窯など名品勢ぞろい―」
美のスターたち
東京富士美術館「国立ロシア美術館所蔵 ロシア絵画の至宝展」
ロシア絵画の至宝展
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
東京国立博物館「マルセル・デュシャンと日本美術」
M・デュシャン
東京ステーションギャラリー「横山華山」
横山華山
千葉市美術館「1968年 激動の時代の芸術」
1968年
横浜美術館「駒井哲郎 ─ 煌めく紙上の宇宙」
駒井哲郎
東京国立近代美術館工芸館「日本・スウェーデン外交関係樹立150周年 インゲヤード・ローマン展」
インゲヤード展
川崎市市民ミュージアム「連載50周年記念特別展「さいとう・たかを ゴルゴ13」用件を聞こうか……」
「ゴルゴ13」展
太田記念美術館「没後160年記念 歌川広重」
歌川広重
「森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボ ボーダレス」が開館
森ビル×チームラボ
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
東京国立博物館「マルセル・デュシャンと日本美術」
[エリアレポート]
M・デュシャン
大阪市立美術館「ルーヴル美術館展 肖像芸術 ――人は人をどう表現してきたか」
[エリアレポート]
ルーヴル美術館展
パナソニック 汐留ミュージアム「開館15周年 ジョルジュ・ルオー 聖なる芸術とモデルニテ」
[エリアレポート]
ジョルジュ・ルオー
東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館「カール・ラーション スウェーデンの暮らしを芸術に変えた画家」
[エリアレポート]
カール・ラーション
国立新美術館「オルセー美術館特別企画 ピエール・ボナール展」
[エリアレポート]
ピエール・ボナール
「ポーラ美術館「ルドン ひらかれた夢 ―幻想の世紀末から現代へ」」
[エリアレポート]
ルドンひらかれた夢
「ヴァンジ彫刻庭園美術館「須田悦弘 ミテクレマチス」」
[エリアレポート]
須田悦弘
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
生誕110年 東山魁夷展 特別展「王立宇宙軍 オネアミスの翼展 SFアニメができるまで」 ルーベンス展 ー バロックの誕生 フェルメール展
オルセー美術館特別企画 ピエール・ボナール展 特別展「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」 鴻池朋子「ハンターギャザラー」 京のかたな 匠のわざと雅のこころ
博物館・美術館検索
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」 でした
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「犬」
グランプリは 《萱草遊狗図》 でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2018 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社