インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  京都・醍醐寺-真言密教の宇宙-

京都・醍醐寺-真言密教の宇宙-

■為政者に愛された、密教美術の至宝
【会期終了】 京都・山科盆地にある醍醐寺。豊臣秀吉による「醍醐の花見」でも知られるこの古刹は、密教の世界観を表す、重厚な密教美術の数々を有しています。一昨年には中国でも展覧会が開催され、延べ約80万人を動員。大成功の中国展を記念した展覧会が、サントリー美術館で開幕しました。
醍醐寺の始まりは平安時代・貞観16年(874)。天智天皇の6世孫(孫の孫の孫)にあたる聖宝(しょうほう)が開山しました。朝廷や貴族、そして武士の帰依を受けた醍醐寺は、密教の中核寺院のひとつとして発展。歴代の座主も、時の為政者との深い関わりを持っています。

展覧会では醍醐寺が所蔵するさまざまな寺宝から、選りすぐりの名宝97件を展示(東京展:会期中通して)。平安時代から近世までの醍醐寺の変遷をたどります。

会場は4章構成で、第1章は「聖宝、醍醐寺を開く」。冒頭は、穏やかな表情の重要文化財《如意輪観音坐像》。さらに開祖・聖宝の肖像や伝記などが紹介されています。

第2章「真言密教を学び、修する」には、仏像も多数登場。重要文化財《五大明王像》は、醍醐寺初代座主の観賢が創建した中院に本尊として伝わった平安時代の像で、当初の5軀が揃った五大明王像としては、東寺講堂にある像に次ぐ古作です。

墨線のみで描かれた白描図像は、展覧会にはあまり出ないかもしれません。絵画や彫刻の設計図といえる白描図像。修法や祈祷を重視する密教において、尊像を研究するために描かれました。

吹き抜けホールに安置されているのは、国宝《薬師如来坐像および両脇侍像》(構成としては第1章)。中央の薬師如来像は像高176.1センチ。威厳ある表情、堂々とした体躯で迫力があります。



第3章は「法脈を伝える─権力との結びつき─」。時の為政者と良好な関係を築いた醍醐寺。第65世座主・賢俊は、足利尊氏や北朝天皇の護持僧。第73世座主・満済は、足利義持の後継将軍選出にも参加するなど、室町幕府の政治顧問といえる存在でした。

最後は、第4章「義演、醍醐寺を再びおこす」。義演(1558~1626)は第80世座主。豊臣秀吉らの援助を受けて、応仁の乱で荒廃した寺を復興させました。秀吉は慶長3年(1598)の春、醍醐寺三宝院裏の山麓で盛大な花見を開催。派手好きな秀吉にとって最後の宴となり、この花見の約5か月後に亡くなりました。

展覧会の仏像大使には、みうらじゅんさん(イラストレーター)と、いとうせいこうさん(作家・クリエーター)が就任。オリジナルグッズ「見仏野帳」「仏光ライト」も制作しました。会場で販売中です。

サントリー美術館での展覧会は11月11日(日)まで。続いて九州国立博物館に巡回します(2019年月1日29~3月24日)。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2018年9月18日 ]

※作品は全て醍醐寺蔵

醍醐寺の歴史と文化財醍醐寺の歴史と文化財

永村眞(編集)

勉誠出版
¥ 3,888

料金一般当日:1,500円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon

 
会場サントリー美術館
開催期間2018年9月19日(水)~11月11日(日)
所在地 東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガレリア3F
TEL : 03-3479-8600
HP : http://daigoji.exhn.jp/
展覧会詳細へ 京都・醍醐寺-真言密教の宇宙- 詳細情報
取材レポート
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
ムンク展
国立西洋美術館「ルーベンス展 ─ バロックの誕生」
ルーベンス展
世田谷美術館「ブルーノ・ムナーリ ―― 役に立たない機械をつくった男」
ブルーノ・ムナーリ
サントリー美術館「扇の国、日本」
扇の国、日本
東京国立近代美術館「アジアにめざめたら:アートが変わる、世界が変わる 1960-1990年代」
アジアにめざめたら
千葉市美術館「生誕135年 石井林響展 ― 千葉に出づる風雲児 ―」
石井林響展
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
三菱一号館美術館「フィリップス・コレクション展」
フィリップス展
Bunkamura ザ・ミュージアム「吉村芳生 超絶技巧を超えて」
吉村芳生
Bunkamura ザ・ミュージアム「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」
ロマンティック
21_21 DESIGN SIGHT「民藝 MINGEI -Another Kind of Art展」
「民藝」展
Gallery AaMo「バッドアート美術館展」
バッドアート美術館
森美術館「カタストロフと美術のちから展」
カタストロフと美術
前橋文学館「企画展「この二人はあやしい」」
この二人はあやしい
国立国際美術館「ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代」
ニュー・ウェイブ
国立西洋美術館「ルーベンス展 ― バロックの誕生」
[エリアレポート]
ルーベンス展
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
大阪市立美術館「ルーヴル美術館展 肖像芸術 ――人は人をどう表現してきたか」
[エリアレポート]
ルーヴル美術館展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
[エリアレポート]
ムンク展
あべのハルカス美術館「生誕120年 イスラエル博物館所蔵 ミラクル エッシャー展」
[エリアレポート]
エッシャー展
東京ステーションギャラリー「吉村芳生 超絶技巧を超えて」
[エリアレポート]
「吉村芳生」展
東京都写真美術館「建築 × 写真 ここのみに在る光」
[エリアレポート]
建築 × 写真
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
[エリアレポート]
千の技術博
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ルーベンス展 ー バロックの誕生 没後50年 藤田嗣治展 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア フェルメール展
ムンク展―共鳴する魂の叫び 新・北斎展 HOKUSAI UPDATED ゴッホ展 「不思議な国のアリス展」神戸展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
いよいよスタートです
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」 でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2018 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社